立方体が好きだ!サイコロのデザインのすばらしさ。

ぼくは「立方体」がデザインとしてすごく好きなんです。

その中でも「サイコロ」ってのは人類が発明したものの中で最高のデザインのひとつじゃないかと思っています。
サイコロってやギャンブルで使われることが多いのであまりいい印象を持ってない方もおられるかとは思うんですが、個人的にはサイコロのデザインってしびれるなぁ〜と思っています。


スポンサーリンク




2015-09-17 16.57.21

サイコロの魅力を勝手に熱く語りますと、正方形6枚で囲まれてて、全ての角が直角。辺の長さも全て同じ。
向かい合う数字はあわせると常に「7」。
どこからみても抜群に安定的なかたちをしています。
なのにサイコロをふったら1から6までまったく思い通りにいかないランダム性。

形として「完璧な規律や安定性」と、はたらきとしての「気まぐれ・ゆらぎ」というものが、ひとつのデザインの中に矛盾なく同時に成り立っているところがぼくはグッとくるんです。

 

なんといいますか、イメージで言うと

めちゃくちゃ仕事はきっちり完璧にしてるのに、遊び心や融通さを忘れない感じであったり、

自分のやり方!!ってひとつのやり方に固執するんじゃなくて、何か自然や流れにまかせて執着から離れる感じとでもいいましょうか。

 

規律の中に余裕とか、マージン、あそび、と呼ばれるようなものが内在されているということが素晴らしいと思うのです。

ちゃんとしてるんだけど、ちゃんと適当みたいな感じ。

画一的な判断しかできないような人間じゃなくて、やわらかい心で融通の利く人間でありたいことです。
スポンサーリンク



▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!