お焼香の意味って?通夜や葬儀で困らない焼香作法・浄土真宗編(真宗興正派)

ご法事やお葬式など、焼香をする機会に「あれ、どうするんやっけ?」って困ったことはございませんか?

イマイチその意味や作法がわからないという方の為に、今日は「焼香」について書こうと思います。
スポンサーリンク

焼香の意味

香を焚くというのはお釈迦様の時代(紀元前500年ごろ)から続く古い儀式であり、4つの味わい方があります。

1.香を薫じて仏を供養します。

仏様へ敬意をもって、我々の香は粗末ではあるが差し上げますという気持ちで行います。

2.自分の身や心を清浄にします。

私達も汗臭いにおいよりは感じのよい香りを好みますね。
清浄な仏様の前に座らせて頂くのに、焼香をして我々自身を清める意味があります。

3.妙香(良い香りのこと)で極楽世界を想起し、仏恩を喜びます。

立ち上る香煙やよい香りが極楽世界の荘厳(しょうごん・お飾りのこと)を思い起こさせます。
香りが隅々まで平等に行き渡るところから、すべての人に差別・区別なく行き渡る仏の慈悲に例えられます。

4.香が燃え尽き灰になる様子から、我が身の無常を悟れとの教えを頂きます。

良い香りを発し燃えていた香も、燃え尽きれば冷たい灰となる様子から、いずれは消えゆく人の姿をたとえていると言われます。

つまり焼香とは、良い香りを焚くことで「周囲や自分自身を清らかにして、仏さまをもてなし敬意と感謝をあらわす」という意味を持つと同時に、「その香りが仏の徳や教えとなって、人の心に広がっていくこと」を表しているのです。

作法よりも大事なのは香り

このように焼香の意味を考えると、本来的には回数や作法よりも「香り」そのものが一番大事ということがわかりますね。

最近は廉価で低品質なお香が多く出回っており、お香とよぶにはほど遠く、煙だけがでるようなものも少なくありません。

アロマテラピーなどが行われるように、よい香りはストレスを解消し、心身をリラックスさせる作用があります。
仏事の厳かな雰囲気をよりよいものにし、参列される方にも気持ちよく参加して頂けるよう品質、香りともに良いお香を一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、真宗の寺院では「沈香(じんこう)」という香が多く使われています。

お香は食べるものではありませんが賞味期限があります。何年もほったらかしにしていると香りがとんでしまって、香炉にくべても煙しかでないということも。

素材によって差がありますが、できるだけ新鮮なお香を用意されるほうがいいと思います。

slooProImg_20151122195309.jpg

善照寺では本堂での法事、永代経などのときに参拝者にお焼香いただくお香に「沈香」を用意しております。

せっかくお寺に参って頂いた方に少しでも良い香りでお参りしていただければと思っております。

slooProImg_20151122195325.jpg

沈香の刻み↑

沈香は香りの揮発性が低く、焼香炭などの火種の上にのせて熱が加わると香りがでます。

先ほど香りがとぶと書きましたが、沈香は密封しておくと長期間保存できるので、すぐに使い切らなくても大丈夫です。

タニ、シャムなどは産地の名前です。同じ沈香という表記でも実際の香りも値段もかなり差があるので、資金に余裕のある方はいろいろと比べてみるのもよいかもしれませんね。

香りが大事というけれど・・・

ちなみに沈香の特級品を伽羅といいます。
上の沈香でも高いなぁと思った方、伽羅の値段みたらヒキますよ・・・。

これはなかなか手がでません。
高ければ高いほどいいということではないんですが、大切な人や尊敬するときに何かプレゼントする時にあり合わせのものにはしませんよね?

敬意と感謝を表すときに無理のない程度で品質が良いなと思うものを御供えされてはどうでしょうかという提案です。伽羅もためしたい人はどうぞ。

火種には焼香用の炭を使います。焼香炭に火を付けて香炉の灰の上におき火種にし、その上にお香をくべます。BBQ用の木炭と違ってロウソクぐらいの火力ですぐに火がつきます。

真宗興正派の焼香作法

香りが大事といいつつも、作法をきちんと覚えておくことに越したことはありません。

真宗興正派焼香作法
1、 左手に数珠を持ち、焼香台の一歩手前で軽く一礼する。そして一歩進む。
2、 香を右手でつまみ、香炉の中へ2回くべる。
(この時、香を額に掲げる、押し頂くような動作はしない。ただ香をくべるだけ。)
3、数珠に両手を通し、合掌礼拝。
4、一歩下がり、軽く一礼。
これが真宗興正派の正式な焼香作法です。興正派のご門徒さんは他宗派の仏事に参列してもこの作法で焼香して頂いて結構です。会場の方から指示(時間の都合で1回にして下さい等)があればそれに従って下さい。

ちなみに・・・京都に本山をもつほかの真宗各派の作法は

  • 本願寺派 額に押し頂かず1回
  • 大谷派 額に押し頂かず2回
  • 仏光寺派 額に押し頂かず2回

まとめ

このブログを読んでいただいた方には真言宗や天台宗などいろんな宗派の方がおられると思います。

その方は上に書いた作法とは違いますので、まずはご自身の宗旨が何宗の何派か確認していただいて、檀那寺さんに作法を訪ねてください。一般的なマナー本は個別対応していないことが多いのであまりあてになりません。

葬儀の会場など、最後のお別れをし故人を偲ぶ時に「あ〜焼香の作法わからん!周り見て・・・きょろきょろ・・・あ〜順番きた〜!」みたいなことにならないようにしたいものです。

ご自身の宗派の作法だけおさえておけば、参列しても振る舞いがビシッと決まりますし、落ち着いて法要の時間に向き合うことができるのではないでしょうか。

作法も香りも法要を大切にすごすためにはちゃんと覚えた方がいいね、ということでございます。

関連したオススメ記事お仏壇の飾り方はこちらから。

仏壇の飾り方を解説!!三具足と五具足とは?浄土真宗編(真宗興正派編)

2016.03.28

合掌

他にもお坊さんがオススメする線香を紹介した記事やLINEでわかる歎異抄なんかも人気です!よかったらそちらもどうぞお目通しください!

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!