ハンガーからずり落ちない、スーツのズボンの吊り方。

出張に来ております。普段あまり着る機会が少ないのですが、今日はスーツです。
スーツを着る職業の方は知ってるかもしれませんが、ズボンを吊るときのちょっとしたコツを紹介。
スポンサーリンク

ハンガーの形

出張先でスーツのズボンを吊るとき、こんな挟むハンガーがあれば問題ないのですが、

slooProImg_20151216090828.jpg

こういう木のハンガーとか、ストッパーのないハンガーしかないと、この棒の部分に折りたたんでズボンを吊るすことになります。slooProImg_20151216090824.jpg

で、多くの方は(たぶん)こんな感じで単純に半分にかけると思うのですが、slooProImg_20151216090703.jpg

腰側の方が重いので、滑りやすい素材の生地やハンガーだと吊したあとするする〜っと落ちてしまったり、運ぶ時にずり落ちたりしますよね。slooProImg_20151216090700.jpg

ずり落ちない吊り方

まず片方の足を内側にかけながらハンガーに吊ります。slooProImg_20151216090657.jpg

そしてもう片方も外側から内へ。slooProImg_20151216090654.jpg

そうすると、ほらこの通り!!

スーツ自身の重みと生地の摩擦によってブレーキがかかり、ズボンがずり落ちにくくなります。slooProImg_20151216090652.jpg

床置きバージョンで説明

ハンガーを両足のあいだに置きます。slooProImg_20151216090650.jpg

そして、この写真の場合だと外から内へ右足を折り、slooProImg_20151216090647.jpg

左足は手前から奥へとかけますと、slooProImg_20151216090644.jpg

こんな感じで、持ち上げてもスッととまります。 slooProImg_20151216090640.jpg

なんかの機会にお試しあれ。

風呂敷の結び方。基本の「真結び」の結び方とほどき方。

2015.12.08

2秒で結べる?!ゴミ袋(レジ袋)の最速の結び方!

2015.12.02

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!