iphoneの音声入力がすさまじい!感動ものの変換精度!

ぼくは大変なことに気づいてしまった・・・!すごすぎてほんと笑ってしまいましたよ。

毎日ブログを書くことの一番の問題は執筆時間をどうとるか、ですよね。モチベーションが高いうちはいいけど、めんどくささが顔を出したときどうするか。今さっきその解決方法を発見して笑ってしまいましたよ。
スポンサーリンク


slooProImg_20151221160630.jpg

ihoneの音声入力でズバッと解決。

iPhoneの音声入力システムがほんとにすごくなってるんです!

今までブログを毎日書くってなると、iPhoneでフリック入力して記事を下書きでアップ。それをパソコン使えるタイミングで最終修正して公開していました。

たしかにどこでも書けるんですが、それなりに時間もかかるしなかなか大変な作業だったんですね。

今日ふと、そういやこれ音声入力ついてるなぁと思って試しにしゃべってみたら、これすごいんですよ。普通に話しするスピードなんですけど、かなりの精度で読み取ってくれます。

つまり、この毎日のブログ更新も携帯に向かって喋りつづければ、いくらでも記事が書けると言うことに気づいてしまったんですっ!!あ〜1人で盛り上がってるっ!!

これ・・・講演の文字起こしにも使えるんじゃない・・・?

ブログだけじゃなくてほかにも使える方法を思いついてしまいました。

こういうレコーダーで録音したいろんな講義の文字起こしなんかも、この音声入力システムを使えば解決するんじゃないか?という仮説。レコーダーに録音したものをiphoneのマイクで音を拾って変換していけば、自動的にテキストが生成されていくんじゃないか・・・。

と思って、PCで講義音声を再生、iphoneのメモに音声テキスト入力してみたのですが、音が鳴っている反応はするけれども文字として認識されませんでした。音量も大きくしてみたのですがイマイチうまく反応してくれません。

slooProImg_20151221160626.jpg

ですが、講義で話している言葉を自分で再度読み上げると、きちんとひろってテキスト化してくれます。

空気の音とか人が発声する音にセンサーの照準があっているのかもしれませんね。

ということは、自分でイヤホンで聞きながら聞いたことをしゃべっていけば、文字起こしと勉強が同時にできるという画期的な方法なんじゃないでしょうか!

これで思いついたことどんどん記事にしていくことができますね!

ほんとしゃべっているだけなんですけど凄いスピードで文字が入力されていきます。多少の漢字の間違いとか誤字はあるんですけれども、ほぼ問題なく変換されています。

人混みの中ではできないですけど部屋で1人の時は喋りかけてみるとすごくいいんじゃないでしょうか。

ちょっとした恥ずかしさを感じる以外はオススメです。ということで、今日のブログはほぼ全部音声入力で書いて、誤字と改行、句読点だけ後で修正をしてアップしています。9割これで作業完了してしまいますね。

いや〜すごい時代になったもんだ。

iphoneの音声関連の機能を使って、こんなこともできますよ。
こちらもどうぞ。

新しい読書の形!?車を運転しながら本が読める方法!!

2016.01.23

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!