フットバッグのコツ 初級技ミラージュ(Mirage)解説

フットバッグフリースタイルをはじめたら最初に覚える技の1つミラージュ(Mirage)。

多くの人が最初に覚える可能性が高い技としてアラウンド・ザ・ワールド(Around The World略してATW)、レッグオーバー(Legover)、ミラージュ(Mirage)、この3つがあげられますが、今日はその中のミラージュ(Mirage)を解説。
スポンサーリンク

ミラージュ(Mirage)解説動画

  • 技に入る前のトーストール(Toe stall)を大事にしましょう。
  • トーストールからフットバッグがぴょんってあがると足を切り替えるタイミングが短くなります。足にフットバッグを長めにのせておく意識が結構大事です。
  • またぐ(Dexterity)足の形を参考に、少し足首を下に向けるほうがいいです。
  • 動画では言い忘れましたが、フットバッグの位置はだいたい体の中心に。
  • バタフライ(Butterfly)の時にも解説してますが、またぎ終えるかというぐらいでストールするほうの足を空中にだすと、またぐ足は自動的に地面につきます。
  • イリュージョン(Illusion)とは対になる動きです。

このミラージュは上達していくと覚える高度な技の中で大事な要素となります。

ぜひスムーズで質の高いミラージュを身につけましょう。

ミラージュが含まれた難易度の高い技のドリル

パラドックスミラージュ(pdx mirage)>バタフライ(butterfly)

パラドックス(クリッパーでスタートし左右入れ替え)したミラージュとバタフライを左右ループ。

3addの技で構成したものの中では初級のドリル。

スメア(Smear)>アトムスマッシャー(Atom smasher)

ピクシーセット+ミラージュのスメア(Smear)とアトミックセット+ミラージュのアトムスマッシャーを左右交互にループしたドリル。ちょっとむずかしくなります。

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!