西川エアーポータブルクッションで腰痛予防。長時間座る人に最適な座布団だ。

先日睡眠の質を高めるということで西川エアーのポータブルモバイルマットを紹介しましたが、そのエアーポータブルシリーズの中で、もうひとつぼくが重宝している道具を紹介。

長時間の座り作業やドライブを快適にサポートしてくれ、その使った時とそうでない時の疲労度の差たるや!!

東京西川エアーポータブルモバイルクッション

先日紹介したエアーポータブルモバイルマットは寝る時に使うマットでしたが、こちらは座布団。
▼ふだん使っている椅子の上に1枚置いて、座布団として使う事で効果を発揮します。

▼カバーを外すと中はエアーシリーズ特有の凸凹のウレタンマットになっています。

モバイルマットとの比較

左がモバイルクッション、右がモバイルマットです。

クッションの方は厚みが5cmと、寝具のモバイルマットに比べて分厚い作りになっています。

凸凹の深さもクッションの方が深くしっかりしています。

手で押してみましたが、厚みがある分モバイルマットに比べてクッションの張り感や弾力が高くなっています。

これは寝姿勢だと体重のかかる部分が分散されますが、座り姿勢だとお尻の部分だけに体重がかかるので、強い負荷でもしっかりサポートするように厚みも考えられて作られているんですね。

モバイルマットの記事も合わせてどうぞ!

モバイルマットをレビュー!!東京西川エアーポータブルで睡眠の質にこだわる!!

2016.03.10

▼クッションの方が凸凹に深さがあり、座った時におしりをしっかりサポートしてくれます。

▼専用ケースがついてきますので持ち運びもできます。

デスクワークの人にはオススメ

このクッションがあって良かったと本気で思うのは勉強会の時。

勉強会の会場がパイプ椅子で、そこに7時間も8時間も座って3日目にもなると、お尻が痛くて集中できんし、先生が何言ってるのか頭にはいらんっ!ってことが起こります。

肝心なのは勉強会の内容を吸収し、身につけること。

我慢大会ではないので、集中しやすい環境を自分で整えることが大事ですね。

長時間の勉強会などでは、このクッションがあるのとないのでは疲労度が全く違います。

▼実際の使用例。ただのパイプ椅子の座り心地が高級チェアにランクアップ!!
IMG_2634

お仕事で長時間椅子に座る方、椅子がイマイチ合わないという方はこれを1枚足したら改善する可能性があります。

不必要な疲労は仕事のパフォーマンスを下げるので、働きやすい環境を作るのも大事なことですね。

ドライブにもいいよ!

このクッションは座り姿勢で長時間同じ体勢になる時に非常に疲労軽減効果が高いのです。

松山のパン屋ヒマリに行った時なども帰りは2時間ぐらいかかりますが、車からおりたときの腰回りの固さの感じが違っていました。

▼厚みが5cmあるので車によってはシート位置が運転席には合わないかも知れません。ハンドル位置やペダルとの距離感、ミラーの見え方が変わりますので車に使う時はちゃんと位置を調整し直してくださいね。

エアーポータブルモバイルクッションの使用感まとめ

個人的な感想だと、低反発のクッションとかも最初は柔らかくていいんですが、長時間になると結局同じ場所が「あたる」というか圧迫されて、体への当たりがベタッとするというか「重い」感じになるような気がします。

それに比べてエアーポータブルのクッションは点の集合で支えられてるからか、座り直した時や時間がたっても軽い感じが変わりにくいように思います。

長時間おしりを圧迫した状態で座り、おしりの血行が悪くなると筋肉が固まって腰痛の原因にもなりますので注意したいところ。

疲労軽減、筋疲労がおこりにくくなると思いますので、座りっぱなしで腰回りが固くなる方は一度試されてはいかがでしょうか?

もうちょっと小さめが良いというかたは正方形の物もあります。

他にも同じ西川エアーのシリーズを愛用しています。

夜寝る時にはエアーSIがオススメですのでこちらの記事もどうぞ!

西川エアーSIのマットレスを4年使用した感想!カズやネイマールも愛用!!

2016.09.29

西川エアー公式サイト

ぜひ実物を触ってもらったほうが、他の座布団と違うということがよく分かってもらえると思うのでこちらでお近くの取り扱い店舗を調べてみてくださいね。

▼おしりが固まった時に役立つストレッチはこちらから

腰痛改善!!オフィスでもできるおしりストレッチ!!

2016.03.11

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!