瀬戸内芸術祭がつないだ再会。感動のラブストーリー。

先日甘酸っぱい気持ちになる再会がありました。

こんなことをブログに書いてもいい話かどうか・・・・。

スポンサーリンク

再会は突然に。

突然、ぼくが昔サンフランシスコに留学していた時に好きだった女の子から連絡がありました。

今ちょうど日本に来ていて、それも瀬戸内芸術祭もあるので四国の方を旅しているとのこと。

IMG_7597 (1)

久しぶりに会わない?なんていわれ、結婚してこどももいるし、何となくもやもやしながらも何か浮かれてしまうのが男のダメなところ。

急いで服を着替えて久しぶりの再会にはやる気持ちを抑えながらも、妻には内緒で車を走らせ会いに行ったのです。

最後に彼女を見てから10年は経ったでしょうか・・・。
すっかり大人びて、おちついた雰囲気の女性になっていました。

久しぶりの再会を喜んだあと、一緒にきていた彼女の友達も連れて夕食に行き、丸亀の名物である骨付き鶏をごちそう。

夕食後、彼女の友達は先にホテルにもどるというので二人きりで海辺を散歩しました。

海辺の砂浜にて。

散歩の途中、海辺の砂浜に腰をおろして近況をゆっくり話しをすることに。

もう10年も会っていないとお互いにいろいろなことがありますよね。

仕事のこと家庭のこと、時間を忘れていろいろしゃべっているうちに相当な時間がたってしまっていました。

あまりに夢中になって話をしたので気づけば潮が満ちていて・・・・。

ふと我に返ると肩まで水に浸かっていました。

・・・・まぁ、肩まで水に浸かってしまったというのはさすがに嘘なんやけど、2人で海辺をゆっくり散歩したのも嘘。

彼女の友達が先にホテルに帰ったというのは本当は嘘で、久しぶりに再会して一緒に夕食に行ったのも骨付き鶏をごちそうしたのも本当に嘘。

彼女がおちついたきれいな女性になっていたのも言うなれば嘘で、 急いで着替えて車を走らせたのもガチに嘘。

浮かれてたなんてのは嘘で、妻に内緒なんてまったくもって嘘。

まぁその子が瀬戸内芸術祭を見に日本に旅行に来ているというところはまるで嘘で、ぼくがサンフランシスコに留学してたというのはマジで嘘。

先日甘酸っぱい気持ちになるこんな再会があったということは、天地がひっくり返っても嘘。

感動のラブストーリーなんて、笑ってしまうくらい嘘。

そんな嘘のような嘘の話。

エイプリルフールですから。

は〜瀬戸内芸術祭見に行きたい。(これは本当)

計画的な旅行にはガイドブック必須。(これも本当)

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!