お盆はただの休みじゃないぞ!!知っておきたいお盆の由来。

8月の真ん中ごろに、ようわからんけど「お盆休み」というのがあって会社が休みになります。

そもそも「お盆」って何なの?と問われると答えられる方は少ないのではないでしょうか?

お盆は仏教の言葉です。

お盆とは、もともとウランバナというサンスクリット語の音に漢字をあてた言葉で、「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」(浄土真宗では読みません)という教典がもとになっています。

盂蘭(うら)とは中国で訳されるとで倒懸(とうけん)という、逆さづりの苦しみという意味の言葉です。

のんきそうに「わ〜いお休みや〜♪」というような、お気楽な言葉ではないんです。

地獄や餓鬼の苦しさは、まるで逆さづりにされるような苦しみだということで、大きな苦痛をことを表しているんですね。

そして盆(ぼん)はお茶とか運ぶあのお盆の盆で、救いを表す言葉です。

日本ではお盆に直接食事をのせるわけではないですが、インドではお盆もそのままご飯の器ですから、盆は飢えに苦しむ餓鬼に対して救いの器という意味をもつんですね。

▼インド料理(とっしゃんカーナピーナ記事より)とか食べに行くと銀のお盆にそのまま料理がのせられてでてきますよね。
slooProImg_20160225143651

盂蘭盆(うらぼん)は、死ぬほど辛い逆さづりみたいな苦痛から、解き放たれて自由の身に救われるという意味の言葉なのです。

そういう意味でいうと「お盆休み」はふだんブラック企業で逆さづりのような苦しい状態で社畜なんて呼ばれながら働く人には救いの休みなのか・・・いや、休みもないのか(泣

盂蘭盆経のストーリー

さてさて、お盆の話にもどりましょう。

この盂蘭盆経にはとあるストーリーがありまして、これがいまのお盆の風習に大きく影響しています。

日本に入ってからは日本の祖霊信仰とか、文化とかと混ざって地域ごとにいろいろな状態になってますけど基本的には仏事です。

もうあんまり真面目に書いちゃうと読む気が失せるので、無礼を承知でだいぶデフォルメして書きます。

施せ目連くん!!奇跡のおかん救出物語!!

お釈迦様の弟子のひとりに、神通第一と言われた目連尊者(もくれんそんじゃ)という方がいました。

キャラ設定を「目連くん」とし、えせ関西弁でしゃべることにしましょう。

▼とりあえず名前だけだとイメージがわかないので、仮に目連くんとします。わいが目連やで。
名称未設定-2855のコピー

神通第一と言いますと、不思議な魔法みたいな力がスーパーすごかったよ、という事ですが、現代的に解釈するなら博識ですぐれた観察眼と全てを見通すような推察力にすぐれていた、というような感じなのでしょう。

あるとき目連くんは、自分のことを大切に育ててくれた最愛の母を亡くします。

月日がたって悲しみも癒えたころのこと。

目連
そや、亡くなったおかんは一体どこにおるんやろ??

わい神通力すごいし、これで探したろ。

と思って、そのスーパーすごい神通力で天から地獄まで母親はどこにいったのか探してみることにしました。

自分の事をしっかり育ててくれた母親ですから、亡くなったあとちゃんと天に行っておるだろうと思っていたら、見つかったのはまさかの地獄-JIGOKU-。

目連くんの母親は欲深いものが落ちるといわれる「餓鬼道」に落ちて飢えていたのです。

目連
そんなあほな、うわ〜これあかんやつや!!

おかん今助けたるで、待っときや〜!!

そう思った目連くんは、餓鬼道に落ちて飢えている母親を救おうと自分の神通力を使って食べ物や水を母に与えようとしました。

しかし何をやっても、母親が口に入れようとした瞬間炎となって燃えてしまい口にいれることはできません。

亡き母の体は、骨と皮の痩せこけた餓鬼の姿となって見るも哀れな様子です。

こうなったらお釈迦さまに相談や!!

そこで、目連くんは、

目連
お釈迦様、どないもならんのですけど、これどないしたらええんでしょうかー!?

とお釈迦さまに相談しました。

するとお釈迦さまは

お釈迦さま
お前の母親は大変罪深いので、お前1人の力では救うことが出来ない。
とおっしゃるのです。

目連
えぇ〜!!そんなアホな!ぼくのことめっちゃちゃんと育ててくれはりましたんやでぇ〜!!
お釈迦さま
お前の母親は息子のお前だけを可愛がり、お前を育てる為に他人から物を取るばかりで、他の人に施すということが無かった。

物惜しみをして、自分の持っている物を他人に与えようとしなかった罪によって餓鬼界に落ちたのだ。

目連
ぐぬぬっ!確かにそれはそうかもしれへん・・・。
お釈迦さま
母親を救うには、安居(雨期に僧侶が籠もって勉強会をすること)が終わる七月十五日に大勢の僧侶を集めて、たくさんの食べ物や飲み物を供養しなさい。

とおっしゃったのでした。

目連
わかりました!

よっしゃ、やったるで〜!!

目連くんはお釈迦さまの言葉どおり多くの僧をもてなし、誠心誠意施し、その功徳パワーを使うことによって母親も餓鬼道から救われたのでした、ちゃんちゃん。

諸説ありますが、大体はこんなストーリーです。

誰の目線でこのストーリーを読みましたか?

さて、ここで大事なのはみなさんは誰の立場にたってこのお話を読んだかということです。

多くの方が「目連くん」の目線になっていたのではないでしょうか?

話の主人公ということもありますが、無意識に「自分は正しい者」という立場に立つのが私たち人間のクセです。

ですからこの場合は目連くんの立場に立ちますし、「救う側」に立とうとしてしまいます。

しかし現実のわれわれの姿をかえりみたらどうでしょうか?

足らぬ足らぬと人のものを奪い、自分の利益ばかりを考えて施しもせず、家族を養うためとはいえ他人のものを奪うような目連の母親のような姿こそが我々のあり方ではないでしょうか?

極端に泥棒をする・しないという話しではありませんよ。

「自分のところが良ければそれでいい」という思いを無自覚に我々は心の中にもっているということに気づきなさいよということなのです。

お釈迦様は「自分の親だから施しをする、他人だからしない。」というような考えを持つことは、幸せにむかう道ではないとおっしゃっています。

目連くんの気づき

他人をかえりみずに貪り、餓鬼道に落ちてしまった母親の姿によって、目連くんは欲を持つことの罪深さを教えられると同時に、施しの尊さを教えられました。

死してなお、母親はその姿によって私に気づきを与えて導いてくれているのだと目連くんは受け取ったんですね。

貪りの象徴である餓鬼に対して私が施すことで母親が助かったということではなく、母がその餓鬼となった姿をもって大切なことを教えてくだっさった仏様であると受け止められるようになった時、母親が餓鬼道から救われたということです。

浄土真宗はお盆の受け取り方が他宗派とは違います。

他宗派では餓鬼に施すことで先祖の霊を供養するという意味が強いですが、浄土真宗の場合霊ということを扱いませんし先祖を供養するということを言いません。

ですので、お盆は時節の行事として亡くなられた方のご恩というものをあらためて感謝させて頂くための仏事です。

故人を仏さまとしてとらえていきますので、他宗派のように霊魂が帰ってくるという「精霊棚」や乗り物の「キュウリやなすの馬とか牛」などのお盆使用の特別なお飾り等は必要ありません。

通常通りのお飾りで結構です。

お盆休みやっ!!連休やっ!!旅行行こうっ!!というのももちろんいいんですが、せっかくの仏事の期間ですから、私たち自分自身のいのちがここまでつながってきたという事実、そして自分の姿のあり方について改めて目を向ける大切な機会とさせて頂きたいものです。

最後ちょっとまじめ。

合掌

他にもお坊さんがオススメする線香を紹介した記事やLINEでわかる歎異抄なんかも人気です!よかったらそちらもどうぞお目通しください!

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!