自分の予想が裏切られると人間って感動するものですね。

最近手に入れた新しい歯ブラシに、いい意味で裏切られて感動したのでご紹介します!

デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 レギュラーふつう

正直ね、この歯ブラシを薬局で見つけた時にちょっと小馬鹿にしたぐらいのつもりで買ってみたんですよ。

ひと目見た時に

で・・・でかっ!(笑

って。

なんやこのバカでかい歯ブラシは!って2度見しましたよ。

そして一旦その歯ブラシの棚を通り過ぎたものの、何かすごく気になって手にとってしまったのです。

▼だってこんなに差があるんですよ。
slooProImg_20161109100905.jpg

普通の歯ブラシと比べてみると、やはりでかい・・・。

▼横から見てもでかい。

slooProImg_20161109100902.jpg
▼おとなの親指サイズ。
slooProImg_20161109100859.jpg

手にとって、いろいろ頭に浮かんだことは

  • これ人間用の歯ブラシか??
  • こんなでかい歯ブラシで細かいとこまで磨けるの?
  • 毛固そうじゃない?
  • 使えなかったら掃除用のブラシにしよう。

そして、こう思いました。

これパワーに頼った変身で、ふくれあがった筋肉ではスピードが殺されてしまうという、トランクスと同じ失敗するパターンのやつやっ!たぶん!って。

使えるかな〜、もったいないかな〜なんて思いながら、しかしまあ失敗してもおもしろいし、ものの試しに使って見ようかと思い買って帰ったのです。

これ、めちゃめちゃええやんけ!

実際使ってみるとビックリしますね。

口の中に広がる、今まで感じたことのない量の圧倒的ブラシ感!

歯を洗車機に通してるような、ブラシで溺れるかと思うほどのブラシが歯を包み込みます。

▼サイズ比較。

もうなんか、すごく・・大きいです・・・。

圧倒的なブラシの量で、すごい効率で歯が磨けます。

例えるなら、体育館を拭き掃除する時に「ぞうきん」でちまちま拭くのと、幅のひろいモップで一気にど〜っと拭き上げるのとの違いみたい感じです。

そして、雑な磨き方になるかというと全然そんなことないんです。

デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 の毛先はめっちゃ細い。

これね、わかります?

この歯ブラシってデカイだけじゃないんですよ。

▼歯ブラシの毛先がシュッと細くなってます。

ですので、磨いてみると思いのほか歯と歯の間の細いところや、歯茎との境めにもスッと毛先が入っていくような感覚です。

写真を拡大してみると、極細の柔らかい毛と根本を支えるしっかりした毛があるのがわかります。

▼歯に当たる感じはとてもやわらかいのに細かい所までブラシが届き、なおかつある程度コシがあるという状態です。

このWのブラシと圧倒的な量で、細かい所まですごく効率的に歯が磨けます。

あれ?狙ってないところまでちゃんととれてる、みたいな。

歯ブラシにかけた時間の感覚に対して、思ってる以上にキレイに磨けててびっくりしました。

デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛のデメリット・・・かな?

一応デメリットを書いておきますと、やはりデカイくて口の中いっぱいになるので口が疲れるって方もいるかもしれません。

あとは歯磨き粉を普通の歯ブラシの感じでつけると、ちょっと少ないような気がして多く使っちゃいがち。

▼大体同量のせてますが、歯ブラシが大きいぶん少なく感じます。

デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛まとめ

これで歯を磨いてから、普通の歯ブラシで磨いてみると、なんかもうもの足りない感さえ感じます。

そしてブラックダイヤに比べて磨き終えるまでにめっちゃ時間がかかるな〜と。

▼いや〜気に入った!

圧倒的なブラシ感とデカさからは想像できない繊細な磨き心地ですごく気に入りました。

好みはあると思いますが、一度試してみてほしいなぁ。

▼色は4色あるようです。

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!