そこら辺にあるもので、こどもとどうやって遊ぶか

こどもと一緒に何か遊ぼうと思って押し入れを探してみたら、でてきたボールがこの3つでした。

20150912-2015-09-12 20.16.20

3つのボールを使って遊ぶ

(左)100均とかで売ってるやわらかいビニールボール

(中)ピンポン球

(右)スポンジのボール

家の中で、しかもたったこれだけの道具で何か楽しく遊べて、なおかつトレーニングになる遊びはできないものかと思い、こどもと一緒にこんなゲームを考案しました。

遊び方

大人が3つのボールをもってこどもから2m程度離れます。

そして、このボールの順番をランダムにこどもにむかって投げるのですが、こどもにはこんな指示をだしておきます。

小さいボールがきたら「よける!」

大きいボールがきたら「キャッチ!」

勢いやリズムをかえて投げてやると、こどもも一生懸命ボールをよけたりキャッチしようと手をだしたりしてかなり楽しく遊ぶことができました。

飛んできたボールへの瞬時の判断能力と、反射的な身体操作を鍛えるのにすごく効果があるような気がします。最初は混乱して体が止まったり、間違ったりするのですが、だんだんうまくなっていくので刺激が入っているんだろうなぁと実感しました。

慣れてきたら指示を逆にしたり、小さいボールは「パンチ」大きいボールは「キック」などルールを変えていくのもいいかもしれませんね。

こどもにどんな課題を用意するか。

それをどう楽しく取り組めるようにルールを作るか。

こどものために考えているようで、実は親が育てられている課題なのかもしれません。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!