古澤巌ヴァイオリンコンサート善照寺奉納公演(丸亀会場)

10月19日、第6回目を数える古澤巌さんの奉納コンサートが無事に終了しました。

19時開式で初夜礼讃をお勤めし、住職として少しお話をさせていただいた後コンサートが開幕しました。

今回で6回目となるコンサート。

今まではカラオケ音源を流してヴァイオリンを弾いていただいてましたが、今回は地元のピアニストの平川万梨さんにピアノを担当していただきました。

ピアノとヴァイオリンによるサロンのような雰囲気で、今までとはまた違う音楽会のようなコンサート。

生演奏ならでは演奏者の集中力のせめぎ合いといいますか、CD音源とは違う迫力がありました。

そして今回も善照寺ブラザーズは「愛のツィガーヌ」に収録のcobaさん作曲「why not」を題材にアンコールで一作品を披露。

ジャグリングとフットバッグをおり混ぜてのステージパフォーマンスを行いました。

最初はちゃんと法要を勤める感じで僧侶としての色衣をきてお勤めさせていただいてるんですが、ステージパフォーマンスをして、コンサートが終わってから最後に集合写真を撮るからいつも写真が僧侶の格好じゃなくなっちゃうのが悩みのタネ。

明日20日は先輩のお寺一心寺さんでの公演。

勤行・音響・照明・雑用なんでもスタッフとしてお手伝い致します。

古澤さん、平川さん、素敵な演奏をしていただきありがとうございました。

また、ご来場頂いた皆様本当にありがとうございました。

古澤巌一心寺奉納コンサート(観音寺会場)

2015.10.21

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!