2015年の収穫!!お坊さんが学んだ3つのこと。今年も学び多き1年でした、まだ全然終わってないけど!#shukaku2015

ブログ仲間の皆さんと1つの共通テーマで記事を書く企画があるのですが、その課題が「今年の収穫」。

「お坊さんとして」とか「フットバッグについて」も収穫はありますが、それはどちらかというと自分にとっては日常なので除外。それ以外で今年はじめたりチャレンジして大きな学びと影響があった3つについて書きます。
スポンサーリンク

甘平

1.「現代サーカス」

slooProImg_20151012234502.jpg

瀬戸内サーカスファクトリーの「naimono」に出演者として参加させていただきました。

エアリアル、空中ブランコ、綱渡り、ジャグリング、演劇、音楽、それぞれプロで活躍されている人達に混じって作品に出させていただき、普通では経験出来ないような時間を過ごさせて頂きました。

SETOラ・ピスト「naimono(ないもの)」終幕

2015.10.13

SETOラ・ピスト2日目。

2015.10.12

スポーツとしてのフットバッグとはまた一段違う世界に引き上げてくれたような気がします。

そこらへんの様子はNHKWORLD(初の世界放送出演!)でもその活動を取り上げていただいております。

サーカスの制作現場では共演者の様子を見ていて2つのことがとても印象的でした。

1.「こどものような感性」をもっていること。

映像の中でも映っていますが作品中にジャングルジムがでてきます。

slooProImg_20151012000947.jpg

創作サーカスなので、そのジャングルジムをどうやって使おうかというときにいろんなアイデアをだすんですが、みんなこどもが遊んでるみたいにすっごく楽しそうなんです。「こんなんどう??おもしろいんじゃない??」とか「これはこれは〜♪??」みたいな。他のシーンでもそう。

なんていうか、小学校の時に校庭で遊んだり何か自分たちで遊びを考えていたときのような、なんともいえないワクワク感や好奇心、そういうものを大人になっても自然に残している人達に、ぼくには見えました。

とても刺激的なんだけどじんわりと懐かしいような、そんな嬉しい気持ちで一緒に制作期間を過ごさせて頂いていました。

slooProImg_20151012231838.jpg

2.そんな「こどものような感じ」と相反するような高い「プロ意識。」

派手に見える舞台でもその裏側では綿密な打ち合わせや安全管理が行われており、プロとしての意識の高さを学ぶ事ができました。
そこらへんはこちらの記事で。

サーカスアーティストに学ぶ安全管理の重要性

2015.10.07

高い技術やテクニックがあるというのはもちろんのこと。

それに付随して「こどものような感性」と「プロ意識」が共存しているのがサーカスアーティストの魅力のひとつなんだなぁと思ったことでございます。

slooProImg_20151007004818.jpg

大人になったら自分もこどもだったことを忘れてしまう人が結構いるんですよね。

お坊さんでいうなら良寛さんなんかはそういう意味でものすごい知識とこどもの感性が共存してたんだろうなぁと思う。良寛さんに、とはいわんまでも、そんな方向のお坊さんになりたい。

2.ウクレレ

ハードオフで夏前にたまたま買った中古ウクレレを弾いて以来、突然どっぷりはまってしまいました。

隙間にちょこちょこ弾いたり、本体がなくても指の運動だけしているうちにぼちぼち弾けるようになってきました。

でも楽器はなんにしても奥が深い。
フットバッグは体が動かなったらできなくなる可能性があるけど、ウクレレは年をとってもできるだろうし、ぼちぼち合間に練習していきます。来年ぐらいには何かステージで使えるレベルになればよいですが。

3.やはり「ブログ」

slooProImg_20150930220858.jpg

毎日書いてますが、これが自分の成長に大きく影響していると思います。もっと早くやればよかった。

ヨッセンスを書いておられる香川のプロブロガーヨスさんにであって、まずブログというものに対する見方が変わりました。「ブログ知ってるよ、web上に日記を書くんでしょ。」って思ってませんか?ぼくは最初そう思ってました。

違います、これは1つのメディアです。

情報には価値があります。それはテレビやラジオ、広告会社だけのものではありません。一人一人がそれぞれの人生で得た情報や知恵には相応の価値があり、それは人目にふれて注目された段階で「自分だけの価値」から「社会的な価値」へ変化します。

ヨスさんが我々兄弟「善照寺ブラザーズ」について書いてくれた記事はこちら。
「善照寺ブラザーズ」でGoogle検索すると自分のブログの方がヨッセンスより上に表示されるのがちょっと嬉しい(笑

ブログは「自分の価値を高める」ということと、それが誰かの「知りたい」とマッチして社会の役に立つ、ということが両立するメディアなのです。

自分が知ってよかった、出会えてよかった、それを書きためていくことがまた誰かの喜びになるのです。

仏教的にいうなら「自信教人信」の世界でしょうか。

なんにせよ、ブログを書き始めたことは自分の振り返りと文章力の成長、また生活の中にいろんな価値があることを再発見させてくれました。
みんなやったほうがいいよ、読むだけより書く方がタメになります!

以上!今年はじめたりチャレンジして得た3つの大きな収穫でしたっ!!なんだこのお坊さんぽくないブログ!

家族のあり方と仏さまに参るということ。(法話)

2015.11.17

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!