袴のたたみ方。初心者お坊さん(興正派)が困りやすいシリーズ。

ぼくがお坊さんになってから、困ったことのひとつに「衣や袈裟のたたみ方」がわからん問題があります。

知ってしまえばなんでもないことなのですが、作法集などの本にもたたみ方が載っていないため初心者はつまづきます。

そこで後学のためにブログに記事を残しておくことにしましょう。

甘平

袴のたたみ方

ここでは興正派の堂班切袴(きりばかま)を用いています。

1.はかまの前部を上にして平たくおきます。

▼できるだけ折り目をきれいにしておきましょう。
20161103-slooproimg_20160131153910

2.折り目にそってきちんと重ねて行きます。

▼この時点で折り目が甘くなっていると最終的にきれいにたためません。
20161103-slooproimg_20160131153906

3.折り目がずれないように両手で袴のすその部分を持ち、3分の1のラインで折り返します。

▼この時点でせっかくそろえた折り目がばらばらになる事件がよく発生するので注意!!
20161103-slooproimg_20160131153902

▼折りたたんだところです。
20161103-slooproimg_20160131153858

4.腰の部分を手前に折り返します。

20161103-slooproimg_20160131153853

5.次の作業がわかりやすいよう上下をひっくりかえしました。

▼この時点で折り目が広がっていると裾の生地が斜めになって、きれいな長方形にはなりません。
長方形になってない場合は最初からやり直しましょう。
20161103-slooproimg_20160131153849

6.切袴は背中側の紐が太く、おなか側の紐が細くなっています。

▼おなか側の細い紐を折り返して、↓の写真のようにたたみます。
20161103-slooproimg_20160131153839

7.反対側も同じように。

20161103-slooproimg_20160131153834

8.太い紐を↓写真のように×字の下の部分にかけます。

20161103-slooproimg_20160131153830

9.写真のように下から上に通します。

20161103-slooproimg_20160131153826 [ad]

10.細い紐の×字の右部分の空間にもっていきます。

20161103-slooproimg_20160131153844

11.そのまま巻き込みます。ここで右側は一旦ストップ。

20161103-slooproimg_20160131153822

12.反対側も同じように巻いていきます。

20161103-slooproimg_20160131153817

13.×字の下にかけて、下から上にとおしていきます。

14.×字の左の空間へ。

20161103-slooproimg_20160131153805

15.巻き込んでセンターへ。

20161103-slooproimg_20160131153800

16.それぞれの太い紐で巻いた部分に先を挟み込みます。

▼まずは右側の紐を左の結び目に。
20161103-slooproimg_20160131163153

17.左の紐を右の結び目に。

20161103-slooproimg_20160131163148

18.完成!!

20161103-slooproimg_20160131153918

今回は片方ずつ紐をたたんでいくように書きましたが左右同時進行でも問題ありません。
左右対称に同じ動きでたたんでいっても同じ結果になります。

タンスなどにしまう時には、たとう紙に包んで防虫香を一緒にいれて保管します。

履くとき

最初に折りたたんだ細い方の紐をスポッっと抜くと結び目はばらばらにほどけてそのまま履くことができます。

20161103-slooproimg_20160131163143

以上、初心者お坊さんのための袴のたたみ方でした。

「おじゅっさんとゆる~く話す会in高松」参加者募集!!

2016.01.20

修多羅(しゅたら)と東京スカイツリー

2015.10.23

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!