五条袈裟のたたみ方。初心者お坊さん(真宗興正派)が困りやすいシリーズ。

一般の人にはまったく関係のない話題、五条袈裟のたたみ方について。

でも知っていたら何かの役に立つかも。(たぶんない。)

若手僧侶がなかなか情報にたどりつかなくて困ることを解決しようシリーズ、五条袈裟のたたみ方。(宗派によって異なるとおもいますので注意!!これは真宗興正派の五条袈裟です。)
スポンサーリンク

五条袈裟のたたみ方

基本的に袈裟は廊下など人が歩く場所の地べたには置かないようにします。

畳の上でも着物用の和紙の敷物などがあるといいですね。

1.紐を全てほどいて平たくします。

▼肩紐の部分を大威儀(おおいぎ)、細い紐の部分を小威儀(こいぎ)といい、全てほどいて平たくするとこんな感じです。

2.大威儀の着いている方を上に、半分に重ねます。

▼表面が内になるようにたたみます。

3.小威儀を裏地の角についている部分に差し込み、ぷらぷらしないようにします。

4.折り目側をさらに内側へ。やじるしのように折り目にそってたたみます。

▼たいていの場合折り目のクセがついていると思いますが、ない場合は紋1つ分を目安に折りましょう。

5.やじるしのように半分折り返します。

6.大威儀をたたみます。

7.この指でもった2枚重なった部分にまわしかけるようにします。

8.上からだします。

9.残った右半分を重ねたらきれいな長方形になります。

10.もう片方の小威儀も裏地の角の部分にさしこんでぷらぷらしないようにしましょう。

衣替えでタンスにしまう時

たとう紙に包みましょう。

風呂敷がある場合は袈裟を風呂敷で包んでから、たとう紙にくるみます。

防虫香も忘れずに。

▼長手方向のひもを結んでから、

▼横の2本の紐をむすびます。

この状態でタンスに片付けましょう。

個人的には松榮堂さんの防虫香の香りが好き。

五条袈裟の結び方や僧侶用切袴(きりばかま)のたたみ方はこちらから。

五条袈裟の大威儀・小威儀の結び方(真宗興正派編)

2016.03.07

袴のたたみ方。初心者お坊さん(興正派)が困りやすいシリーズ。

2016.01.31

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!