日曜寺子屋in善照寺!!こども達のコミュニケーション能力を開花させよ!!

(写真は以前に行ったディベート教室のものでイメージです。)

お寺を地域の人を育てる場所として機能させる企画シリーズ!!

「日曜寺小屋in善照寺」を開催致します!

学校ではできない勉強をお寺で!!

お寺という場所はやはり「学び」のある場所であるべきですよね。

仏教を聞くところというのはもちろんのこと、年齢、性別、学力、社会的地位や利害など関係なしに交流ができ、それぞれの持っている知識を交換し、学びあえる場所になるのが理想だなぁと思っています。

そこで、今回開催する「日曜寺小屋in善照寺」は住職も副住職もちょっと変わってるお寺だからこそできる新しい企画。

ECCジュニア田村町教室のkeiko先生こと、中村恵子先生にご協力いただいて、こどもたちのコミュニケーション能力に刺激を与えるプログラムを開催することになりました。

「みんなで集まって楽しかったね〜」みたいなものではなく、「ちゃんと頭を使って考えて、疲れたけど中味が濃くて面白かったね」と言えるようなクオリティの高い学びの時間を目指していきます。

考えを言語化することは難しい

こうやってぼくも毎日ブログを書いているわけですが、これはひとつぼくの見た・聞いた・考えた・思った・感じた事を読んで頂いている皆さんと共有できるように言葉に直す、つまり言語化しているわけです。

それによって読んでいただいている皆様にぼくが考えていることが伝わるわけですが、この言語化するというのは繰り返しの訓練が必要な技術です。

誤解の無いように、論理的に、時々ユーモアも交えてうまい文章を書くというのは最初からできることではなく、それはもう工夫しながら、頭かきむしりながら実際「書く」ということを続けるしか上達の方法はありません。

いくら「文章の書き方」なんて本を読んでも、実際本人が書くという行動を実行しなければうまくなることは絶対ありません。

自分の考えていることを言語化するというのは難しいことなんです。

こどもたちも考えてる

こども達に何か質問した時によく返ってくる言葉。

「別に・・・」とか「ん〜わからん・・・」

これはほんとに何も考えてないということではなく、それぞれ何か感情や思ったことがぼんやりと頭の中にあってもそれを言語化する方法がわからないんだと思うのです。

なんて言ったら伝わるか、言い当てる言葉が見つからない。

この言葉に直して外にだすというところでどうしていいかわからなくなって「別に・・・」とか「わからん・・・」って言葉になってでてきているのです。

しかも話すのは恥ずかしいとか、出しゃばったら変に思われるんじゃないか、とか色々複雑な気持ちが邪魔するのでそれを自分の力で突破する必要があります。

みんなの前で発言するなんてとてもプレッシャーですもんね。

  • 頭にあるぼんやりとしたものを言葉になおす。
  • 自分の言葉で発言する恥ずかしさを突破する。

この2点が今回のプログラムの要点になるかと思います。

大人の方は実感されると思うのですが、社会にでてこれは必要な能力になってきます。

自分の考えを言葉で表現することができるようになって損する事はありません。

こどもたちとゲームや体験を通して、考えを言語化することのおもしろさを学ぶそんなプログラムです。

日時

2016年5月22日(日)

前半13:00~14:30
後半14:45~16:15

場所

真宗興正派善照寺(香川県丸亀市柞原町596)

google mapではお寺の東側に道があるように見えますが、この道はお寺の駐車場にはつながっておりません。
亀山学園の交差点を北にむかって進み、右折してお寺に入るようにしてご来場ください。

参加対象

小学1~4年生【前半のみ】

小学5・6年生【前半&後半】
※後半のみの参加はできません。

参加費

1名につき、前半のみ 1,000円、前後半 1,500円 (保護者見学は無料)

持ち物

筆記用具、必要に応じて飲み物など
※身体を動かすアクティビティがあるので、動きやすい服装でいらしてください。

内容

前半は場の雰囲気に慣れ、心を整えるインプロ活動から対話ゲーム、考えや想像したことを言葉にする時間。

後半は二極化した思考のそれぞれの理由を述べる複眼スピーチなど、ディベートの手法を取り入れたアクティビティを行います。

以下講師のkeiko先生のコメントを転載しておきます。

さて、随分前になりますが、いつもお世話になっている丸亀市の善照寺さんのブログのリンクをはったことがありました。これ↓↓↓

来年はみんなの寺子屋を開催するぞ!(宣言して後にはひけないようにするのだ!)

2015.12.26

ここで名指ししていただきました、Keikoでございます<m(__)m>

というわけで、年明けすぐくらいでしたかね、ご住職とお話した時に、半分真剣・半分酔っぱらいの勢いで(!?) いつ寺子屋をするのかという日程だけを決めたのです。

というわけで、「日曜寺子屋 in 善照寺」、開催します!!

・・・なんだよそれ?と言われそうな企画ですが、実は以前にも色々やっています。子どもたちが自分で考え、考えを言葉にし、それを人に伝える。つまりコミュニケーションの練習です。

・・・コミュニケーションなんて誰でも出来るだろって思います?たわいないお話しをするのも、人前ではっきりと自分の意見を発表するのも、人の考えに対して自分の考えを述べるのも、全部コミュニケーションです。

これ、本当に簡単にできることなんでしょうか?

日々子どもたちと接している中で、様々な形の「コミュニケーション」の訓練って断然足りていないのだろうなと実感しています。

そもそも自分の考えをはっきり持っていないとか、考えをしっかり持っていたとしても、それをどう人に話せばよいのかがよくわかっていないとか、どういう言葉を使うと相手がどういう気持ちになるのかという想像力がまだまだ未熟とか。

何気なく行っているように思う「コミュニケーション」ですが、それを滑らかに行うためには練習が必要なのです。(大人だってね、ちゃんと自分の意見を表明出来ない人、たくさんいます。)

というわけで、英語活動ではないんですけどね。

  • 自分で決める。
  • 勇気を出す。
  • 友達や全体に意識を向ける。
  • 考える。
  • 言葉諦めずに探す。
  • 人に伝える。
  • 二極化した思考の間を行ったり来たりする。

こんなこと、子どもたちと一緒にやります!

参加を希望される方、ご興味ある方、また指導者の方でご興味ある方も、お気軽にお問合せ、お申し込みくださいね。

ECCジュニア田村町教室では既に案内レターを配っておりますが、何人か申し込みを頂いております。

今回初めて参加する子もいるのですが、ありがたいのはリピーターの子が結構いてくれることです。

なかなか意義が伝わりにくい活動ではあるのですが、一度参加してくれた子どもたちが「楽しかったから」とか、保護者様が「大切な経験を積むことが出来るから」と仰ってくれると、少しずつでも頑張っていきたい!と私も励まされます。

また眠れない夜を迎えることになりそうですが(笑)、楽しい企画になるように練りに練りますので、多くの方のご参加、お待ちしております!そして善照寺さん、よろしくお願いいたします!!

この記事は世の役に立つと思ったらツイート、シェアをよろしくお願い致します!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!