平成29年本山興正寺「春の法要」は究極サンドイッチも食べられます。

桜も徐々につぼみが開きはじめ、満開になるのが楽しみな今日この頃。

京都は七条堀川にある真宗興正派の本山興正寺で春の法要がつとめられます。

今回の春の法要はパンとおやつのマーケットと称して、境内ではおいしいパン屋さんも並びますよ!

本山興正寺春の法要

日時

4月8日(土)  9日(日)  10日(月)

法要時間

  • 晨朝8:00開式
  • 朝座10:30開式
  • 昼座14:00開式

場所

本山興正寺

京都府京都市下京区堀川通七条上る花園町70
075-371-0075

車でお越しの方は、興正寺内には駐車場がございませんので近くのコインパーキングなどをご利用下さい。

駐車場を事前に予約できるアプリあきっぱ(akippa)で駐車場を探すと、京都水族館付近は安い駐車場がありそうです。

春の法要って何なの?

お釈迦様は今から約2500年前の4月8日にお生まれになったと言われており、そのお釈迦様の誕生日を祝う法要を「花まつり」といいます。

またこのブログのLINEでわかる歎異抄でも登場する、浄土真宗の開祖親鸞聖人の誕生日は

親鸞
4月1日やで。

だそうで、仏教の始まりとなったお釈迦様とその教えの大事なところを伝えて下さった親鸞聖人の誕生をお祝いする法要です。

お祝いをするとともに、その教えを一緒に聞かせて頂きましょう。

第3回パンとおやつのマーケット

上記日程のうち、興正寺境内では4月8日(土)9日(日)にはパンとおやつのマーケットが開催されます。

開催日時

4月8日(土)9日(日) 11:00~16:00

イベント詳細

▼いろんなお店が出店してくださり、境内が賑わいます。(写真はイメージです。過去に開催した京都まるごとマルシェのものです。)

今回のマルシェは京都の有名店がそれぞれの個性をいかした究極のサンドイッチを用意してくれます。

  • 「IL GHIOTTONE (イル ギオットーネ)」(京都・イタリアン)『未定』 ››【HP】
  • 「沖よし」(京都・和)『未定』 ››【HP】
  • 「食パン専門店プルンニャ」(京都・パン)『メンチカツのスペシャルサンド』››【HP】
  • 「ティオ・ペペ」(京都・スペイン)『未定』 ››【HP】
  • 「ブランジュリ ロワゾー・ブルー」(京都・パン)『究極のベジサンド』 ››【HP】
  • 「二軒茶屋 中村楼」(京都・和)『未定』 ››【HP】

第3回パンとおやつのマーケットin興正寺イベントHPより

イタリアンや和食など、パンの専門ではないお店の調理人がそれぞれの個性を活かして、このパンとおやつのマーケット限定のサンドイッチが登場します。

▼サンドイッチだけじゃなく他にもいろんなパンもだされるそうですよ! (写真はイメージです。過去に開催した京都まるごとマルシェのものです。)

▼飲み物はトゥールビヨンさんのネルドリップのおいしいコーヒーなどもだされる予定です。(写真は過去の京都まるごとマルシェのものです。)

他にも境内ではお寺を楽しむいろんなイベントがありますよ!

花御堂(はなみどう)

法要期間中にはお釈迦様が誕生された時の姿をあらわした誕生仏を安置した「花御堂」を用意しております。

お釈迦様が生まれたときには天から甘露の雨が降り注ぎ、それを産湯にしたという言い伝えから誕生仏に甘茶をかけるという行事がうまれました。

▼甘茶かけもどうぞ。

華葩(けは)ワークショップ

法要の時に、僧侶がおつとめの途中にばらまいて浄土に舞い散る花を表現する散華(さんげ)という作法があります。

その散華に使う華葩(けは)を作るワークショップもありますよ。

作った華葩はお土産に持ち帰ってもいいし、興正寺に奉納して頂いて、法要の時に使ってもらうこともできます。

自分の作った華葩がどのように舞い散るのか、ぜひ華葩作りも体験し法要にも参列してみてくださいね。

▼デザインは自由です。法要中にぼくが投げようとした華葩にはだれかお子さんが描いたであろうアンパンマンの華葩をみつけたことがあります。

大道芸人とっしゃんのパフォーマンス

法要期間中、境内では善照寺ブラザーズ弟とっしゃんのパフォーマンスもあります。

老若男女楽しめるパフォーマンスなのでぜひご家族でいらっしゃってください。

法要の合間にぼくもタイミングがあえばフットバッグのパフォーマンスで参加します(これは未定)。

本山春の法要まとめ

全国から僧侶が集まり、大人数でそろってお勤めする機会はこういった法要の時にしかありません。

▼堂内にはモニターも設置され、法要の様子が後ろの席からでも見えるようになっています。

▼知堂(ちどう)というお勤めと雅楽の専門部隊のおつとめや生演奏の迫力はなかなかのものだと思いますよ。

パンとおやつのマーケットも楽しみですが、せっかくお寺まで来たらぜひ本堂に入って法要にも参列頂ければと思います

本堂内では参拝席でお焼香して頂けるようになっておりますので、焼香の意味や、焼香の作法もあわせてどうぞ。

みなさまのお越しをお待ちしております。

おまけ:本山興正寺周辺のお店

本山興正寺から歩いていける、周辺のお店も記事にしています。

あわせてどうぞ!

この記事は世の役に立つと思ったらツイート、シェアをよろしくお願い致します!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!