【Youtube】人間関係をスムーズにする〜仏教的交渉術〜

避暑地に最高!新宮IC降りてすぐ霧の森、馬立川で川遊び!

こんにちは、3児のパパブロガーのへんも(@henmority)です。

本記事では、夏の避暑地としてこどもを連れて川遊びに行ける霧の森・馬立川をご紹介します。

見てくださいよ、この水の綺麗さ!

霧の森馬立川で遊んでいるところ
水がきれいでめっちゃオススメです!

森の中を流れる清流で心も体もリフレッシュできるオススメスポットなのです。

霧の森・馬立川の場所

霧の森・馬立川は愛媛県四国中央市にある道の駅です。

四国高速道路の新宮ICを降りて車で1分というめちゃくちゃアクセスの良い場所にあります。

霧の森にある施設

全体案内図

駐車場ふくめ各建物にトイレもありますので、アウトドア遊び初心者でも遊びやすい場所です。

霧の森案内看板
霧の森第一駐車場のトイレ
駐車場にも大きめのトイレがあります。

駐車場

道の駅ですので、駐車場は無料で利用できます。

普通車が145台分のスペースがあり、電気自動車用の急速充電設備も1台分ありました。

霧の森第一駐車場
午前中に日陰だと思って山側に車をとめてもお昼には影がなくなります。

天然温泉霧の森交湯〜館

道の駅霧の森には「霧の森交湯〜館」という温泉があります。

霧の森

川遊びのあとそのまま水着で入っていくことはできません

きちんと衣服を着替えてから入るように、入り口に注意書きがあります。

料金や利用案内

霧の森交湯〜館利用案内
温泉「交湯〜館」の情報
利用時間8:30〜21:00
利用料金
  • 中学生以上65歳未満400円
  • 65歳以上300円
  • 小学生300円
定休日月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)

霧の森ふれあい館

「霧の森ふれあい館」は霧の森の総合案内所です。

霧の森ふれあい館・総合案内所

霧の森周辺の情報展示や企画展示が行われています。

名物である霧の森大福や新宮茶についても紹介されていますよ。

霧の森大福

霧の森レストラン

お弁当の食事のできる「霧の森」レストランもあります。

コロナ期間だったので利用はしませんでしたが、外から見る限りお昼時には結構混雑していました。

霧の森レストラン外観
茶そばとおぼろ豆腐が自慢だそうです。

霧の森菓子工房

レストランの隣には霧の森菓子工房があります。

霧の森大福をはじめとして、いろいろなお菓子が売っていますよ。

霧の森菓子工房新宮本店外観

霧の森大福ももちろん良いんですが、オススメはソフトクリーム

バニラ・ほうじ茶・抹茶とミックスがあり、川で食べるこのソフトクリームがほんとおいしいんです!

霧の森菓子工房ソフトクリームバニラ
ソフトクリームがめちゃくちゃおいしい。

すごく溶けやすいので川に持って運ぶまでに溶けちゃいますが、濃厚なミルク感とバリッとしたワッフルコーンが良いコンビネーション。

川を見ながら涼しい木陰で食べるのが最高です。

川遊びできる場所の様子

駐車場から道をわたって階段を降りていくと川遊びできる場所があります。

霧の森駐車場から川に降りる階段

階段を降りた先の橋を渡ると菓子工房や温泉のあるエリアに。

そのまままっすぐ降りていけば川遊び用の更衣室にいけますよ。

霧の森駐車場から川におりる階段2
左に行くと菓子工房、まっすぐ行くと更衣室

更衣室

川遊びの着替えができるように全部で8室の更衣室があります。

何度か遊びに行きましたが、更衣室はそんなに混雑している感じはなく結構自由に使える感じです。

霧の森馬立川更衣室

十分なスペースもあって使いやすいですね。

霧の森馬立川更衣室内部
すのこと棚もあるので着替えやすいですね。

川遊びポイント

更衣室を降りてすぐ目の前のエリアがこんな感じです。

霧の森馬立川の様子

自然の川なので雨の状況によって水位は変わりますが、比較的浅いエリアです。

水の流れがゆっくりで未就学児でも遊びやすい場所ですね。

馬立川2

小さい子供は水をせき止めたところで遊んだりできますよ。

馬立川でこどもが石を積んで遊んでいる

オススメスポット

うちの家族は更衣室のすぐ下の場所よりも、少しだけ下流にあるエリアが気に入っています。

レストランの建物の裏にある「聴水の道」から川に降りるエリアが遊びやすくて好きなんです。

霧の森聴水の道入り口
レストランの裏にひっそりとある「聴水の道」入り口

階段を降りていくと木々の間から清流が見えてきます。

聴水の道途中からの景色

散歩できるように通路が作られていて、川辺までいけるようになっています。

この木の床は水で濡れているとめちゃくちゃ滑るので気をつけてください。

聴水の道の木製通路

木製の坂道を降りていくとスペースの広い川原におりられます。

聴水の道を降りた川原

このあたりは木々が覆い被さっているので、川原には十分日陰があります。

日よけのテントなどはもっていかなくても十分涼しく過ごすことができますよ。

聴水の道を降りたあたりは川の流れがゆったりしていて、少し水深も深いので泳いで遊ぶことができます。

霧の森馬立川で遊んでいるところ
水がめっちゃキレイ

真夏でも水温は結構冷たく、長時間水の中にいると寒いぐらいです。

部分的に深さのあるところもあるので、軽い飛び込み遊びも。

馬立川で飛び込む様子
この写真の日は雨で、雨が降ると川が濁ります

川底の状態は一定ではないので、遊ぶ前によく安全確認してください。

写真の撮れるポイント

川遊びポイントから上流に70~80m程度上流側に歩いて行くと、少し大きめの岩があったり流れが激しめで写真を撮れるポイントもあります。

川遊びに持って行く方が良い物

実際に遊びに行って、これがあると快適に過ごせたものを紹介します。

ウォーターシューズ

川で泳いで遊ぶ時にはビーチサンダルよりもウォーターシューズなど靴状の履き物の方がオススメです。

ビブラムファイブフィンガーズ

ビーチサンダルだと遊んでる最中に流されてしまうことも。

石で足を打ったり擦ったりするケガも防いでくれますのでウォーターシューズがあると遊びやすいです。

ビブラムファイブフィンガーズの足裏
これはランニング用のファイブフィンガーズですが、ビブラムのソールのグリップ力はすばらしいです。

折りたたみ椅子

真夏の馬立川の木陰は本当に快適なので、折りたたみ椅子を持って行くのがオススメ。

チェアゼロ
チェアゼロ

もちろん石の上で座って過ごしてもいいんですが、椅子があるとさらにリラックスできる上質な時間が過ごせます。

沢のひんやりとしたきれいな空気と、川のせせらぎの音を聞きながらのんびりするのは最高です。

馬立川の川原でチェアゼロに座ってくつろぐ様子

水濡れしても大丈夫で重さも500g以下という驚くべき軽さのチェアゼロは荷物にもならないので外での活動にオススメですよ。

浮き輪やライフジャケット

馬立川は自然の川なので深い場所や流れの速い場所もあります。

川遊びの場合、ライフジャケットの用意もあった方がいいですね。

水鉄砲

川遊びでオススメなのが水鉄砲。

水道水を無駄に使うのはもったいない気がしますが、川の水なら遠慮なく遊ぶことができます!

ナーフスーパーソーカーで遊ぶおじさん
水鉄砲ではしゃぐおじさん

ナーフの水鉄砲は頑丈で耐久力も高いし、水の飛びもよいのでオススメです。

ポリタンクの水

馬立川の水は透明度も高く、見た目にはキレイに見えますがやはりちょっと生臭さはあります。

温泉に入って帰れれば良いのですが、コロナのことも心配だったのでポリタンクに水道水をいれて持っていきました。

ポリタンク

着替える前にサッと水で流してからだとサッパリしますよ!

まとめ

車でのアクセスもよく、家族で行く夏の遊び場としてオススメの霧の森・馬立川。

ぼく自身もすごく好きな場所で、毎週ぐらいのペースで通いたいぐらい・・・。

泳いでよし、のんびり過ごしてもよし。

山の中で空気もひんやりすがすがしく、気分がリフレッシュできる場所です。

トイレなどの設備もありますから、外遊び初心者の人でも気軽に遊びに行けますね。

あくまでも自然の川ですので、安全管理はしっかりして遊びましょう!

霧の森馬立川の上流写真

関連コンテンツ



最後までありがとうございます!ツイートやシェアはこちらをポチっとどうぞ!

カテゴリー