ザ・クロマニヨンズ「スピードとナイフ」諸行無常の教え

今日は歌詞から仏教の精神を感じられる歌をご紹介。

ザ・クロマニヨンズのスピードとナイフ。

甘平

スピードとナイフ

 変わらないものなんか なにひとつないけど

 変わるスピードが 違ったんだな

2008年ザ・クロマニヨンズの5枚目のシングル「スピードとナイフ」より。

この曲を最初に聞いた時一発でうちぬかれたというか、なんて歌詞なんだっ!!

と思いましたね。特に2番の歌詞

別れの曲は失恋ソングが多いというのもあるけれども、だいたい

  • 「自分が悪かった」
  • 「相手が悪かった」
  • 「会いたい、せつない」
  • 「ふるえる」

みたいな感じに分けられると思うんですが、(ふるえるは違うか。)

基本的には「人」にその原因があるというように思ってる曲が多いと思うのです。

そんな中この曲の歌詞は視点が全く違います。

仏教的に言うなら全てのものは「無常」(ずっとかわらないものはない)であり、変化していくものだ。

「縁」によって結ばれることもあれば、また離れることもある。

関係性は変わっていくものだ。

こういう視点がこの曲の歌詞には入っています。

全てのものは移り変わるものであり、不変なものなどないという事が本当にとらえられたら、いろんな「別れ」の問題も必要以上に辛く思ったり、大げさに悲しむこともなく落ち着いて対処できると思うのです。

諸行無常をこんなに見事に、こんな少ない言葉であらわした歌はないなと思う、ぼくの好きな一曲です。

大人の人は今は疎遠になっているけど、昔は仲の良かった友達、恋人。
違う道を選んだ人のことを思い出しながら聞いてください。

変わらないものなんか なにひとつないけど

変わるスピードが 違ったんだな

「けど」にすこし未練というか、「わかっちゃいるけど」という人間的な感情が感じられるのもまた味わい深い。

あ〜うまく書ききれない!

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!