坊さんにわかデザイナーがJJF2015のTシャツデザインをしたよ!

10月10日から行われるジャパンジャグリングフェスティバル2015in郡山(通称JJF2015)

ジャグラー(ボールたくさんなげたり、クラブをなげたりジャグリングする人)ではないぼくに、何故かそのジャグリングの全国大会のTシャツのデザインの依頼を頂きました。

甘平

JJF2015のTシャツデザイン

ジャパンジャグリングフェスティバル(以下JJF)は、アマチュアからプロまで全国の名だたるジャグラー達が集まり、技術を競いあう大会です。過去の大会の動画をいくつか見たことがあるのですが、どれもこれも人間ってこんな動きができるのかというようなものばかり!

そこで最初に大会を構成する要素とデザインに必要だと思うことを書き出してみました。

・何年の大会で、どこで開かれた大会わかる。

・ゲストが誰だったか、またその特徴がわかる。

・参加者がいろんな道具(ボール・クラブ・リング・ディアボロ・ポイ・デビルスティック・・・など)を使う。

・1人で練習する時と違って、うまい人が集まったらパッシングしたりもする。

・ジャグラーの傾向としてマニアックなものとか、凝り性な人が興味を持ちやすいモチーフを使うのがいいんじゃないか。

・ジャグラーの嗜好を考えたら黒Tシャツがベースがいいかな・・・

みたいなことを考えて、それを直接的な表現で描くのはおもしろくないかなと思ってでてきたのがこれ↓

Print

ジャグラーとその道具をプラモのパーツにしてみました。

今年の国内ゲストはくるくるシルクDXの皆さん。高松の街中サーカスの時に競演させて頂いたこともあります。

特にメンバーのカナイケイスケさんには瀬戸内サーカスファクトリ—での活動その他いろいろとご指導頂いて、大変お世話になっていることもあり、そのこともデザインに少しは取り入れる事ができたかなと思います。

当日大会会場で販売されるので、ご参加の方はぜひお買い求めください♪

▼この記事をシェアしたら功徳があるかも。ないかも。

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!