iPhoneでLINEやiMessageを送るとき、ちょっと気の利いたメッセージの送り方

みなさん連絡手段としてLINEやiMessageなどをメールがわりに使いますよね。

iPhoneでこういったアプリを使うとき、知っておくとちょっと気の利いたメッセージの送り方があるのでご紹介しようと思います。

iPhoneでLINEやiMessageを使う時に知っておきたいコツ

みなさん連絡手段としてLINEやiMessageを使うことがあると思います。

普通にメッセージを送っても何も問題はないのですが、LINEやiMessageの特性を知って使いこなすと、メッセージを受け取った人にちょっと優しい使い方になります。

例えば待ち合わせの場所の住所や連絡先を送るとき。

▼ランチが素敵なjeje cafeで待ち合わせしようとして、住所と電話番号を送ってみることにしましょう。

この写真のように

  • お店の名前
  • 住所
  • 電話番号

をひとつの文章の中に入れ込んで送ってしまいがちですが、これはちょっと相手にとって不親切な状態なのです。

iPhoneではメッセージの「部分選択」ができない。

というのも、こんな送り方をすると住所や電話番号をコピーして場所を調べようとするときにiPhoneは非常に不便なのです

行き先を調べようとして、住所をコピーしようとすると・・・・

▼このようにコメント全部をコピーしてしまって、「住所だけ」とか「電話番号だけ」を選択してコピーすることができません。

一旦全てのメッセージを選択して、メモなどのテキストを書き込めるアプリにコピーし、いらない文章を削ってから検索ということになり、非常に手間がかかってしまいます。

「住所だけコピーしたいのに!あ〜上まで選んでしもた!いかん、今度は短い!ムキーっ!」

ってなことにもなりかねません。

住所や電話番号を送るときにはこうやって送るべし。

▼このように店の名前、住所、電話番号をひとつずつのメッセージに分けて送りましょう。

▼すると、受け取った人が場所を調べようとする時に目的の情報だけコピーしやすくなります。

▼このままsafariやgoogle mapに貼り付けて検索することができます。

これだと相手にとって親切ですね。

LINEやiMessageの気の利いたメッセージの送り方まとめ

このテクニックは知らなくても何も困らないのですが、相手が検索するかもしれない情報や、コピーして使うかもしれない文章は、メッセージを区切って送る相手がデータを使いやすくなるという小技でした。

iPhoneの写真の容量を整理する方法や、iPhoneで難しい漢字を手書き入力する方法など、iPhoneに関する役立つテクニックをいろいろまとめてあるのでiPhoneのテクニックカテゴリーも良かったら見てみてくださいね。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!