人生を確実に変えるちょっとした、でも具体的な方法。

人生にはいろんな「選択」があります。
毎日の生活の中でも朝ご飯はパンかごはんか?とか靴下を右足からはくか左足からはくか?というような小さなことから、どの学校を選ぼうとか、いつプロポーズしようとか、大きなことまで全て「選択」の連続です。
このいろんな選択を通して、僕が個人的に「人生を揺らす」と呼んでいる方法を紹介したいと思います。
スポンサーリンク

自分がこれだ!と思ったものとちがうものをあえて選ぶ

これは自分が普段だったらこれを選ぶって言うもの、じゃないものをわざと選ぶという方法です。

コーヒー飲みたいなーと思ったときには紅茶にしてみる。肉が食べたいなぁと思ったときには魚にしてみる。

なじみのお店でいつもならトンカツ食べるけど野菜炒めにしてみる。

白のセーターを買おうと思ったら赤を買ってみる、とか。

これに何の効果があるんだと思うかもしれませんが、人生の幅を広げるとても重要な方法だと思っています。

人間は皆それぞれ選択のクセがあり、無意識に自分の経験則で安全だったルートを通ってしまうということなんです。

そして、自分のクセで選んだものの結果はある程度予測がつくから安心なんですね。

それをわざと揺らせて違うルートを通らせてみようということなんです。

新しい事はいつも自分の外にある。

選択くせ-1

これにいつもの選択をすると、

選択くせ4

この範囲の中は確かに深まりますが、カバーする面積は広がりません。

しかし、自分の選択肢の中にないものをあえて選ぶと

選択くせ2

こんな風に自分の経験値としての面積が強制的に広がります。

選択くせ3

こうやって選択肢をわざと自分の思いとズラしてやることで、今までと違った刺激がはいって経験値の面積が広がるようになります。

普段通るルートじゃないルートを強制的に通ってみると新たな発見があるものです。自分の好みをより知る事になったり、嫌だと思ってことが意外と良かったり。経験の幅が広がることで物の見方が広がり、いろんなことへの対応力が高くなると思うのです。

日々の生活に単調さや退屈さを感じている人はぜひやってみてください。

今の生活を変えたい、自分を変えたい。そう思っている人はたくさんいると思います。でもそれは行動が変わらなければ絶対に何か変わることはありません。

そしてそれは大きな変化を一気に起こすことではないのです。大きな選択を一気に変えるのはとてつもないエネルギーが必要です。

しかし、食べるものをちょっと違うものを選んでみる、服をちょっとだけ自分の趣味じゃないものにしてみる。いつも読まない雑誌を手に取ってみる。普段聞かない音楽を聴いてみる。

その程度なら多少思った通りにならなくても大した問題ではありません。そういう細かな選択をするときに自分のクセからズラしたり揺らしたりすることで、経験の幅を広げ自分を再発見する経験をすることが大切なのだと思います。そしてその小さな変化の結果が大きな変化を生むのです。

とりあえずぼくはブログを書きながら今とてもコーヒーが飲みたいので、紅茶を入れてみます。

みなさん明日朝ご飯党の人はパンを食べてみましょうか。パン党の人はおにぎりを食べてみるとか。そういうのもちょっとした選択なんですけど、たぶんものすごく抵抗があると思います。

抵抗を感じるということはそれだけ自分のやり方に執着していて、新しい範囲を学ぶということはなかなか難しいということなんですよね。

どうせやらなきゃいけないことは、できるだけ楽しいやり方で

2015.10.09

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!