ハガキはなぜ葉書?タラヨウの葉っぱで遊ぼう。

暖かくなってきたので、外で過ごすのが気持ち良くなりました。

今日はアウトドアで遊ぶときに使える、特殊な木の性質を使った遊び方を教えてもらいました。

スポンサーリンク

甘平

葉っぱに文字が書けるタラヨウの木

200428-8607

上の写真の木なのですが、みなさんタラヨウの木ってご存じでしょうか?

見たことはありましたが特に何の変哲もない木で、いままでは気にもとめず素通りしていたのですが、今日初めてこの木の秘密を知りました。

▼wikipediaによると

日本では葉の裏面に経文を書いたり[要出典]、葉をあぶって占いに使用したりした[要出典]ため、その多くは寺社に植樹されている。

また、葉の裏面を傷つけると字が書けることから、郵便局の木として定められており、東京中央郵便局の前などにも植樹されている。

文字を書くことのできる性質がインドで経文を書くのに使われた貝葉の原料であるヤシ科タラジュ(多羅樹、Corypha utan)という木のようだということで、タラヨウ(多羅葉)名前の由来となっている。

Wikipediaより引用

何?葉の裏に字が書ける?!

寺社に植樹されているというけど善照寺にはないので知りませんでした。

経文が書けるレベルってすごいことだと思うのですが、そんな特徴がこの木にはあるそうなのです。

早速やってみました

▼タラヨウの葉っぱをちぎってみました。今の季節は葉の根本に悪魔の実みたいなのがついています。

200428-8608

▼左の端の緑が濃いのが葉の表面。右側の残り5枚が葉の裏側です。
200428-8610

このタラヨウの葉の裏側をとがった物で傷つけるとその部分の組織が壊れて変色するらしいのです。

▼落ちていた木の枝で傷をつけてみます。うっすらとひっかいた場所がわかりますよね。
slooProImg_20160405221554.jpg

数十秒たつと・・・

▼おお、すごい!ひっかいた直後はただのキズなのですがだんだん黒く変色していきます。
slooProImg_20160405221551.jpg

▼これを使ってキズだけでなく、実際文字を書いてみると・・・
200428-8612

▼だんだん文字が浮き出てきます。
200428-8614

▼タラヨウを使ってブログの宣伝。先が丸いの枝で書いてこのレベルですから、爪楊枝とかとがった物だともっと鮮明に書けそうです。
アドレス

▼山の中で紙と鉛筆がなくて、でも仲間に書き置きを残しておかなきゃ!とか、なんとかメッセージを残す必要がある!って時は、タラヨウの木と枝を探せばメッセージも残せますね!!(その方が大変。)
slooProImg_20160405221601.jpg

他にもタラヨウを使ってこんな遊び方も

ひっかいたところが変色するってだけなので、書けるのは文字だけにかぎりません。

▼こんな風に絵を描くこともできるんですね。
目

▼こどもと一緒だといろいろ書いて、こんな遊び方をするのも楽しいですね♪
お面

▼絵のうまい人が描いたらほんとに画材として使えるレベル。おや・・・この絵はApple pencilを紹介している記事で見たことがあるぞ・・・。
ヨス絵

▼九州・中国・四国地方には結構生えているものみたいなので、見つけたらぜひやってみて下さいね。
タラヨウ

タラヨウの葉は文字通り葉書になるそう。

あとWikipediaでは東京中央郵便局に植えられてるって書いてあるしそれも確認したいなぁ・・・、

ということでこれを確認するためだけに東京中央郵便局へ行ってきましたよ!

Google ストリートビューで!

▼こんな感じで玄関横に植樹されているんですね。
スクリーンショット 2016-04-05 22.35.59

まさに郵便曲の顔となる木。

実際手にとってもらうとわかるのですが、葉の固さにコシがあり薄いカードのような固さがあります。

ですので、このタラヨウの葉っぱに宛名を書いて切手を貼れば、定形外で送ることができ、文字通り「葉書」として使えるそうです。

白やぎさんからお手紙ついた、でおなじみ「やぎさんゆうびん」でやぎが食べるのも、実は紙じゃなくてこれが素材だったんじゃ・・・?

葉書がハガキの語源になったかどうかは諸説あるようですが、これを郵便曲の木と設定するところは何か粋なものを感じますね。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!