[LINEでわかる歎異抄]第8条。念仏は修行じゃないし、善でもないよ。

自分が口に出してるのに「他力の念仏」って何やねん?!という声にお応えする歎異抄第8条。

短い文章ですが、ここでは他力の念仏とは何か?という本質に迫っています。

原文は最後に載せてありますので、そちらも読んでみてくださいね。

LINE風歎異抄第8条

今日も唯円さんは親鸞聖人に聞きたいことがある様子。

唯円
またまたちょっと聞きたい事があるんですけどちょっといいですか?
親鸞
ええで。
唯円
お念仏って、「南無阿弥陀仏」って自分が言おうと頭で考えてから言うじゃないですか?
親鸞
そうやね。
唯円
他力他力って言いますけど、自分の意思で言ってるのに・・・それって他力じゃなくて「自力」ってことにはならないんですか?
親鸞
いい質問やね、唯円くん。
親鸞
そこはすごくわかりにくいところやから1回説明しとかないかんね。
唯円
どのくらいややこしいですか??
親鸞
そやなぁ・・・
親鸞
キングクリムゾンのスタンド能力で、時間をフっ飛ばして結果だけが残る・・・あれぐらいややこしいかなぁ。
唯円
・・・それはディ・モールト(とても)ややこしいですね。
親鸞
いかん、そんな話してたらジョジョの奇妙な冒険第5部をもっかい読みたくなってきた!

俺のやる気に「再点火」したなっ?

スクリーンショット 2016-09-05 22.38.44
唯円
も〜、ジョジョネタはいいから、それよりちゃんとしたこと教えてくださいよ!
スクリーンショット 2016-09-05 22.39.00

親鸞
わかったわかった(笑
親鸞
じゃあさ、唯円くん風邪ってひいたことある?
唯円
そりゃ、風邪ぐらいひくこともありますよ。
親鸞
でさ、お医者さんにも行く?
唯円
よっぽどひどかったらいきますねぇ。
親鸞
そこで、お医者さんがこういう病状なんでこの薬飲んで下さいね〜ってお薬くれるやん?
唯円
はい。
親鸞
もらった薬ちゃんと飲むでしょ?
唯円
そりゃ、お医者さんがすすめてくれますしねぇ。
親鸞
なんで飲むの?
唯円
え?
スクリーンショット 2016-09-02 11.17.37

親鸞
だから、何が薬を飲ませてるの?
唯円
そりゃ、お医者さんがすすめてくれるし、薬にも効果があると思いますし・・・お医者さんへの信頼と薬の効果ですかねぇ。
親鸞
じゃあ、それ飲んで風邪が治ったら誰のおかげ?
唯円
そりゃあ先生とお薬のおかげですよね。
親鸞
でしょ?その薬をすすめられて「飲んだ自分のおかげ」とはならないでしょ?
唯円
それはそんな風には思いませんよね。
親鸞
他力の念仏というのもこれと一緒なんよ。
唯円
といいますと?
親鸞
お念仏にであって、確かに口にしてるのは自分の意思かもしれへん。
親鸞
やけどそれは薬を飲んでるみたいなもんで、「治す力が薬の方にある」からその力を信用して飲んでるわけよね。

つまり念仏も一緒で、念仏してる「自分のおかげ」じゃなくて、阿弥陀さまの方に力があるということなんよ。

そもそも「他力」って言葉は他人の力という意味ではなくて「阿弥陀さまの力」をさす言葉やしね。

唯円
ほ〜!
親鸞
念仏してる自分のおかげや!って見ていくのが「自力の念仏」で、そういうはからいなしにできる念仏が「他力の念仏」っちゅうことやね。

やから、俺ら凡夫がするべき「他力の念仏」というのは自分がパワーアップするための修行でもないし、自分の行う「ええこと」でもなくて、阿弥陀さんの力をただただ信じる姿勢なわけよ。

唯円
ん〜深い。
親鸞
自分が風邪やな〜ってわかるのが凡夫の自覚、お医者さんが念仏を勧める人、薬の効力が阿弥陀さんの力で、それをただ信じて飲むって思ったらわかりやすいかもね。
親鸞
自分のはからいでするちょっとした「ええこと」は、根本的に病気を治すのには無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!ってことやね。
唯円
兄貴ィッ!親鸞兄貴ィッ! やっぱり兄貴ィは、スゲェーやッ!
親鸞
栄光は…………おまえに……ある……ぞ…
やれ……やるんだ…唯円。
阿弥陀さまは………おまえを…見…守って……いるぜ……
スクリーンショット 2016-09-05 22.38.38

親鸞
南無阿弥陀仏
唯円
南無阿弥陀仏

第8条のポイント

もともと念仏というのは仏を念ずる、ということで「私が修める行」だったのです。

しかし、親鸞聖人がおっしゃっているのはその「私の修める行」ということの不確かさを指摘しています。

お念仏が修行であり、善行であったなら、先ほどの病気の例えでいうと自分の努力だけで病気が治るということです。

しかし、本来的に私が抱えている「煩悩」という病気の深さをよくよく考えると、ちょっとやそっと自分が体に良いことをしたり努力したところで治るようなもんじゃないんだということをおっしゃっています。

根本的に治療可能な阿弥陀さまの力を頼りにするしかない、そこには薬をのんだ「俺のおかげ!」みたいな自分の力を誇る気持ちは微塵も無く、治せる方に完全におまかせするしかない、この道しか自分が治る方法はないという選び取りが読み取れます。

お医者さんに指示されても、薬の量を勝手に減らしたり、民間療法やってみたり、「いいこと」だと思って自己判断で指示されたことと違うことをやっちゃう人ってたくさんいますよね。

専門の人が「まかせなさいよ」ということであっても、それを聞いて信じ切れない人間の迷いの深さも同時にここでは指摘されているといえるでしょう。

歎異抄第8条原文

念仏は行者のために、非行・非善なり。

わがはからひにて行ずるにあらざれば、非行といふ。

わがはからひにてつくる善にもあらざれば、非善といふ。

ひとへに他力にして自力をはなれたるゆゑに、行者のためには非行・非善なりと云々。(真宗聖典P836)

参考文献

途中のやり取りがわからない方はこれも読んで下さい。名作です。

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!