[LINEでわかる歎異抄]歎異抄ってどんな本なの?「序」 唯円の決意!

大人気「LINEでわかる歎異抄」シリーズ。

歎異抄の本文がはじまるよりも前の部分、書籍でいう「はじめに」にあたる「序」を今日は解説。

唯円さんはなぜこの歎異抄を書こうと思ったのか?その秘密が解き明かされる!

親鸞聖人がなくなったあと、しばらくたってこの歎異抄は書かれたということですので、イラストの唯円さんもちょっと年をとってもらいました。

親鸞聖人不在でLINEの相手がおりませんので、今回はラジオ番組にテイストを変更!

DJ唯円のタン!タン!歎異SHOW!としてパーソナリティ1人でお送りいたします。

「序」の原文は漢文で書かれていますので、最後に漢文と書き下し文の両方を載せておきますね。

LINEでわかる、改め、ラジオでわかる歎異抄・序

唯円
(あれ、もうこれしゃべってもいいの?まだ、あ、はい。じゃあ・・・)

ーON AIRー

♪ちゃっちゃっちゃ〜ちゃららら〜・・・

唯円
は〜いどうも〜、はじまりました!

タン!タン!歎異SHOW!(たんたんたんにしょう!)

この番組は、私DJ唯円がおとどけしま〜す!

スクリーンショット 2016-09-05 22.38.38
唯円
はい、ということで早速ですが、お便りが届いていますね〜。

まずは、ラジオネーム「関東のモンティ」さんから。

唯円
「唯円さんこんにちは。」

はい、こんにちは。

「なんで親鸞聖人は流罪になったんですか?」

ん〜いきなり突っ込んだ質問ですね〜!

それね、ま〜なんというか、ラジオで言うのもなんなんで、歎異抄の最後におまけつけときますから!

それでも読んでください!ねっ!

はい、そんな関東のモンティさんのリクエストは・・・・・ザ・クロマニヨンズでスピードとナイフ

ザ・クロマニヨンズ「スピードとナイフ」諸行無常の教え

2015.09.16
唯円
いや〜いいですねぇ、諸行無常の教えをビンビンに感じますね!

ーCMー

唯円
はい、ということで、このコーナーでは私がなんで歎異抄を書こうと思ったかをしゃべらないかんということで、そろそろ本題に入ってきましょうかね〜。
スクリーンショット 2016-09-05 22.38.44
唯円
いや〜昔と比べて最近ちょっと困ったことがいろいろ起こってましてね〜。

親鸞聖人がおらんようになってからというもの、親鸞聖人がおっしゃってたことと全然違うこと言う奴らがようけでてきとるんですわ。

ほんまええ加減なもんでね。

いやほんまのところ、自分は親鸞聖人に出会ってちゃんとした話を聞けたからいいけど、もしいい加減な師匠にあたっと思ったらやっとれませんね。

というのも他力の教えというのは誤解を招きやすい表現がいっぱいあるんで、実際のところこのままで後々ちゃんと伝わっていくのかちょっと心配なんですよ。

例えば、「悪人ほど救われる」言うたら

謎のモヒカン
じゃあ悪いことし放題だぜ、汚物は消毒だ〜!ヒャッハー!!
唯円
とか言うやつがでてきたり、
唯円
「他力本願」いうたら
謎のハゲ
悟空、はやく来てくれー!!
唯円
な〜んて他の人の力をあてにする意味で「他力本願」って言葉を使うやつがでてきたり。
唯円
いかん・・・・いかんでぇ、このままではいかんでぇ!!!
スクリーンショット 2016-09-05 22.39.00
唯円
そこでっ!!

私ね、親鸞聖人から直接聞いたことを本に書いといたろ〜思いましてね。

前半は親鸞聖人がおっしゃってた言葉をまとめて、後半はええかげんなこと言うてるやつらにビシバシつっこみをいれていくっていう内容でお届けします。

あ、そうそう!ラジオネーム「関東のモンティ」さんから質問のあった親鸞聖人が「なんで流罪になったのか物語」もおまけとしてつけてます!

スクリーンショット 2016-09-05 22.38.44
唯円
まあね、親鸞聖人がおっしゃってた念仏の道はこうやで〜!って言うことを書いてますけど、別に念仏じゃなくて他の教え大事にしてるよって人を批判してるんとは違うんですよ。

修行の道でさとり開ける人はその方法でどーんといってくれたらええんです。

自分が言うとるのは、「念仏の道を歩もうと思ってる人」の疑いとか迷いとか、変な誤解を晴らしたいな〜思って、本にしといたらええかな思いましてね。

なので、本のタイトルは「歎・異・抄」

親鸞聖人がおっしゃってたことと違う事広まってるやん・・・orz、って「異なる」ことを「歎く」ってことで歎異抄ってタイトルにしたんですよ!

どうっ!?意味わかりやすいでしょ!

唯円
そんなわけで色々読みたい人はカテゴリー「LINEでわかる歎異抄」を読んでちょ〜だい!

はい、そろそろお時間ということで、今週はこの辺で!

リクエストも引き続きお待ちしております。

では、な〜む〜!

♪ちゃっちゃっちゃ〜ちゃららら〜・・・

歎異抄とはどんな本?

歎異抄は全部で18条で構成されていて、前半10条、後半8条の2部構成となっています。

それにプラスして序(はじめに)・中序・後序(おわりに)・付録(流罪記録)がつくという書物です。

唯円
前半は親鸞聖人がおっしゃってた言葉をまとめて、後半はええかげんなこと言うてるやつらにビシバシつっこみをいれていくっていう内容でお届けします。

とあるように、前半は「親鸞聖人はこう言うとったで編(親鸞語録編)」。

後半は「ちゃうやん!そういうことやないんや編(歎異編)」となっています。

実は、親鸞聖人本人はまったくといっていいほどご自身のことを書物に書き残しておられません。

ですので、実際のところ親鸞聖人がどんな人物であったかを知る手立ては非常に少ないというのが現状です。

そんな中、この歎異抄には弟子唯円が実際に親鸞聖人本人から聞いたとされる言葉がたくさん盛り込まれているので、その言葉を通して親鸞聖人はどんな人物であったか、またどんな教えを説いていたのかを知る手がかりとして重要な資料となっています。

歎異抄は親鸞聖人本人が書かれた書物ではないですが、浄土真宗の教えを伝えるのに非常に重要な役割をもった書物として大事にされています。

他の条にも興味が出た方はLINEわかる歎異抄シリーズをまとめたページもぜひどうぞ!

参考文献

歎異抄・序(原文・書き下し)

(原文)

竊回愚案、粗勘古今、歎異先師口伝之真信、思有後学相続之疑惑。
幸不依有縁知識者、争得入易行一門哉。
全以自見之覚悟莫乱他力之宗旨。
仍故親鸞聖人御物語之趣、所留耳底聊注之。
偏為散同心行者之不審也。云々。

(書き下し)

ひそかに愚案を回らして、ほぼ古今を勘ふるに、先師(親鸞)の口伝の真信に異なることを歎き、後学相続の疑惑有ることを思ふに、 幸ひに有縁の知識によらずんば、いかでか易行の一門に入ることを得んや。

まつたく自見の覚悟をもつて他力の宗旨を乱ることなかれ。 よつて故親鸞聖人の御物語の趣、耳の底に留むるところ、いささかこ れをしるす。

ひとへに同心行者の不審を散ぜんがためなりと云々

真宗聖典P831

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!