【無料でサインを作る方法まとめ】手軽におしゃれなデザインを自分で作ってみた

サイン

誰しも一度は「自分のサイン」を作ってみた経験があるのではないでしょうか?

印鑑文化の日本では実生活でサインを使うことは少ないかもしれませんが、海外のビジネスマンはサインが基本。

日常的にサインを使っているそうです。

日本国内ではクレジットカードのサインに使う時が一番多い機会かもしれませんね。

支払いの時にささっとキレイなサインが書けるとかっこいいんですよね。

そんなかっこよく書けるサインを作ってみたいけれど、自分でデザインを考えるといまいちデザインが決まらないことも。

アイデアに困っているならひとまず無料でサインを作ってみましょう。

この記事ではサインを無料で作る方法をまとめてみました。

無料でサインを作る方法

無料でサインのデザインを作るには大きくわけて2つの方法があります。

無料でサインを作る方法
  1. 無料のジェネレーターを使う
  2. 無料のフォントを使う

ではそれぞれのやり方を解説していきます。

1.サインを作るジェネレーターを使う方法

英字での手書き風サインを無料で作るのはジェネレーターを使うのも1つの方法。

オンラインで無料サインを作ることができる2つのサイトを紹介します。

1.SIGNATURE GENERATORを使う方法

ひとつめはSIGNATURE GENERATORというサイト。

実際にサイトを使ってサインを作ってみました。

1.名前の入力とフォントの選択

「Signature Text」の欄に名前を入力して、下のサンプルから好みのフォントを選択してください。

▼「フォントは46種類あります。
無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORの使い方1

2.フォントのサイズや色を選びます。

フォントのサイズ、色、背景色、枠線、イメージをつけるかどうかを決定します。

▼Add Imageというところにチェックを入れるとアイコンが表示されますが、正直に言って使えるようなものはないので「No image」でよいでしょう。

無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORの使い方2

1番下の「Generate Signarure」というボタンを押すとサインが生成されます。

▼色やサイズが気に入らなかったら上の項目を入力し直して再度「Generate Signarure」を押すと何度でも作りなおせます。
無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORで作ったサイン

2.MY LIVE SIGNATUREを使う方法

2つめはMy LIVE SIGNATUREでいうサイトを使ってサインを作る方法。

こちらは手順が多いので使い方を別記事にまとめてあります。

2.無料フォントを使う方法

無料のフォントを使ってデザインしてみるのもひとつの方法です。

googleフォント

googleフォントからサインっぽいものを選んでみました。

googleフォントはwebサイトに読み込んで使うものですが、「Type here to preview text」という項目に文字を入力してどんな表示になるのかを試すことができます。

Sacramentoで作成

Sacramentoで作ったサイン

Lovers Quarrel
Lovers Quarrelで作ったサイン

Princess Sofia
Princess Sofiaで作ったサイン

サイドバーにある「Category」の中から「Handwriting」にチェックマークをつけると手書きっぽいフォントが検索できます。

いくつか試しに作ってみましたが、サインというよりはロゴ的な感じですかね。

無料フリーフォント

無料のフリーフォントを紹介したサイトhttps://www.dafont.com/で無料フォントを探せます。

このサイト内でHandwritingというカテゴリーを検索するとサイン作りに役立ちそうなフォントを比較することができます。

たくさんいいフォントがありますが中でもサインに使えそうな2つのフォントを紹介しておきます。

Signerica

Signericaというフォントはかなり崩した筆記体という感じです。
Signericaで作ったサイン

Autograf

Autografが1番サイン的なフォントかもしれません。
Autografで作ったサイン

用途に応じて適したフォントを探してみてください。

サインを無料で作る方法まとめ

できあがったサインをそのまま使ってもいいし、自分でこれにアレンジを加えてもいいですね。

ただ、やはり無料で作れるサインは結局フォントの組み合わせで作るレベルまでしかできません。

確かにキレイですが、定形の文字の組み合わせなのでオリジナル感が薄くおもしろみは少なくなりがち。

▼Signature Generatorで作ったもの

Signature Generatorで作ったサイン

▼My Live SIGNATUREで作ったもの
My Live SIGNATUREで作ったサイン

一瞬それなりに見えますが、実際にサインを使う時にはちょっと使いにくいこともあるんです。

実際に使う時にはサインは手書きで書くんですよね。

フォントで作られたサインは実際に手書きするととても書きにくいんですよね。

オリジナル感も薄いので、はっきり言って無料でいいデザインのサインを作るのは限界があります

ぼく自身もいろいろ考えてみましたがうまく作れなかったので、結局は有料でオリジナルなサインを作ってもらいました。

プロのデザインなので安心して書けるし、なにより1点ものという愛着が違いますよ。

ぼくは日本語でのサインですが実際に署名ドットコムでサインを作ってもらいました

手書きするときの運筆がしっかり考えられているため、書きやすくデザインもきれいです。

無料で作ったものや、自分で考えたデザインとはやはり違うなと納得。

一生使えるものですからプロに作ってもらう方がかっこいいものになりますよ

無料でサインを作ってみて、イマイチだな〜と思った方は検討してみてはいかがでしょうか?









自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事