お坊さんの大実験。足袋を白く洗う方法。

日常

お坊さんをしていて困ること、それは足袋の汚れをどうやって落とすか問題。

足袋の裏の汚れってめちゃくちゃ頑固なんですよ。

その頑固な汚れをなんとかササッと落とせないか実験してみましたよ!

足袋のよごれは強力

足袋の汚れって洗濯機で洗っただけでは全然落ちないんです。

通常はこういう洗濯石けんを塗りたくって、ブラシでごしごし擦るってことをしないと汚れが落ちません。

お風呂入った時とかにごしごしやってから洗濯機で洗濯するのですが、数が多くなると大変なのです。

足袋には金属製のこはぜ(足首のとめ金)がついているので漂白剤も使えませんしね。

で、手早く綺麗にするなんとうまい方法ないかな〜と思ってたんですが・・・・・

圧倒的閃き!

おもいついちゃったんです。

庭の壁とか窓とか洗ってるときに。

▼「あ、これいける・・・んじゃない??」と。

使ったのはこれ。高圧洗浄機。

水がすごい勢いででて、コンクリートの汚れなんかもとれちゃうやつです

足袋の汚れって結局は繊維に汚れがついてる状態だから、これでいけば「たたき洗いの強烈版」ってことにならんかな??

と思ったので、実際にやってしまいました

高圧洗浄機で足袋を洗ってみた。

▼まずは泥はね防止に板を敷いて・・・

▼汚れた足袋を持って来て・・・・・

バシューーーッツ!!!!

おおっすごい・・・・。

ものの10秒でほぼ真っ白

恐るべし高圧洗浄機。

あとは洗濯機へ入れたらこの通り真っ白。

やってみてわかったのですが、高圧洗浄機の水の出し方が結構重要です。

先を細くして水の勢いを強くしすぎると生地が傷みそうになりました。

少し幅をもたせて水の勢いを調節してやればうまくいきますね。

お坊さんの大実験。

やってみなくちゃわからない。

お坊さんの大実験その後。足袋の汚れが一瞬で落ちる動画、革命的洗濯。

2015年11月23日








自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事