割れたレンズフィルターがはずれない時の対処法!!

人生には思いもよらぬことが起こるもの。

先日、普段持ち歩いているカバンを何げなくスッと持ち上げたところ、

ガンッ!

っと鈍い音が。

ん?と思って下を見てみるとカメラが転がっています。

どうやらかばんのチャックが開いてしまっていた様子。

おいおい、まじかよ・・・と思いつつカメラを手に取ると、なんかカラカラと音がしています。

まさか・・・。

▼あちゃ〜・・・。

粉々のガラスをみてショックを受けましたが、話はここで終わらなかったのです。

カメラを落として2度のショック

この時カメラについていたレンズはブログでも紹介したキャノンの単焦点レンズef-s24mm f2.8 stm

ショックを隠しきれませんでしたが、ひとまず割れたガラスを取り除いて様子を見てみることに。

幸いレンズそのものやカメラ本体には異常がなく、レンズの先につけてある保護フィルターが割れただけでした。

よし、前のフィルターを外して新しいフィルターに取り替えようと思った矢先。

あれ・・・?割れたフィルターの枠が外れない・・・。

フィルターはレンズの前面にネジの力で固定されています。

落とした衝撃でネジが強くハマったのかまったく取り外せなくなりました。

なんだこの2段構えのトラブルは・・・。

割れたレンズフィルターを外すのに苦戦

これがもう腹が立つレベルでかたく締まってはずれないんですよ。

ネットでもフィルターが外れなくなった事例はたくさんでてきて、みなさんいろんな方法を試しておられます。

  • ゴム手袋でまわす。
  • 輪ゴムをかけて回す
  • ゴムマットに押しつけてまわす。
  • フィルタールーズを使う。

など。

フィルタールーズは持っていませんが、ほかの何をやってもはずれない。

ペンチで縁をはさんで回したり、レンズにダメージがでないようにかる〜く金槌で叩いてみたりしたけど外れません。

落としておいてなんなんですが、あんまり強い力をかけるとレンズ本体を壊してしまう可能性もあります。

これで外れたよ!(フィルターが再利用不可の場合のみできる技)

▼それはニッパーでフィルターのリングを切るという方法。

レンズフィルターはレンズの縁の内側にネジでとまっています。

ですのでリング自体を切って、中に巻き込んでしまえばとれるんじゃないかと。

▼枠がゆがんでいてとれない。

▼レンズを壊さないように様子をみながら切っていきます。

途中経過。ぐにゃあと鈍い感じで切れていきました。

▼レンズ本体をキズつけないように注意!

▼ぶちっという音とともにリングが切れて、無事に外れました!

割れたレンズフィルターが外れない時の対処法まとめ

カメラを落として割れた時に1度ショックを受け、フィルターが外れない時に2度目のショックを受けるレンズフィルターの問題。

割れてしまったら再利用する手立てがないので、無理矢理ネジをはずそうとするよりもニッパーで切る方がレンズにも負担が少ないように思います。

まだ使えるレンズフィルターがはずれない時にはフィルタールーズなどで丁寧にはずしましょう。

くれぐれもカメラの扱いは丁寧にしましょうねっ!!(お前が言うな。)

→使っていないカメラの高価買取ならカメラのリサマイ

こんな記事も興味あるかも?

L判の印刷に限るのですが、写真をめちゃくちゃ安く印刷するサービスをみつけました。

L判の写真を最安値で印刷するならこの方法がベストかも。

実際に使って見て値段と品質みたらビックリしましたよ!

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!