ダンボールをギッチギチにきつく縛る結び方!これで運ぶ途中に崩れない!

生活をスムーズにするテクニック



こんにちは、お役立ち情報をお届けするお坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

段ボールを資源ゴミとして捨てる時には紐でまとめて縛ってから捨てないといけません。

ですがこれが意外と難しいもので、うまく縛らないと運んでいる途中でほどけて「い〜〜〜〜〜〜っつ!!!」ってなることもしばしば。

今日はダンボールを紐でギチギチに縛って中身が飛び出ないようにする結び方を紹介。

ダンボールをしばる時におすすめのしばり方

用意するもの

用意する物
  • PPひも
  • はさみ

▼雑誌や段ボールをまとめるときによく使いますね。これでギチギチに縛ることができます。
PPひも

1.地面に輪っかを作るように紐を置きます。

PP紐を地面に置いて輪っかを作ります。

▼左に先端が来た時は時計回りにくるっと回して右へ。
ダンボールの縛り方1

2.3個の輪を作ります。

▼同じように繰り返して、3つの輪っかを作ります。
ダンボールの縛り方2

3.輪の下の部分を作った順に手に取ります。

1番最初に作った輪っかから順番に輪っかが崩れないように手前の部分を持って重ねていきます。

▼写真は上から順に左、真ん中、右の順に重なっています。
ダンボールの縛り方3

4.重ねた輪の中に縛りたいものを入れます。

▼重ねてできた3重の輪っかの中にダンボールや、新聞紙などを突っ込んでいきます。
ダンボールの縛り方4
▼どんどん入れます。
ダンボールの縛り方5

5.紐の両端を引っ張ります。

▼ダンボールが全部入ったら、ひもの両端を引っ張りましょう。
ダンボールの縛り方6
▼ぎゅ〜っと締まっていきます。一回締まったら緩みません。引っ張れば引っ張るだけどんどん締まっていきます。
ダンボールの縛り方7

一度締まると逆方向には緩まないので、ダンボールをギチギチに縛ることができます。

十字にひもをかけなくてもこの通り。

▼けっこう重たいんですが、真ん中のダンボール持って持ち上げても大丈夫。ギッチギチに締まっています。
ダンボールの縛り方8

6.横から飛び出すのが心配だ!という方は十字の紐もかけるとより安心

心配な方は飛び出し防止にクロスさせて結んでもいいでしょう。

▼美しい締まり具合。
ダンボールの縛り方9

▼この通り指が入りにくいぐらい固く締まっているので、運んでるうちにほどけてバラバラってなっちゃう悲惨な事件がなくなります。
ダンボールの縛り方10

ダンボールをギチギチに縛る方法まとめ

一般的な十字に縛る方法よりも固く縛れて、運ぶ時の安心感が段違いなのでぼくはこの結び方をおすすめします。

この縛り方は雑誌や新聞も縛ることができますよ。

雑誌や新聞を縛る時には輪を少し小さくできるので、腕を使って輪を作る方法が簡単でスムーズです。

▼この記事に詳しいやり方を動画もつけて説明しているので参考にしてみてくださいね。

雑誌を捨てる手間自体を減らしたい人は

古雑誌を捨てる手間を減らすためには、そもそも紙の雑誌を買わないというのもいい方法。

▼紙の雑誌をやめて楽天マガジンで雑誌を読むのはいかがでしょうか?
楽天マガジン使っているところ

楽天マガジンなら200種類以上の雑誌がバックナンバーから最新号まで読み放題。

自分が普段読まないジャンルの雑誌もいろいろ試し読みできるし、ゴミもでないので時間もお金も節約できます。

本屋さんに行く時間すら不要ですからね。

年払いだと割引があり、1年間たった3600円(税抜き)で200以上の雑誌が読み放題なんですよ!

▼よく読む雑誌が楽天マガジンに入っている方は、普通に雑誌を買うより金額的にもかなりお得

しかも初回31日は無料で試せます

1冊500円の雑誌を1年分買ったら1種類だけしか読めないのに年間6000円もかかりますからね・・・。

楽天マガジンの購読料は入会費・年会費も無料の楽天カードを新規で作って支払うとさらにお得ですよ

楽天カード新規入会キャンペーンを利用すると5000円分のポイントがつくので楽天マガジンを年間購読してもお釣りがでます

ゴミも減らせるし、節約もできるお得な方法なので良かったら試してみてはいかがでしょうか。

\5分で完了/

こんな記事も役に立つかも!

他にもスマホに溜まった写真を激安で印刷する方法なんかも人気の記事ですね。

こちらもいかがですか?