雑誌やダンボールをギッチギチにきつく縛る結び方。

昨日のコードやひもの巻き方の記事がなんか人気だったので、続いて人生をスムーズにするコツシリーズ。

段ボールや新聞紙・古雑誌・本など、ゴミを捨てるために紐でまとめて縛ることありますよね。

そんなときに紐でギチギチに縛って中身が飛び出ないようにする結び方を紹介。

甘平

ダンボールをしばる時におすすめのしばり方

用意するもの

  • PPひも
  • はさみ

▼雑誌や段ボールをまとめるときによく使いますね。これでギチギチに縛ることができます。

1.地面に輪っかを作るように紐を置きます。

PP紐を地面に置いて輪っかを作ります。

▼左に先端が来た時は時計回りにくるっと回して右へ。

2.3個の輪を作ります。

▼同じように繰り返して、3つの輪っかを作ります。

3.輪の下の部分を作った順に手に取ります。

そうしたら1番最初に作った輪っかから順番に輪っかが崩れないように手前の部分を持って重ねていきます。

▼写真は上から順に左、真ん中、右の順に重なっています。

4.重ねた輪の中に縛りたいものを入れます。

▼これでできた3重の輪っかの中にダンボールや、新聞紙などを突っ込んでいきます。

▼どんどん入れます。

5.紐の両端を引っ張ります。

▼ダンボールが全部入ったら、ひもの両端を引っ張ると…

▼ぎゅ〜っと締まっていきます。一回締まったら緩みません。引っ張れば引っ張るだけどんどん締まっていきます。

一度締まると逆方向には緩まないので、ギチギチに縛ることができます。

十字にひもをかけなくでもこの通り。

▼けっこう重たいんですが、真ん中のダンボール持って持ち上げても大丈夫なぐらいギッチギチに締まっています。

6.飛び出しが心配だという人は十字の紐もかけるとより安心

心配な方は飛び出し防止にクロスさせて結んでもいいでしょう。

▼美しい締まり具合。

▼この通り指が入りにくいぐらい固く締まっているので、運んでるうちにほどけてバラバラってなっちゃう悲惨な事件がなくなります。

段ボールをギチギチに縛る方法まとめ

この縛り方はとてもきつく縛ることができるので、段ボールや雑誌だけじゃなくいろいろなものに応用できます。

学校でつかわれてるようなテントのパイプをまとめるときとか、紐の強度の許す範囲で重量のあるものをまとめる時にも絶大な効力を発揮します。

これ何結びっていうんだろうか・・・。

やり方だけ知ってて名前がわからんのですが、いろんなところで使える技なのでぜひ試してみてくださいね。

ほかにもポリ袋の便利な結び方や、レジ袋をあっというまに結ぶ結び方なども書いてます。
あわせてどうぞ!

あと、ゴミと思って捨てる前にとにかく高く買取ります BUY王(バイキング)みたいな買い取り業者に見積もりをしてもらうと思わぬ収入になるかも。

学校で使った教科書とか参考書を専門に買い取ってくれるところおもちゃやフィギュアを専門的に買い取りしてくれるところなんかもあるので、見積もりしてみるといいかもしれませんね。

捨てるつもりの物がお金に替わったら嬉しいですよね。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!