A4の紙1枚で簡易CDケースを作る方法

人にデータを渡す時に、USBメモリなんかで貸し借りちゃうと、また会って返してもらう必要があったりして、ちょっとめんどくさいことがありますよね。


そんなときは安いCD-Rにデータを焼いてあげてしまった方が楽だったりします。

こういうたくさん入ったCD-Rを買うと安くていいんですが・・・

これを人に渡す時に「ケース」の用意を別にしないといけないのが困るんですよね。

プラスチックのケースを大量に持っておくのもかさばるし、結構高いのでちょっと損した気分にもなります。

そこで、A4のコピー用紙1枚あれば簡単なCDのケースがつくれるという技を紹介。

A4コピー用紙をCDのケースにする折り方

用意するもの

  • CD-R
  • コピー用紙1枚(A4サイズの紙なら何でも可)

以上。
1.CD-Rとコピー用紙を用意します。

2.下の写真のように配置します。

CD-Rの半分を紙の上にのせておきます。

▼穴がちょうど紙の半分の位置にくるように置いていてください。

3.CDーRの幅に合わせて上下を折ります。

▼ここで上下をCDの幅ピッタリに折っておくと後でCDがガサガサうごきません。

▼上側も折りましょう。

4.CD-Rと紙を一緒に右方向へ折り返します。

▼CDが滑って折りにくい場合はCDの半径ぶんの位置で紙だけ折り返します。

5.右側の角を三角形に折り返します。

6.先ほど作ったCDと紙の隙間に差し込みます。

7.完成!!

ピッタリとおさまってCDが中で動いたりしません。

8.絵やメッセージが書ける!

仕上がり位置に画像や文字を印刷しておけば簡易のジャケットも作れますね。

メッセージや要件もこの紙のCDケースなら直接書き込んで人に渡すことができます。

▼手書きジャケットにしても味がある。

特別な用意なしですぐに作れちゃうこのCDケース。

最初からこのために設計されたんじゃないかというぐらいピッタリおさまって気持ちがいいです。

人にあげる時にも抵抗なくあげれるし、もらった方も気を使わなくていいという、そこら辺も非常によくできたシステム。

ぼくはフットバッグの試合に音源を提出するためにCDを持って行く時や、写真データなどを人にあげるときにこのケースを多用しています。

覚えておくとどこかで役にたつはず。

こちらの記事も役に立つかも!

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!