テントにも使える! 長さと張力を調節できる「張り綱結び」の結び方

ロープを何かに結んで引っ張って固定し、引っ張る力をあとから調整したい時ってよくありますよね?

・・・ないか。

お寺だと行事の時に幕を張ったりする時にロープを結びつけたりすることがあるんですが、結び方を知らないと幕がたるんだりして非常に効率が悪いのです。

そんな時に覚えておきたい張り綱結び

この結び方は一方を何かに固定し、その間の張力をあとから変えることができるという優れた結び方です。

テントを張ったり、物を上から吊したあと長さを調節したりする時に覚えておいたら便利かもしれません。

結び方が悪いと強度が弱くなるのでしっかりと覚えて、結び目をきちんと締めてつかってくださいね。

▼こういう自在金具があれば長さを変えることが話が早いのですが、張り綱結びの結び方を知ってればロープだけでも同じような効果をもたせることができます。

張り綱結びの結び方

1.ロープを固定先にひっかけます。

2.適当な位置で下の写真のように通します。

3.普通の結び方をくるくるっと2回通す感じですね。

4.2回まわしたら写真左の方へロープを持っていきます。

5.下の写真のように通します。

▼締めていくとこんな感じに。

6.張り綱結び完成!!

▼この時点でがっちりと結び目をしっかり締めておきましょう。

張り綱結びの構造

▼やってみてもらったらわかると思うのですが、下の写真のように赤いまっすぐの紐に結び目が巻き付いているような構造をしています。

こういう構造なので、結び目を手で押さえてスライドさせると長さの調節ができるわけですね。

▼右側の固定している側に近づけると張力が弱まり、

▼固定している所から離すと張力が高まります。

ほどくことも簡単で、結んだあとに長さ調節できるので非常に使い勝手のいい結び方ですね。

輪になっている方に1回普通に結んでから張り綱結びをするやり方もあって、長さ調整がちょっとしづらいですがそちらの方が強度は高くなります。

ロープを張る強度によって使い分けたらいいかもしれませんね。

覚えておいたらどこかで役にたつ・・・かも。

巻き結びを簡単に作る方法も役に立ちますよ!
あわせてどうぞ!

雑誌やも棒をまとめて縛れる「巻き結び」を誰でも簡単に作る方法

他にも便利技を紹介しているので下のリンクもあわせてどうぞ!

など便利技をいろいろ書いてあるので、カテゴリー内他の記事も良かったらどうぞお目通しくださいね。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!