cafe la taupe カフェ・ラ・トープ アンティークソファでゆったり過ごせるカフェ

フランス語でモグラを意味するラ・トープ。

以前は丸亀の城北小学校の近く、美容室の地下空間にカフェ・ラ・トープがありました。

モグラという名前がぴったりの隠れ家的なおしゃれなお店でしたね。

▼5年前に店舗は現在の場所に移転しましたがお店の名前は変わらずカフェ・ラ・トープ。

ただ、今は地上にお店があります。

甘平

カフェ・ラ・トープの店内

ドラマに出てくる昭和の喫茶店のような雰囲気。

店内にはジャズが流れ、一昔前にタイムスリップしたような気になります。

▼写真では結構明るくうつっていますが、お店の実際の雰囲気はもう少し落ち着いた雰囲気なのです。

▼「調度品」という言葉がすごく似合う、レトロな小物とソファが並んでいます。

▼なんか小説とか読みたくなる雰囲気ですね。

▼2人がけでゆっくりできるソファもあります。

▼窓際の席は古いレースのカーテンから入ってくる明かりが優しく、すごく落ちつきますね。

このインテリアのセンスを見るだけでも勉強になるというか、壁や天井など細部まで世界観が統一されていてすごく心地がいいんです。

カフェ・ラ・トープのメニュー

ランチタイム(11:30〜14:00)は食事メニュー+ドリンクのセットで1000円ぽっきり。

ケーキ付きで1400円、フレンチトースト付きで1600円となります。

ご飯

  • チキンカツにタルタルソース
  • チキンカツに黒酢あん
  • チキンカツカレー(クリームベースのスープカレー)
  • 豚肉とキノコの生姜焼き

パスタ

  • キノコとブロッコリーのクリームスープパスタ

パン

  • 生ハムとチーズのサンドイッチ
  • ポーク照り焼きサンドイッチ
  • オイルサーディンとミニトマトのオーブン焼き(バゲットつき)

セットドリンク

  • コーヒー
  • カフェラテ
  • 紅茶
  • オレンジジュース
  • コーラ
  • 自家製ジンジャエール
  • 柚子ティーソーダ
  • ロイヤルミルクティ

セットスイーツ

  • ベイクドチーズケーキ
  • ガトーショコラ
  • きなこと豆乳のシフォンケーキ
  • フレンチトースト
14:00〜18:00は食事単品1000円になります。

カフェ・ラ・トープのメニューは結構がっつり量があります。

チキンカツにタルタルソース

▼チキンカツにタルタルソースはこのボリューム。

▼表面はサクサクなのに、中はしっとりジューシー。タルタルソースの上にごまがかかっていて香りのアクセントになっています。

キノコとブロッコリーのクリームスープパスタ

そしてこちらがキノコとブロッコリーのクリームスープパスタ。

クリームの味はしっかり濃厚なのにスープがシャバシャバしていてもったり絡んでくる感じではないので、けっこう量も入っているのにあっさり食べられます。

▼中にはエリンギやシメジがたっぷり入っていてキノコ好きには超オススメ。

ランチタイムにはセットドリンクがつけられるので自家製ジンジャエールのホットを注文。

ジンジャーシロップはお店で作っていて、シロップを買って帰ることもできますよ。

▼ミニデザートのパンナコッタもつけてくれます。

このパンナコッタがおいしいんですよ!

なんか最後にちょっとだけ甘いもの欲しいな〜となるところにめっちゃ丁度いい!

▼クリームの甘みとカラメルソースが絶妙です!

カフェ・ラ・トープまとめ

昭和レトロにヨーロピアンな雰囲気が融合したカフェ・ラ・トープ。

独特の世界観がクセになるお店です。

写真や暮らしの雑誌、文学作品など店内はいろんな場所に本があって、ソファでゆっくり読むことができます。

普段自分が選ばない本なんかもこういうところだったら手にとって読みたくなりますよね。

おいしいランチとゆったりした時間。

好きなカフェのひとつです。

▼夕方17時から18時の間はディナー準備のために食事の提供はストップになるとのことです。

お店の情報

cafe la taupe カフェ・ラ・トープ

住所:香川県丸亀市通町28-3
電話:0877-23-3008
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:月曜・第1火曜

▼お店の駐車場が満車の場合は向かい側のコインパーキングに駐めることになります。また少しだけ歩くことになりますが、駅前の地下駐車場は1時間無料です。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!