【無料でサインを作る方法まとめ】手軽におしゃれなデザインを自分で作ってみた

生活をスムーズにするテクニック

誰しも一度は「自分のサイン」を作ってみた経験がありますよね?

印鑑文化の日本では実生活でサインを使うことは少ないかもしれませんが、海外のビジネスマンはサインが基本。

日常的にサインを使っているそうです。

日本国内ではクレジットカードのサインを書くのが1番多い機会でしょうか。

支払いの時にささっとキレイなサインが書けるとかっこいいですよね。

そんなサインを作ってみたいけれど、自分でデザインを考えるといまいちデザインが決まらないことも。

そんな方はひとまず無料でサインを作ってみてもいいかもしれませんね。

この記事ではサインを無料で作る方法をまとめてみました。

無料でサインを作れるジェネレーターを使う

英字での手書き風サインを無料で作るのはジェネレーターを使うのも1つの方法。

オンラインで無料サインを作ることができるサイトとその使い方を2つ紹介します。

1.SIGNATURE GENERATOR

ひとつめはSIGNATURE GENERATORというサイト。

実際にサインを作ってみました。

1.名前の入力とフォントの選択

「Signature Text」の欄に名前を入力して、下のサンプルから好みのフォントを選択してください。

▼「フォントは46種類あります。
無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORの使い方1

2.フォントのサイズや色を選びます。

フォントのサイズ、色、背景色、枠線、イメージをつけるかどうかを決定します。

▼Add Imageというところにチェックを入れるとアイコンが表示されますが、正直に言って使えるようなものはないので「No image」でよいでしょう。

無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORの使い方2

1番下の「Generate Signarure」というボタンを押すとサインが生成されます。

▼色やサイズが気に入らなかったら上の項目を入力し直して再度「Generate Signarure」を押すと何度でも作りなおせます。
無料でサインを作るSIGNATURE GENERATORで作ったサイン

2.MY LIVE SIGNATURE

2つめはMy LIVE SIGNATUREでいうサイト

こちらも実際にサインを作って手順を解説しました。

1.create using our step-by-step wizardを選択

「Start Now」を押すと下のスクショのような画面に入ります。

▼左上にある「create using our step-by-step wizard」というところに入りましょう。
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREのスタート画面

2.名前を入力

▼名前を入力します。(日本語は使用不可です。)
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREで名前入力

3.フォントを選択

▼フォントは120種類ありますので好きなものを選びましょう。
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREでフォントを選択

▼手書き風の#39を選択してみました。
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREで選んだフォント

4.画像サイズを選択

▼次の画面で画像サイズを選びます。
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREでサインのサイズを決定

小さいものを選んでしまうと、拡大したときに線がガタガタになります。

大きいものにしておいた方が解像度が高いのでおすすめです。

実際に画像として使う時に縮小して使う方が使い勝手がいいですね。

5.傾き具合を選択

▼文字の傾き具合を決めます。(これはお好みでどうぞ。)
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREでサインの傾きを決定

6.サインのカラーを決める

最後に背景色と文字の色を決めます。

色のコードを入力するか、カラーピッカーから選んで好みの色に仕上げてください。

無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREでカラーを設定

7.サイン完成!

▼赤い矢印で示した「CLICK HERE TO DOWNLOAD YOUR SIGNATURE」を押して画像をダウンロードしましょう。
無料でサインを作るMY LIVE SIGNATUREのダウンロードボタン

これでファイルをダウンロードすると作成したサインが画像として使えます。

いろいろ試してみたい人はひとつめのSIGNATURE GENERATORが作りやすいですね。

サインに角度をつけたい方は2つめに紹介したMy LIVE SIGNATUREがオススメです。

無料フォントを使う

無料のフォントを使ってデザインしてみるのもひとつの方法です。

googleフォント

googleフォントからサインっぽいものを選んでみました。

googleフォントはwebサイトに読み込んで使うものですが、「Type here to preview text」という項目に文字を入力してどんな表示になるのかを試すことができます。

Sacramentoで作成

Sacramentoで作ったサイン

Lovers Quarrel
Lovers Quarrelで作ったサイン

Princess Sofia
Princess Sofiaで作ったサイン

サイドバーにある「Category」の中から「Handwriting」にチェックマークをつけると手書きっぽいフォントが検索できます。

いくつか試しに作ってみましたが、サインというよりはロゴ的な感じですかね。

無料フリーフォント

無料のフリーフォントを紹介したサイトhttps://www.dafont.com/で無料フォントを探せます。

このサイト内でHandwritingというカテゴリーを検索するとサイン作りに役立ちそうなフォントを比較することができます。

たくさんいいフォントがありますが中でもサインに使えそうな2つのフォントを紹介しておきます。

Signerica

Signericaというフォントはかなり崩した筆記体という感じです。
Signericaで作ったサイン

Autograf

Autografが1番サイン的なフォントかもしれません。
Autografで作ったサイン

用途に応じて適したフォントを探してみてください。

サインを無料で作る方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

できあがったサインをそのまま使ってもいいし、自分でこれにアレンジを加えてもいいですね。

ただ、やはり無料で作れるのは結局「フォントの組み合わせで作る」というレベルまでになります。

確かにキレイですが、定形の文字の組み合わせなのでオリジナル感が薄くおもしろみは少なくなりがち。

▼Signature Generatorで作ったもの

Signature Generatorで作ったサイン

▼My Live SIGNATUREで作ったもの
My Live SIGNATUREで作ったサイン

一瞬それなりに見えますが、実際にサインを使う時には手書きで書きます。

フォントで作られたサインは実際に手書きすると非常に書きにくいんですよね。

オリジナル感も薄いので、はっきり言って無料でいいデザインのサインを作るのは限界があります

やはり有料でオリジナルなサインを作った方がデザインもすぐれていますし、なにより1点ものという愛着が違いますよ。

ぼくは日本語でのサインですが実際に署名ドットコムでサインを作ってもらいました

手書きするときの運筆がしっかり考えられているため、書きやすくデザインもきれいです。

無料で作ったものや、自分で考えたデザインとはやはり違うなと納得。

一生使えるものですからプロに作ってもらう方がかっこいいものになりますよ

無料でサインを作ってみて、イマイチだな〜と思った方は検討してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい