楽天カードで投資信託を買って毎月500ポイントをためる方法

楽天資産運用

2018年10月から楽天証券では投資信託の積み立てを楽天カードで支払うことができるようになりました。

現金で投資信託を買っても何もおまけはもらえませんが、楽天カードで買うと100円で1ポイントの楽天ポイントがもらえます

この超低金利の時代に確実に1%増え、さらに運用利益を得ることができるなんてすごいことですよね。

今日は楽天カードで投資信託を買う方法を紹介します。

お得すぎるので上限・条件があります。

楽天カードで投資信託を買う方法はあまりにも好条件すぎるので上限が決められています。

楽天カードで投資信託を積み立てできる条件
  • 設定可能な上限金額は月に50,000円まで
  • 特定口座・一般口座・つみたてNISA・NISAで使用可能

上限の月50,000円を積み立てると毎月500ポイントが確実にもらえます

年間で考えると6,000ポイントももらえるので、かなり大きなメリットがありますね。

現金決済なら50,000円支払って50,000円分の投資信託になるだけ。

らくてんんかー決済なら50,000円支払って50,000円分の投資信託+500円になります。

正直、個人的には上限まで設定しておく以外考えられないというぐらいお得な方法です。

購入した投資信託は換金可能

50,000円分の投資信託はあたり前ですが50,000円の価値があります。

換金手数料のかからない投資信託を買っておいて、売却注文すれば数日でほぼそのまま現金にもどります。

投資信託は長期保有が基本ですが、必要に応じて現金にもどしましょう。

※銘柄選び、購入はあくまでも自己責任でお願いいたします。

楽天カードで投資信託を買って毎月500ポイントをためる方法

1.まずは楽天証券の口座と楽天カードを用意

この方法は楽天証券の口座楽天カードが必要です。

まだお持ちでない方は先に楽天証券の口座と楽天カードを作っておきましょう。

確定申告がややこしくてわからないという方は特定口座・源泉徴収ありの口座を開設しておきましょう。

楽天カードは入会費も年会費も無料です。

口座もカードも持っていても何も損しませんし、入会時するだけでポイントがもらえるのでそのもらったポイントをさっそく投資にまわすことができます。

2.楽天証券へログイン

楽天証券にログインします。

楽天ポイントをためている楽天市場のアカウントとも連携しておきましょう。

3.投資信託の積立注文をする

▼上のメニューバーから「投資信託>積立注文」を選択します。

4.銘柄を選ぶ

購入する投資信託を選びましょう。

▼よくわからない方はランキングを参考にすることもできます。

買い付け手数料が無料のものや、信託報酬の少ないものを選ぶといいですね。

5.引落方法に楽天カードを選択

投資信託を購入する時の引落口座を指定するときに楽天カードクレジット決済を選択します。

▼引落方法を「楽天カード決済」を選択します。

クレジットカードでの支払い上限が表示されるので、確認して金額を入力します。

1銘柄で50,000円分買うこともできますし、長期保有して運用するなら数銘柄に分けて購入することもできます。(すでに10000円×2銘柄設定しているので、可能額が30,000円になっています。)

▼いくつかの銘柄を購入している場合、残りの設定可能額が表示されます。

6.楽天ポイントは支払いに使わない

楽天ポイントを使って投資信託を購入することもできますが、この楽天カードで買うときは使わない方がお得です。

楽天ポイントを使わない方がよい理由
  1. ポイント利用を設定すると、その月の最初の注文から順に指定したポイントが使われる。
  2. 楽天カードでの積立購入は毎月1日に発注
  3. ポイントが先に使われる可能性が高くなるため、クレジットでの決済額が減る。
  4. クレジット決済でもらえる楽天ポイントが減る。

50,000円全額を楽天カードから引き落としにすることでもらえる楽天ポイントが無駄になりません。

▼ということで、このように積立でのポイント利用はしないという設定にしておきましょう。

▼積立注文のポイント利用をしない設定は全体に適応される設定ですので、PC画面のサイドバーもこのように表示されていたらOKです。

 

7.目論見書を読んで注文完了

あとは銘柄の目論見書をよく読んで、暗証番号を入力して注文完了です。

楽天カードで投資信託を買う方法まとめ

楽天カード楽天証券の仕組みを利用すればほぼノーリスクで年間6,000ポイントもらえることになります。

1回設定すれば、何もせずに毎月50,000円が50,500円になるってすごいことですよね。

もらったポイントは買い物に使うこともできますが、おすすめは再投資です。

クレジット支払いでもらったポイントも投資信託の購入にまわせば現金化できることになります。

楽天ポイントを使って投資信託を購入する方法もまとめているので、こちらもあわせるとさらに効率がアップしますよ。

また、もうひとつ裏技的な方法で積み立てをする方法があります。

楽天銀行楽天証券つみたてNISAを組み合わせることで最低月2,000円で60ポイントもらえる積み立て方法も紹介していますよ。









自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事