自動車保険だけでロードサービスは大丈夫?JAFとあわせて万全の備えを!

生活をスムーズにするテクニック

こんにちは、お坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

車の運転中には思わぬ車の故障やトラブルが起こることがあります。

そんなときに助けてもらえるのがロードサービス

今までロードサービスを利用したことはありませんが、自分の自動車保険を見直した時に改めて調べてみると保険付帯のロードサービスだけでは備えが万全ではないことがわかりました。

「保険にロードサービスがついているから大丈夫」と車のトラブルは保険屋さんに言えば全部OK!だといつの間にか勘違いしていたんですね。

トラブルの状況によっては保険の付帯サービスでは有償だったり、対応してなかったりするものも。

そこで、車両のトラブルに対しての備えを万全にするためにJAFに入会することにしました。

自動車保険に入っている方はこの機会にいま一度ご自身の保険を確認してみてくださいね。

この記事では自動車保険のロードサービスとJAFについて紹介します!

自動車保険付帯のロードサービス

契約にもよりますが、自動車保険にはロードサービスがついています。

起こりうる車両トラブルには広く対応しているので、ひとまずは安心できるのですが保険会社によって対応してくれる内容は違います。

主要な保険会社のロードサービスを一覧表にしてみました。

入っている保険があればチェックしてみてくださいね。(表は横にスライドします。)

保険会社部品代・消耗品代牽引・搬送バッテリー上がり燃料切れ(ガソリン・軽油)燃料切れ時の燃料代無料サービスキーとじ込みパンク時のスペアタイヤ交換パンク応急修理タイヤチェーンの着脱雪道・ぬかるみ等(スタック)からの引上自然災害に起因した事故・故障
あいおいニッセイ同和損害保険自己負担30万円限度1保険年度に1回1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
AIG損害保険油脂類のみ3,000円まで補償30万まで無料1保険年度に1回1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
共栄火災海上保険自己負担15万円まで無料対象対象1保険年度に1回対象対象一部対象(備え付け修理キットによる応急修理は無料)×対象外対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
JA共済自己負担100kmまで対象対象対象対象対象×対象外×対象外対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
セゾン自動車火災保険自己負担15万円まで無料対象1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
全国自動車共済協同組合連合会自己負担15万円まで無料1共済年度に3回1共済年度に1回1共済年度に1回対象対象×対象外(備え付け修理キットによる応急修理は無料)×対象外雪対応タイヤやチェーン装着での雪道のみ一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
損害保険ジャパン日本興亜自己負担15万円まで無料対象1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
大同火災海上保険自己負担15万円まで無料対象対象1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
東京海上日動火災保険自己負担15万円まで無料対象対象保険期間中に1回対象対象×対象外×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
日新火災海上保険自己負担50万円まで無料回数制限無し1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外対象(道路上)一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
三井住友海上火災保険自己負担30万円限度1保険年度に1回1保険年度に1回1保険年度に1回対象対象×対象外(備え付け修理キットによる応急修理は無料)×対象外×対象外一部対象(地震・噴火・津波は対象外)
三井ダイレクト損害保険自己負担50kmまで無料1保険年度に1回対象1保険年度に1回対象対象×対象外×対象外雪対応タイヤやチェーン装着での雪道のみ一部対象(地震・噴火・津波は対象外)

保険のロードサービスですから、大体何でも大丈夫と思っていたら対象外となっているものが意外と多いことに驚きました。

自動車保険付帯のロードサービスでカバーできないトラブル

多くの自動車保険のロードサービスで対応できないケースがあります。

それがこちら。

保険のロードサービスで対応できないケース
  • パンクの修理
  • タイヤのチェーン着脱
  • 雪道やぬかるみでのスタックからのひきあげ
  • 自然災害(地震・噴火・津波)が起因の事故や故障

パンクの修理

不運にもタイヤがパンクしてしまった時に保険のロードサービスではパンク修理はしてもらえません。

パンクの時にはパンク応急処置キットを使うスペアタイヤへの交換を行うことになります。

※後述しますがJAFならその場で本格的な修理が可能です。

パンク応急処置キット

▼車載されているパンク応急処置キット

応急処置キットでできることはあくまでも応急処置

走れるようになったらすぐに新品タイヤに交換する必要があります。

応急処置キットにはデメリットがあって、応急処置キットを使ったタイヤは中にベトベトの薬剤が入るので、パンクを修理して再度使うことができなくなります

修理すればまだまだ使えるタイヤの場合も絶対に買い換えになるので逆に出費がかさむことも。

パンクの程度によっては応急処置キットを使わずレッカー移動してパンク修理の方があとあと良い場合もあります。

また、応急処置キットは使用期限があります。

▼何年も確認していない方はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

タイヤのバーストや裂けたパンク、2本以上のパンクは応急処置キットでは対応できませんので強制的にレッカー移動することになります。

スペアタイヤに交換

保険のロードサービスではスペアタイヤに交換は対応となっているところがほとんどです。

しかし、今の車にはスペアタイヤをのせていない車も多くなっていますね。

保険のロードサービスでは本格的なパンク修理はしてもらえませんので前述の応急処置キットを使うことになりますが、キットで修理できない場合はレッカー移動になります。

タイヤのチェーン着脱

雪になれてない地域の場合、突然降った大雪は大変な混乱を招きます。

どうしても車に乗らないといけない場合、雪道ではチェーンを取り付ける必要があります。

免許取得の時には全員習ったはずですが、数年ぶりのチェーンの着脱となると不安になりますよね。

保険のロードサービスにはチェーン着脱は含まれていません。

雪道やぬかるみからの引き上げ

雪やぬかるみでタイヤが空回りして動けなくなった場合、多くの保険で対応できません

例えば、東京海上日動の約款にはこのように書かれています。

7.ロードアシストを提供できない場合等

(1)③雪道や砂浜、ぬかるみ等でスリップして抜け出せない状態であり事故や故障、車両事態に生じたトラブルに該当しない場合

(2)②海岸、農地、原野、河川敷、港湾施設、造成地、工場跡地等、通常の自動車走行に不適な場所でご契約のお車を使用し、事故や故障が発生した場合

引用:東京海上日動

車自体が壊れていない状態で、ぬかるみや雪、砂浜などで動けないというのは救出してもらえません。

アウトドアの遊びに行って動けなくなった場合は保険では対応してもらえないことを覚えておきましょう。

自然災害が原因の事故や故障

自然災害が原因で起こった事故や故障も保険会社のサービスでは救出は難しいようです。

車両保険に入っていれば車両に対する金銭的な保障はあっても、ロードサービスとしてきてもらえることはないということですね。

災害の場合は同時に多くの方が困ることになるので、JAFに要請してもすぐに来てもらえるかどうかはわかりませんが・・・。

JAFに加入するとロードサービスがランクアップ

保険のロードサービスでは対応してもらえない場面があるのですが、保険+JAFに加入すると以下のように保証が変わります。

保険会社部品代・消耗品代牽引・搬送バッテリー上がり燃料切れ(ガソリン・軽油)燃料切れ時の燃料代無料サービスキーの閉じ込みパンク時のスペアタイヤ交換パンク応急修理タイヤチェーンの着脱雪道・ぬかるみ等(スタック)からの引上自然災害に起因した事故・故障
あいおいニッセイ同和損害保険自己負担→4,000円まで
あいおいニッセイ同和損保が負担
30万円限度→JAF会員無料範囲を除く30万円限度1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
AIG損害保険油脂類のみ3,000円まで補償→作業料金を5,000円まで
AIG損害保険が負担
30万まで無料→JAF会員無料範囲を除く30万円限度1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→2回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
共栄火災海上保険自己負担15万円まで無料→最寄りの修理工場まで無料対象対象1保険年度に1回対象対象一部対象(備え付け修理キットによる応急修理は無料)→〇対象×対象外→〇対象対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
JA共済自己負担→作業料金を5,000円まで
JA共済が負担
100kmまで→115kmまで無料対象対象対象対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
セゾン自動車火災保険自己負担→4,000円まで
セゾン自動車火災保険が費用負担
15万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く15万円限度対象1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→2回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
全国自動車共済協同組合連合会自己負担→7,000円まで
契約の組合が費用負担
15万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く15万円限度1共済年度に3回→回数制限なし1共済年度に1回→回数制限なし1共済年度に1回→2回対象対象×対象外(備え付け修理キットによる応急修理は無料)→〇対象×対象外→〇対象雪対応タイヤやチェーン装着での雪道のみ→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
損害保険ジャパン日本興亜自己負担→4,000円まで
損保ジャパン日本興亜が
費用負担
15万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く15万円限度対象1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→2回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
大同火災海上保険自己負担→大同火災15万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く15万円限度対象対象1保険年度に1回→2回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
東京海上日動火災保険自己負担→保険期間中に1回東京海上日動が4,000円まで負担15万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く15万円限度対象対象保険期間中に1回→2回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
日新火災海上保険自己負担→5,000円まで日新火災が負担50万円まで無料→JAF会員無料範囲を除く50万円限度回数制限無し1保険年度に1回→回数・場所制限なし1保険年度に1回→保険付帯サービスの規定に準ずる対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象対象(道路上)一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
三井住友海上火災保険自己負担→4,000円まで
三井住友海上が負担
30万円限度→JAF会員無料範囲を除く30万円限度1保険年度に1回1保険年度に1回→回数制限なし1保険年度に1回→回数制限なし対象対象×対象外(備え付け修理キットによる応急修理は無料)→〇対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象
三井ダイレクト損害保険自己負担→4,000円まで
三井ダイレクト損保が負担
50kmまで無料→65kmまで無料1保険年度に1回→回数制限なし対象1保険年度に1回対象対象×対象外→〇対象×対象外→〇対象雪対応タイヤやチェーン装着での雪道のみ→〇対象一部対象(地震・噴火・津波は対象外)→〇対象

先ほど書いた保険では対応してもらえないトラブルにもすべて対応してもらえるようになります。

特筆すべきはパンクに関する対応ですね。

応急処置キットを使うと、修理すれば走行可能なタイヤの場合も薬剤の影響で使えなくなってしまいます。

JAFの場合、修理可能なタイヤの状態ならお店のパンク修理と同じサービスが受けられます。(JAF非会員の場合、一般道でパンク応急修理は12,880円かかります。)

レッカー移動→お店で修理となるとかなりの時間がかかって困りますが、その場で修理して出発できたらかなり助かりますよね。

JAFってどうやって入るの?

JAFにはインターネットで入会することができますよ。

JAFの会員になるには入会金2,000円年会費4,000円がかかります。

この年会費を見るとちょっと「うっ・・・高いかも・・・」と思いますよね。

トラブルが起こらなかったら使わなくていいお金なので、もったいないかも・・・と思う気持ちもわかります

しかし1回保険保障外のトラブルが起こった時には、時間的な損失も大きく、金額的にもおそらく4,000円ではすみませんからね。

それに、JAFに入会するメリットはロードサービスだけではないんですよ。

実はJAFに入会すると日本全国のいろんな場所でJAF会員だけの特別優待を受けることができるんです。

上の記事にもまとめていますが、10年以上会員を続けていると人間ドックやがん検診、PET検査などをJAF経由で割引価格で受けることもできます。

また、JAFの入会は支払い方でちょっとお得に入る事ができます。

何年分か一括で払うと入会金が安くなります。

年数入会金会費合計
1年2,000円4,000円6,000円
2年一括払い1,500円8,000円9,500円(500円お得)
3年一括払い1,000円12,000円13,000円(1,000円お得)
5年一括払い020,000円20,000円(2,000円お得)

1年契約であってもクレジットカードで支払えば入会金は500円割引の1,500円になります。

ぼくは楽天カードで5年一括支払い(入会金0円、5年分年会費20,000円)で入会しました。

自動車保険ロードサービスとJAFまとめ

何かトラブルが起こってから対処するよりも、できる準備は事前にしておくのが責任ある大人ですね。

家族や友人など同乗者がいる時にトラブルが起こってオロオロするのも嫌ですしね。

トラブルが起きた時にその場でJAFに入会してJAFを呼んだらOKでしょ!

こんな風に思っているかたもおられる方もいるかもしれませんが、JAFは入会当日にはサービスを受けることができません。

入会翌日以降から有効となりますので、何のトラブルもないこの思い立った時に入っておくのが一番です。

家族が多い方は優待でかなりメリットを受けることができるので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

また、まさか無保険のまま運転している方はおられないとは思いますが、もしそうなら自動車の保険は絶対に入ってください

事故を起こしてから後悔したのでは遅すぎますからね。









関連記事