フットバッグのコツ ダッキング(Ducking)の解説

その他いろいろな動きのコツ

見た目に大きくなるので、すごい技に見えやすいダッキング(Ducking)。

パフォーマンスの時には重宝します。
スポンサーリンク

ダッキング(Ducking)の解説動画

  • 耳の裏ぐらいを通すつもりで頭をフットバッグに寄せていきましょう。あまり頭を振りすぎると視線がぶれます。
  • フットバッグの軌道は少しは山なりになりますが、できるだけまっすぐ上下するような感じで。
  • トーストールからの練習も、同じように耳の後ろぐらいを目安にして、ちゃんと首の後ろを通しましょう。
  • クリッパーからできない人は右トーストール>ダッキング>左トーストールなど(逆に左からスタートも)から練習するのが良いかもしれません。
  • あまり腰を曲げてかがみすぎたり、フットバッグを高くあげようとして体の重心も浮いてしまうと安定しづらいと思います。

フットバッグについてもっと知りたい人は・・・

フットバッグに関する技術的な情報を解説集としてまとめてあります。

体のケアやトレーニング方法なども含め、フットバッグに関する情報はフットバッグのコツ解説集のページをご覧ください。

フットバッグのコツ 初級技アラウンド・ザ・ワールド(Around the world in-dex)の動画解説

2015年12月3日

フットバッグのコツ、アトミックセット(Atomic set)を動画で解説。

2015年11月15日








自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事