フットバッグのコツ ダッキング(Ducking)の解説

見た目に大きくなるので、すごい技に見えやすいダッキング(Ducking)。

パフォーマンスの時には重宝します。
スポンサーリンク

ダッキング(Ducking)の解説動画

  • 耳の裏ぐらいを通すつもりで頭をフットバッグに寄せていきましょう。あまり頭を振りすぎると視線がぶれます。
  • フットバッグの軌道は少しは山なりになりますが、できるだけまっすぐ上下するような感じで。
  • トーストールからの練習も、同じように耳の後ろぐらいを目安にして、ちゃんと首の後ろを通しましょう。
  • クリッパーからできない人は右トーストール>ダッキング>左トーストールなど(逆に左からスタートも)から練習するのが良いかもしれません。
  • あまり腰を曲げてかがみすぎたり、フットバッグを高くあげようとして体の重心も浮いてしまうと安定しづらいと思います。

フットバッグについてもっと知りたい人は・・・

フットバッグに関する技術的な情報を解説集としてまとめてあります。

体のケアやトレーニング方法なども含め、フットバッグに関する情報はフットバッグのコツ解説集のページをご覧ください。

フットバッグのコツ 初級技アラウンド・ザ・ワールド(Around the world in-dex)の動画解説

2015.12.03

フットバッグのコツ、アトミックセット(Atomic set)を動画で解説。

2015.11.15

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!