kono(コーノ)式ドリップコーヒーのいれ方。家でもおいしいコーヒーを。

ファルコンコーヒーで教えて頂いたコーヒーの入れ方、kono(コーノ)式でコーヒーをいれてみました。

プシプシーナ珈琲でもこのコーノ式でコーヒーをいれてくれます。

同じ豆でもドリップの仕方がちがうと飲み口が全然違うのです。

kono(コーノ)式ドリップコーヒー

用意するもの

  • kono(コーノ)式ドリッパー
  • kono(コーノ)式ペーパーフィルター
  • コーヒー豆
  • ナイスカットミル(直前に挽いたら断然味が違うのでこの記事もどうぞ!)
  • ドリップポット
  • カップ

1.ペーパーフィルターを用意します。

2.ペーパーを閉じてある部分に沿って折り返します。

3.角の部分が飛び出ないように折り返します。

4.ドリッパーにセット。

5.スポッ!

6.豆を用意します。

1杯あたり12gということで、目安を知るため(ブログのためにも)今回は計量。

7.それをミルで挽きます。

名機ナイスカットミル、これを買うべき!毎日コーヒーを飲む人には絶対オススメ、美味しいコーヒーに大事なのはミルだ!!

2015.11.07

ドリッパーにいれて平らにならします。ペーパーが浮かないようにちょっと端を押さえたりしましょう。

先にペーパーだけの状態でお湯を注いで湯通しするやり方もあるようです。
ペーパーの紙臭さをとる意味があるようなので、お好みでどうぞ。この記事では割愛しています。

8.お湯の温度は85℃〜90℃。沸騰したてのお湯は温度が高すぎます。
少し差し水、もしくは放置して温度を下げてから使いましょう。

コーヒー豆の中心に向かってぽたぽたと落としていきます。

9.ポタポタですよ〜!どばーといってはいけません。
中心を通り、最初に落ちる数滴が一番コーヒーのうまみが溶け出て凝縮された部分だそう。

10.新鮮な豆だったらこのように真ん中がふくれていき、周辺にもお湯が染み渡っていきます。

11.ふっくら。

12.だんだんお湯を注ぐ範囲を広げていきますが、ペーパーとのギリギリ外周部にはお湯は注がないように!

コーヒーの粉の層を通らずにお湯が下に落ちてしまいます。

13.最後にどわ〜っと多めにお湯を注ぎ、アクの泡を浮かせます。

14.ドリッパー内にお湯が残った状態でカップから外します。

15.ドリップ完了!

お湯を注ぎ始めて2分30秒ぐらいからコーヒー全体の成分がではじめて、3分30秒〜4分以内に注ぎ終わること。

16.少しかき混ぜて、温度が低ければ少し加熱して頂きます。

普段はマグカップで飲んでいますが、色味がわかるように透明のカップを使いました。

今回はコーヒーが浅めの焙煎ということもあって、見た目にも濁りが少なく赤い透明なコーヒーが入りました。

kono(コーノ)式で使う道具をお求めの方へ

コーノ式に限らず、ハンドドリップでコーヒーをいれようと思ったら、注ぎ口が細くなったヤカンは必須アイテムです。

コーヒードリップケトル

コーノ式ドリッパー

コーノ式ペーパーフィルター

道具一式セット

また、おいしいコーヒーには水の品質も大切です。

クセのないコーヒーに適した温度のお湯がすぐ出せるクリクラのウォーターサーバー(無料で試せます。)も記事にまとめましたのでこちらもあわせてどうぞ!

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!