みかんの新品種「甘平(かんぺい)」の衝撃的なうまさ!みかん王国愛媛が本気を出した品種!

いや〜ぼくも初めて食べた時には衝撃をうけました。

今まで数々の柑橘類を食べてきましたが、自分の中のみかんカテゴリーの第1位

まだまだ有名じゃなくて広くは知られてないけど、ぜひ一度食べてみて欲しい一品「甘平」を紹介致します!

甘平(かんぺい)とは

「甘平(かんぺい)」は「西之香(にしのかおり)」と「ポンカン」を掛け合わせてできた2007年に品種登録されたばかりのまだまだ新しい品種。

▼まだ愛媛県だけでしか栽培されていないし、生産量も少ないため全国的にはまだまだ知名度が低いと思われます。

▼「甘平」と書いて「かんぺい」と読みます。

▼見た目は何の変哲もないんですが、こいつが秘めた実力がヤバイんですよ!

甘平(かんぺい)の3つの特徴

1.甘平(かんぺい)は外皮が薄く向きやすい

サイズは普通のミカンよりふたまわりぐらい大きいです。(写真ではちょっと差が少ないですが、手に持ったらまあまあ大きなサイズです。)

▼左が甘平、右がよくある普通のみかん。

この甘平、大きめのオレンジぐらいのサイズがあるのですが、外側の皮がとにかく薄いのです。

ネーブルやグレープフルーツなんかは素手では外皮をむきにくいですよね。

▼この甘平は簡単に皮をむくことができ、食べるときの手間が非常に少ないのです。

包丁で輪切りにカットしたところです。

▼むちゃくちゃジューシーな果肉が実のぎりぎりのところまで詰まってます。

2.甘平(かんぺい)は薄皮がむちゃくちゃ薄い!

外皮をむいで実をわける瞬間です。

▼実を引きはがすときに破けてしまうくらい中の白い皮が薄く、種もほとんどありません

「いよかん」とか「はっさく」などはこの薄皮をむいて食べないと口に残りますよね。

▼この「甘平」は薄皮の存在をほとんど感じさせず、そのままぱくぱく食べられます

3.甘平(かんぺい)は果肉の粒がでかい!そして果汁がつまってぷるんぷるん!

どうですか、このぷるんぷるん感!!

▼果肉の粒だちが大きくて、なおかつ果汁が詰まっていてハリがあります。

▼さくさくっとした食感と、一口かんだときに果汁があふれる、2つの矛盾した食感が両立されているのです!!

▼そして種もないから、めちゃくちゃ食べやすい!

▼この「なんや、ふつうのみかんやん。」っていう見た目なのに、皮をむくときに「剥きやすいッ!なんだこれは〜!」ってなって、食べて「なんじゃこりゃ〜むちゃくちゃうまいやんけ〜〜っ!!」ってなるギャップがたまらんのです。

甘平(かんぺい)まとめ

本当に初めて食べたときは衝撃を受けました。

おいしくても食べるのに手間がかかる果物は敬遠する人も多いですが、甘平(かんぺい)は皮もむきやすくとても食べやすいのです。

そして「はっさく的さくさく感」「ネーブルやデコポン的な甘みとジューシー感」を兼ね備えていてめちゃくちゃうまいんですわ。

愛媛県、ほんとどえらいものを開発してしまいましたね・・・。

ほんともっと生産量が増えて、安く出回るようになってくれたらなぁと切に願います。

シーズンの時には1回はなんとかして食べたい、これぞという一品。

これを贈答に使ってたら「この人良い物を知ってるなぁ〜。」と思われること請け合い。

自分用に買うときは「訳あり品(見た目にキズあり)」を買いますが、味はなにも問題ありません。

贈り物には贈答用の綺麗なものを、自分用は訳あり品で試してみてはいかがですか?

2月末など時期が遅くなると水分が抜けてちょっとパスパスしてくるので早めに注文するのがいいですよ!

amazonや楽天以外にも、のま果樹園さんでも購入可能ですよ!

甘平はもちろん、ほかにもおいしそうな柑橘類がたくさん!!

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!