【Youtube】人間関係をスムーズにする〜仏教的交渉術〜

手軽にT字カミソリの切れ味を復活させる技!100均グッズで研いでひげ剃りを効率的に!

こんにちは、お坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

身だしなみとは言え、毎日ヒゲを剃るのって結構めんどくさい

しかも、切れないカミソリを使っていると時間もかかるし、肌を痛める原因にもなります。

できるだけスムーズに剃るために鈍くなったT字カミソリを復活させる技を使って気持ち良くヒゲを剃りましょう!

カミソリの復活技を見る前に

この記事で紹介しているのはあくまでも刃の寿命を簡易的に伸ばすだけなので、やはり新品の刃を使う方がよりよいのは正直なところ

かといって切れ味の良い5枚刃のカミソリの替刃は高いんですよね。

そこでオススメしたいのがガレイド・シェービング・メンバー(カミソリ定期便)

月500円からはじめられて、新品のカミソリ替刃が定期的にポストに届くサービスです。

替刃を買いに行く手間もなくなるし、いつも切れ味のよい替刃でひげが剃れるんですよ。

  • 電動シェーバーは嫌い
  • 5枚刃を安く使いたい
  • 替刃は高いのでなるべく交換せず使っている
  • 買い換える時どこのメーカのどの機種の替刃なのか忘れる
  • いつも切れ味の良いひげ剃りを使いたい
  • めんどくさいのは嫌

このあたりが当てはまるならぜひ一度チェックしてみてください。

オススメプランは月666円のプレミアムプランです。

5枚場の替刃1枚あたり166円ですから、年間8,000円程度で毎週新品の5枚刃カミソリが使えるのでお得です。(Shickもジレットも5枚刃は1枚あたり300円〜400円ほどしますので。)


ガレイドを実際に試してみたのでこちらもチェック!

T字カミソリの切れ味が落ちる原因

「切れ味が落ちる」というのは刃の先が丸くなっているもんだとばかり思っていましたが、原因はそれだけじゃないそう。

実はカミソリの刃先についたヒゲやゴミや皮脂も大きな原因です。

水道の水でじゃ〜っと流したぐらいではなかなかゴミや皮脂はとれません、

カミソリの刃自体はまだまだ使える状態でも、ゴミや皮脂がだんだん刃先に溜まって切れ味が落ちていくので、このゴミや皮脂を取って切れ味を復活させよう!ということなのです。

T字カミソリの切れ味を復活させる方法

▼まずは使ってるうちに刃の間や表面にゴミや皮脂が溜まってしまったカミソリを用意しましょう。
使用済みのカミソリ

▼そして、復活に使う道具はこれ。100均で売ってるタンスなどの下に敷く耐震マットです。
100均で売っている耐震マット

▼この青い耐震マットの上でひげを剃る方向と逆の方向にこすりつけます。
カミソリを耐震マットに擦り付ける

▼おっと、そのままではちょっと摩擦が強すぎるのかあまりうまく動きません。
耐震マットに水をつけていない状態

▼少しだけ水で濡らして再度挑戦。何回かカミソリを擦りつけると・・・
水で濡らしてカミソリを押し付ける

▼おお、とれてる!
耐震マットでゴミや皮脂が取れた

あんまり強く押しつけるとスムーサーの部分がとれそうになるので、あくまで表面のゴミを研ぎ落とす感じでやってみてください。

デニム生地を使ってこするのも同じように効果があります。

実際これでカミソリを研いだあとにヒゲを剃ると、「おぉ、思ってたよりも剃れるっ!!」とちょっとした感動があります。

さすがに新品を卸した時と同じ状態ではありませんが、新品を100点として40〜50点ぐらいまで切れ味が落ちてしまった刃が70〜85点ぐらいに回復するという感じでしょうか。

想像していたよりも効果がありまして、これで替え刃の交換するまでの期間を延ばす延命処置ができそうです。

ただ、結局手入れがめんどくさくなるので、ガレイド・シェービング・メンバー(カミソリ定期便)を使うほうが気持ちよくなれるとは思いますね。


こちらの記事もあわせてどうですか?

関連コンテンツ



最後までありがとうございます!ツイートやシェアはこちらをポチっとどうぞ!

カテゴリー