ピーマンの最強レシピ‼︎丸焼きすると果実のような甘さに‼︎

こどもの嫌いな食べ物の代表選手「ピーマン」。

これから夏に向けてたくさんお店にならぶのですが、なかなかこどもが食べてくれないわけです。

今日紹介するのは、その問題をなんとかするレシピ!!

まぁ、ピーマンは苦いよね。

ピーマンが苦手という方はあの「苦み」が嫌だという方が多いのではないでしょうか。

特に大人よりもこどもの方が「苦み」や「酸味」を強く感じやすいということで、このピーマンもこどもたちによく嫌われてますね。

こどもたちが「苦み」や「酸味」を強く感じるのは、「苦み」は「毒」に対する防御反応、「酸味」は食品の「腐敗」に対する防御反応だといわれます。

大人になったら好みが変わったり、ビールやコーヒーの「苦み」においしさを感じるのは成長に応じて体が安全に受け入れられるようになるからでしょう。

おとなの基準でこのぐらいなら「苦くない」と思っても、こどもたちにとっては「苦い、本能的に危険!」と思うのかもしれませんね。

ということで、そんなこどもたちに嫌われがちなピーマンも、今日紹介するような丸焼きにすれば苦みがほぼゼロ!!

うちのこどももこれなら食べます!!

ピーマンの丸焼き

ややこしい調理手順はひとつもありません。

むしろこれができなかったら料理はもう不向きだと思うのでやめた方がいいと思います(笑

用意する物

  • ピーマン
  • オリーブオイル
  • 焼く道具

以上。

1.ピーマンを洗います。

▼特に説明はありません。丸ごと洗うだけです。
ピーマン

2.オリーブオイルをピーマンの表面にかけます。

▼表面全体にオイルがつけばいいので量はたくさんいりません。
オイルかける

▼ポリ袋を使えば洗い物もしなくていいですよね。

外でバーベキューなどするときはこのまま持って行くと準備終了。

▼事前のカットもしなくていいので超楽ちんです。オイルもまんべんなく表面につきます。
ふくろ

3.ピーマンをそのまま丸ごと焼く

あとはこのまま焼くだけです。(袋からは出してくださいよ!)

フライパンでもオーブンでも、トースターでもいいんですが、やっぱり炭火で焼くのがおいしいですよね。

お気に入りのバーベキューグリル、ユニフレームのファイアグリルで焼きます。

▼こいつでピーマンを焼いていきます!

▼表面にオイルがうっすらついているので光沢感があります。

多少焦げるぐらいまで焼いても大丈夫。

▼焦げ目ついたり、全体の色が薄くなってしんなりしてきたら食べ頃。

4.激甘ピーマンの丸焼き完成!!

焼き肉屋さんとかで「焼き野菜」っていうとピーマンがカットされてでてきますよね?

あのピーマンの味とはまっっったくの別物です。

カットせずに丸焼きしただけで、何がそんなに変わるんだと思う方もおられると思うんですが、ちょっと感動するぐらい差があります

ピーマンの水分が保たれてて、一口かむと中から甘い汁がでてきます。そして全然苦みがありません。

おそらく密封状態なので水分が蒸発せず、中から蒸し焼きのような状態になって甘さが増すのでしょう。

▼この食べ方だとヘタの部分以外、タネまで食べられます。
焼き肉のタレでもいいし、ポン酢と鰹節なんかもいい!!

これを知るまで、ピーマンの潜在能力を100%ちゃんと引き出してやれてなかったことが申し訳ない気持ちになるぐらいうまいです。

普通の炒め物だったらこどもはあまりピーマンに手をだしませんが、これは苦みが相当少ないらしく食べてくれます。

準備楽ちん、調理も簡単、めちゃくちゃ美味いと3拍子そろったピーマンの調理法。

ぜひお試しあれ〜。

ユニフレームのファイアグリルが超使いやすい。BBQにはこれだ。

2016.05.06

実際の果実で甘くて超オススメなのが甘平!こちらも人気の記事です!

甘平(かんぺい)の衝撃的なうまさ!みかん王国愛媛が本気を出した品種!

2016.02.08

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!