音声で聴ける【へんもらじお】はこちらから

ユニフレームのファイアグリルをレビュー!肉を焼いた後はたき火もできるよ!!

こんにちは、夏は週1以上のペースでバーベキューをしているへんも(@henmority)です。

これまで3〜4年使っていたバーベキューコンロの底に、ついに穴があいちゃったのでバーベキューコンロを新調しました。

今まで使ってたバーベキューコンロはよくあるこんな感じのものを使ってたんですが、何年か使っているといくつか改善したい点がありました。

バーベキューコンロの改善したかった点
  • 1人が火の番&焼き作業になるので、座って作業したい。
  • 車に乗せやすいサイズがいい。
  • 参加人数が多くても、実際は話をしてたら食べるタイミングはバラバラ。
    そんなに大きな網じゃなくてもいい。炭もたくさん必要になるし・・・。
  • 焼いている途中で炭の補充や火の調整がしやすいものがいい。
  • 灰が捨てやすいものがいい。
  • 錆びにくいものがいい。

みたいなことを考えながら探してたらちょうどいいバーベキューコンロを見つけました。

それがユニフレームのファイアグリル!

実際に使って見るとすごく良かったのでユニフレームのファイアグリルレビューしていきますよ!

ユニフレームのファイアグリル

買う前は「ファイヤーグリル」という名前だと思ってましたが、正式名称は「ファイアグリル」のようです。

これは写真で見た時「これのどこがいいの?」と思ってましたけど、実際使ってみたらむちゃくちゃ良くできてて想像以上の使いやすさでした!

見くびってました、ごめんなさい。

本体も軽いのに安定感も高く、スムーズな使い心地で一発で気に入ってしまいました。

ファイアグリルの構造

▼非常にコンパクトなユニフレームファイアグリル。正方形の枦とその途中の炭を受ける穴のあいた板、脚、網というシンプルな内容。
ユニフレームグリル

収納する時は38cm×38cm×厚み7cmというとてもコンパクトなサイズに収まります。

▼使う時はまず脚を指示に従って4方向に広げます。広げる方向は「→」のシールがついていて指示通りやれば簡単です。
脚

▼上の枦を支える支柱があるのでそれを伸ばします。
脚2

▼広げた脚の上に四角い枦をのせて、その上に炭を受ける中板(ロストル)を納めます。
ロストル

▼ロストルは炉の途中でスポッっととまります。
ロストルセット

▼組み立てた時の全体像がこちら。
完成

▼正規の網のサイズは38cm×38cmです。のせるとこんな感じ。
正規の網

このバーベキューの網を使い終わったあと洗うのって結構手間だと思いませんか?

網にこびりついた油をとるのは時間がかかるし、どこまで汚れをとればいいのか・・・って終わりの見えない作業になりますよね。

そこで最近は100均で売ってるバーキュー網を使っています

正規の網よりちょっとだけ大きい40cm×40cmというこのファイアグリルにピッタリの網が売られているのです。

▼これが100均の網をのせたところ。ひとまわり大きい感じ。
100均の網40×40

正規の網に比べてちょっとふにゃっと頼りないですが、食材を焼くだけならまったく問題ありません。

鍋やフライパンをこの上に置いて何か調理したい、という場合は正規の網を使うのがいいでしょう。

なんせこのファイヤーグリル、このシンプルな構造ながら真上からの荷重は20kgまで耐えられます。

追加でこの頑丈な網を使えば上にダッチオーブンを置いて調理することもできるんですね。

このヘビーロストル、肉もこの上で直接焼くこともできて清掃はこちらの方がしやすそう。

ファイアグリルを実際に使ってみてオススメできるポイント

ファイアグリルのいいところ
  1. 空気の周りがよく火がつきやすい
  2. 座り作業に高さが丁度良い
  3. 炭の補充がしやすい
  4. 焼けたものを待避させるスペースがある

1.ファイアグリルは空気の周りがよく火がつきやすいのでオススメ

▼炭をおく土台になるロストルはステンレス製で頑丈な上、穴開き加工がされているので下からの空気のまわりが良いようです。
炭はロストルの上に

2.ファイアグリルは座り作業に高さが丁度いいのでオススメ

▼網はこのように正方形を45度ずらしたように置きます。地上からの網の高さが33cm程度なのでイスに座って作業するのにはちょうどいい高さ。
網をのせます。

3.ファイアグリルは炭の補充がしやすくオススメ

炭を途中で追加するときも、角の隙間からスムーズに入れることができます
炭を追加するとき

この形状のおかげで、炭の量や位置で火力にムラができてしまった場合も横から火箸で簡単に調節できます。

網の角の部分は熱くないので軍手をして持ち上げればより簡単に作業できますね。

4.焼けた食材を待避させる場所があるのでオススメ

▼ファイアグリルは網が正方形なので、基本は中心が1番火力が強いところになります。
ピーマン

食材に火が通っていくに連れて網の外側に逃がしていくと、強火から保温レベルまで自由自在です!

▼網の角は熱くないので、火がある程度通った食材は網の角に待避させておきましょう。焦がして無駄にしてしまうリスクも低くなります。
ピーマン丸焼き

いや〜良くできてる。

まとめ:ファイアグリルは買って良かった!

このユニフレームのファイヤーグリル、実際使ってみると期待していた以上の使いやすさでした。

バーベキューが終わったらこのファイヤーグリル、焚き火台として使う事ができます。

食べ終わった後、炭火のかわりに木をくべていくとそのまま焚き火をすることができるんですよ。

食後に火を囲んでのんびり話をする時間、プライスレス。

  1. バーベキューで超使いやすい。
  2. バーベキュー→焚き火って流れでも使える。
  3. 使い終わったら四角い炉の部分を取り外して灰を捨てれば片付けも簡単。

使い始めから片付けまでよく考えられてる、スーパーおすすめバーベキューグリルです。

追記2017年7月

▼このファイアグリルを1年ぐらい使ってますが、穴もあかずすごく良い感じです。

このグリルにはあわせてアウトドア用のローテーブルがあるとすごく効率がよくなるのでこちらの記事もあわせてどうぞ!

BBQの時に役立つシンプルで使いやすい道具をまとめてあるのでこちらもあわせてどうぞ!

関連コンテンツ



最後までありがとうございます!ツイートやシェアはこちらをポチっとどうぞ!

カテゴリー