ANKERのソーラーチャージャー21Wをレビュー!!太陽の力でスマホを充電!!

こどものスポーツ少年団の試合とか、何か野外での活動の時。

思いのほか外での滞在時間が長くなってスマホの充電がピンチになることがあります。

河川敷とか運動公園って、電源を確保するのが結構難しいんですよね。

人のモバイルバッテリーを借りるなんてのも気が引けるし・・・・

そんなときは自分で発電して乗り切りましょう!!

ANKER POWERPORT Solar 21W・2ポート

太陽光発電というと、屋根の上や田んぼにパネルを置いたりする大規模なものだけだと思っていませんか?

実はもっと手軽に普段使いできるソーラーパネルがあるのです。

非常時の電源確保にも役立つであろうソーラーチャージャー、それがこちら。

▼箱がシュッとしてておしゃれ!質のいい雰囲気がします。個人的にANKERの製品は信頼度が高いですね。

箱から取り出しましょう。

▼ポリエステルの丈夫な布で包まれたパネルがパタパタと折りたたまれています。アウトドアワゴンにも使われているようながっしりした生地ですね。横28cm×縦16cmほど。

マジックテープで閉じられているのでピラピラ開いたりはしません。

▼バリッとはいで開いてみます。

パタパタと開くと3面分のソーラーパネルがでてきます。

▼このソーラーパネルで発電できちゃうんです。

▼一番右の布地の部分はポケット状になっていて、この中にUSB接続端子が入っています。 

USBを2本指すことができ、発電中は真ん中の赤いランプが点灯します。

▼通常のUSBタイプAと、スマホ用のマイクロUSBのUSBケーブルが同梱されていました。

ANKER POWERPORT Solarを使ってスマホを窓際で充電

家の中の直射日光が当たる場所を探して設置してみました。

太陽の日射熱と紫外線を大幅にカットするLOW-Eガラスの窓の前でも充電可能。

▼室内照明程度の光では反応しませんが、直射日光の入る窓際では充分充電することができます。

日射しが弱くなった時にスマホから電力が逆流するのを防ぐ逆流防止装置もついているので、ほったらかして置いておくのも大丈夫。(参考:http://ccie-go.com/solar-charger-hikaku/)

ソーラーチャージャーをつり下げて発電

▼四隅に金属のリングがついているので、カラビナをつかってテントや木の枝、軒先などにつり下げることができます。

▼イベントや試合会場にあるこんなテントにつり下げておけば、電源もとれるし日陰も増えて一石二鳥です。

Macbook Proタッチバーモデルも充電できましたよ。

4月上旬の晴天時。

車のダッシュボードにこのAnkerのソーラーパネルを広げておいて、USB→USB-Cの変換ケーブルを使ってMacbook proタッチバーモデルに接続。

法事をつとめている間、10時半〜12時ごろまで約1時間半放置してみました。

法事が終わったあと車にもどって確認するとMacbookProのバッテリーは約15%回復。

MacbookProはUSBーCポートを使っての充電なのでソーラーチャージャーでの充電も可能という結果に。

他にもデジカメなんかもUSBから充電できるタイプであれば、旅先でも充電することができますね。

日射しは強いけど、気温が高くない日だったので車内で実験してみました。

夏場は高温になりますので電子機器の取り扱いはご注意を。

自己責任でお願いします。

ソーラーチャージャーを使いこなすアイデア

ソーラーチャージャー+モバイルバッテリーに充電

ソーラーで作った電気を貯めておいたらいろんな場所で使えますよね。

当たり前ですが、ソーラーチャージャーは日光がでている間だけしか役に立たないので、昼間にモバイルバッテリーに電気を貯めておいて併用するってのが現実的です。

iPhone7のバッテリー容量が1960mAh、iPhone7plusが2675mAh。

少なくとも1回はフル充電できるモバイルバッテリーをいくつか選んでみました。

Anker PowerCore+ mini (3350mAh モバイルバッテリー)

容量が3350mAhで重さが141gで2000円を切るという値段も持ち運びも手頃なバッテリー。

1回だけ充電出来れば充分!軽くて持ち運びがしやすいのが第一!という方におすすめですね。

Anker PowerCore 5000

Anker PowerCore+ mini に比べてひとまわり重量と充電容量が大きくなったものがこちら。

iPhoneが2~3回フル充電できます。

こちらの方が値段が100円くらい高いだけなので、60gの重さの差が気にならなければこちらを買ったほうが得でしょうね。

Thinny8800

続いて、もう少し容量が大きくなったもの。

8800mAhということで満充電で3,4回iPhoneを充電することができます。

重量も205gと軽く、持ち運びしやすい重さです。

Anker PowerCore Speed 20000 QC

容量ができるだけ大きいものがいいとおっしゃる方にはこちらがおすすめ。

クイックチャージ機能がついていて、充電しておけば素早く充電することができます。

ソーラーパネル+扇風機

USB接続で動く扇風機なんてものもあります。

ソーラーパネルと扇風機があれば

  • テントの換気内の換気
  • 炭火の火起こし
  • 熱中症対策
  • 洗濯物を乾かす

なんてことに使えそうですね。

ソーラーパネル+保冷庫

USB電力で動く保冷庫なんてのも・・・ほんとに動くんかな??

これについて性能は未確認です(笑

ANKER POWERPORT Solar 21W・2ポートまとめ

これで毎日スマホを充電すれば電気代が安くなるというようなレベルのものではないかもしれませんが、うまく使うとおもしろい道具になりそうです。

災害等でしばらく電気が使えない時にも、自前で発電できるようにしておくと支えになるはず。

しんどい時に手回し発電なんかやってられませんよ。

災害が起こってから用意するのでは間に合わないので、普段の遊びにとりいれながらこういう道具を使い慣れるといいですね。

モバイルバッテリーと高性能ランタンの両方を満たす充電式LEDランタン「UCOテトラ」との併用もオススメです。

もしもの停電に!!UCO充電式LEDランタン「テトラ」で備えよう。

2017.04.18

日常使いはもちろん、スポーツ少年団とか野外の活動とか、非常時とか、1枚持っていれば何か役に立つはず。

その他アウトドア関連のグッズ紹介

いろいろと便利グッズを紹介しているのであわせてどうぞ!

この記事は世の役に立つと思ったらツイート、シェアをよろしくお願い致します!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!