ビジネスを伸ばすオンラインサロン開始!

QUADLOCKのカーマウントでスマホを固定。ワイヤレス充電&ナビとしても使えるよ!

車を運転する時、スマホの置き場って困りませんか?

私ももともとはドリンクホルダーやダッシュボードのコンソールなどに置いて運転していましたが、運転するとガタガタするので収まりが悪いなと感じていました。

そこで、導入したのがQUADLOCKの車用マウントのCAR VENT MOUNTWIRELESS CHARGERのセットです。

結論から紹介すると、マウントにスマホを近づけるだけでマグネットでガチッと固定。

そのまま充電もできるスグレモノ。

QUADLOCKの車用マウントにスマホを取り付けようとしているところ
近づけるだけで・・・
QUADLOCKの車用マウントでスマホを取り付けた状態の写真
ガチャリ!としっかり固定

これでスマホの置き場が決まり、むっちゃストレスフリーになりました。

本記事ではQUADLOCKの車用スマホマウントCAR VENT MOUNTをレビューします!

この記事がオススメの人
  • iPhone 12以降のMagSafe対応モデルを使っている人
  • 車の運転をする人
  • 営業や配送など車の乗り降りが多い人
  • 車で移動中にスマホを充電したい人
  • iPhoneをナビ代わりに使いたい人

QUADLOCK CAR VENT MOUNT カーベントマウント

まず、この車用のマウントを使うために必要なものがQUADLOCKのMagケースです。

このスマホケースとの組み合わせで使える機材ということを前提に話をすすめます。

さて、QUADLOCKの車用のスマホマウントは3種類。

窓に貼り付けるタイプは視界が狭くなりそうだなと思ったので、エアコン吹き出し口に取り付けるタイプ(CAR VENT MOUNT)を選択しました。

QUADLOCKのカーベントマウント外箱

中身はこれだけです。

QUADLOCKのカーベントマウント本体写真

円柱形の部分がエアコン吹き出し口に固定するパーツ、十字のパーツ側にiPhoneを取り付けられるようになっています。

QUADLOCKのMag対応iPhoneケース
このiPhoneケース側の凹みがガチッとはまります

エアコン吹出口側のパーツ

円柱形の部分はネジを回すと、エアコン吹き出し口に引っ掛ける背面のフックのようなパーツが伸び縮みします。

QUADLOCKのカーベントマウントを横からみた写真
QUADLOCKのカーベントマウントのエアコン吹き出し口取付部分の動きを説明する写真1
回すとフックが伸びる
QUADLOCKのカーベントマウントのエアコン吹き出し口取付部分の動きを説明する写真2
ネジを締めるとフックが縮むのでガッチリ固定できます

このパーツの仕組みで、エアコン吹き出し口にガッチリとマウントを固定することができますよ。

QUADLOCKのカーベントマウントのエアコン吹き出し口に取り付けた状態

スマホ固定側のパーツ

QUADLOCKの自転車用マウントと同じように、十字のパーツ部分にスマホを固定します。

QUADLOCKのカーベントマウントのスマホ側アタッチメントの拡大写真

スマホの取付角度も自由に変えられますよ。

ただ、このCAR VENT MOUNT単体だとiPhoneを取り付ける時にねじる動作が必要です。

乗り降りが多くなる時はちょっとめんどくさいですし、標準状態では充電もできません。

そこで、車の場合はもっと快適に使えるように、ワイヤレスチャージャーも合わせて購入することをオススメします。

QUADLOCKワイヤレスチャージャー

カーベントマウントのスマホ取付部分をワイヤレスチャージャーに取り替えることで、ワンタッチでスマホ固定と充電ができるようになります。

QUADLOCK ワイヤレスチャージャーの外箱

ワイヤレスチャージャーの中身はこんな感じ。

QUADLOCK ワイヤレスチャージャーの同梱物
ワイヤレスチャージャーの中身
  • 六角レンチ
  • ネジ
  • チャージャー
  • USB-A – USB-Cのケーブル

ワイヤレスチャージャーの取り付け方

STEP
QUADLOCKのカーベントマウントのスマホアタッチメントを取り外すところ

まず、カーベントマウントのスマホ取付金具を付属の六角レンチで取り外します。

STEP

取り外したところがこんな感じ。

QUADLOCKのカーベントマウントのスマホアタッチメントを取り外した状態
STEP

ここに、ワイヤレスチャージャーを取り付けて、六角レンチで締め直します。

QUADLOCKのカーベントマウントのスマホアタッチメント部分をワイヤレスチャージャーに取り替えた状態
ワイヤレスチャージャーをとりつけ
STEP

ワイヤレスチャージャーにはUSBケーブルを指す端子があります。

QUADLOCK ワイヤレスチャージャーのUSB-C端子拡大写真

ここに充電用ケーブルを指しましょう。

STEP

これで準備OK。

QUADLOCKのカーベントマウントにワイヤレスチャージャーを取付した状態

ワイヤレスチャージャーのヘッド部分には磁石が入っていて、スマホを近づけるだけでガチッと固定することができます。

カーベントマウントを車に取り付ける

QUADLOCKカーベントマウントを車に取付ましょう。

エアコン吹出口にフック部分を引っ掛け、ネジを締めて固定します。

QUADLOCKのカーベントマウントをエアコン吹き出し口に取付している写真

USBケーブルのUSB-A側端子を車のUSBの差し込み口にセットして完了。

車にUSBがついてない場合はシガーソケットをUSBに変換するアダプタを使って接続します。

これでセッティング完了。

QUADLOCKの車用マウントにスマホを取り付けようとしているところ

スマホを近づけるだけで、バチッと固定できます。

QUADLOCKの車用マウントでスマホを取り付けた状態の写真

この状態で車のエンジンを起動すると、iPhoneが充電されます。

移動中に充電ができると効率もいいですね。

まとめ

実際に使ってみて、QUADLOCKのカーマウントは車のスマホの置き場問題を解決する一つの解答だなと思います。

営業の人などの車の乗り降りが多い人には特に使い勝手の良い道具だと思います。

降りるときにパッとスマホをとって、乗るときにはまたパチっとひっつく。

そのまま充電も開始されるのでめっちゃスムーズです。

ハンドルの横に取り付けられるのでナビとして利用できるのも価値が高いんですよね。

音声でSiriを起動すると、声で目的地の入力もできますし、車載ナビよりiPhoneの方が操作性が良いです。

車に乗る機会の多い方、特に乗り降りが多くなる方に特にオススメな道具です。

※運転中のながらスマホ操作は絶対にやめましょう!
安全な使用方法で、また操作するときは車が停止した状態でご利用ください。

ロードバイクや自転車によく乗る方にはQUADLOCKのサイクルマウントもおすすめです。

自転車と車、それぞれにマウントをつけておくとカンタンにスマホを固定できるのでとても便利に使えますよ。

QUADLOCKのサイクルマウントを使ってiPhoneを自転車に固定した写真



最後までありがとうございます!ツイートやシェアはこちらをポチっとどうぞ!