軽くて頑丈なナルゲンボトルは熱湯も凍結もOK!!カラーも豊富で最強の水筒だ!!

アウトドアで使う道具

こんにちは、アスリートお坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

もうぼくが15年以上愛用している水筒、ナルゲンボトルを紹介します。

ナルゲンボトルって見た目はただのプラスチックのボトルなんですよ。

はっきり言って、そんなにいい物には見えません。

でもシンプルだからこそ使い勝手が良く、使った人だけがわかる性能の良さをもっているんです。

ぼくも実際使うまでは何が良いのかさっぱりわかっていませんでしたが、実際に使ってみたらその性能に惚れ込みました!

この記事ではナルゲンボトルについて紹介します!

ナルゲンボトルは超頑丈で高性能な水筒

ナルゲンボトルは言うなればただのプラスチックの水筒なんですけど、その性能がすごいんです。

ざっくり言うと、もれない・強い・熱湯OK・凍らせられるということです。

ナルゲンボトルの特長
  1. 液漏れしない。
  2. 超頑丈。落としても割れない。
  3. 酸に強い。
  4. 熱湯も入れられる。
  5. 本体ごと凍らすことができる。
  6. 広口で熱湯や氷が入れやすい。
  7. 臭いがつかない。
  8. 乾物や粉の保存もできる。

ではそれぞれの特徴を解説していきますね。

1.ナルゲンボトルは液漏れしない。

ナルゲンボトルはもともと研究用の試薬を入れるボトルとして開発されました。

ですから液漏れを防止する技術がハンパじゃないのです。

普通、液体が漏れないようにするために多くのボトルにはゴムのパッキンがついていますが、このナルゲンボトルにはパッキンはありません。

ふたと本体のねじの溝の切り方に特徴があって、ねじを締める力で物理的に完全密封して液漏れを防いでくれます。

この性能がすばらしく、アウトドアやスポーツの時に乱暴な扱い方をしてもまったく平気なんですね。

▼このねじがすごいんです。ゴムパッキンの劣化が起きないので何年も使えます。
slooProImg_20160629213835.jpg

2.ナルゲンボトルは超頑丈。落としても割れない。

何よりこのナルゲンボトルはめちゃくちゃ固くて頑丈です。

水を入れた状態で15mの高さから落としても割れないんだそう。

▼12年の間には道路にもガツガツ落としましたが、底に細かいキズが入るぐらいでびくともしません。割れる気配ゼロ。
slooProImg_20160629213825.jpg

2008年までのナルゲンボトルは素材がポリカーボネートで、それ以降は飽和ポリエステル樹脂というものに素材が変更されています。

15mから落としても大丈夫的な記述はなくなりましたがそれでも頑丈さは御墨付き。

3.ナルゲンボトルは酸に強い。

意外と知られていませんが、ステンレスの魔法瓶の水筒にスポーツドリンクを入れるのはよくありません。

スポーツドリンクには疲労回復目的でクエン酸などが入っていることがあります。

長時間酸性の液体を保存すると中の金属が腐食して錆が出来たり、ドリンク中に溶け出したりして中毒症状を起こしたという事例があります。

内部にキズがあって水筒の素材として使われていた銅が溶け出したのが原因ということらしいですが、安全面を考えると良くないですよね。

このナルゲンボトルはもともと研究試薬をいれられるボトルなので酸にも強く、スポーツドリンクを入れることができます

4.ナルゲンボトルは熱湯がいれられる。

▼昔のポリカーボネートのナルゲンボトルは130度まで耐熱だったのですが、現在のものは100度までの耐熱となっています。
slooProImg_20160629213839.jpg

耐熱温度は下がりましたが、まあお湯は問題無く入れられますね。

沸騰したお湯を直接ナルゲンボトルに入れることができます。

冬場はティーバッグを放りこんで、そのまま熱湯を注いでお茶にして持ち歩いています。

この熱湯をそのまま入れられるという特徴をいかしたオススメの使い方はナルゲンボトルを「湯たんぽ」として使うということ。

先に書いたように液漏れに対しても信用が高いので、湯たんぽとして暖をとりながらお茶も飲むという両方の使い方をしています。

タオルなどでくるむと長時間湯たんぽとして使えますよ。

直に持つと熱いのではふたにつながっている部分を持つといいですね。

5.ナルゲンボトルは本体ごと凍らすことができる。

耐冷温度が-20度なので、本体に飲み物をいれた状態で凍らすことができます

蓋をあけ、少し余裕をもたせた容量で凍らせましょう。

いっぱいに水を入れて凍らせると中味が膨張して蓋が閉まらなくなりますので注意。

ナルゲンボトルはただのプラスチックなので保冷機能はありませんが、凍らせておくと長時間冷たい飲み物が飲めます。

またBBQで保冷バッグに肉などの食材を持って行くときに、凍らせたナルゲンボトルを一緒に保冷ケースにいれておくと保冷剤兼飲み物として使えます

夏場のトレーニング時はたっぷり水分が欲しいので、前日から半分まで水を凍らせておき、のこり半分に飲み物を足して使うと良い感じに溶けるので重宝しています。

冷凍した場合はまわりに結露はでますので、机の上で使うときなどは珪藻土コースターsoilなんかを利用するといいですね。

6.ナルゲンボトルは広口なのが使いやすい。

口径が大きいので氷を後から追加することもできるし、熱湯を入れる際にも非常にいれやすくなっています。

特に熱湯をやかんから入れるときに口が小さいと危険ですよね。

1リットルのものは内寸で5.2cmあるので非常にお湯を入れやすくなっています。

▼手が入るようなサイズではありませんが、普通の水筒に比べて中も洗いやすくなっています。
slooProImg_20160629213827.jpg

7.ナルゲンボトルは臭いがつかない。

これが地味にすごいんですよね。

熱いお茶など香りのあるものをいれると水筒に臭いがついてしまうことってありますよね。

このナルゲンボトルは通常レベルで清潔に洗っていれば臭いがつきません

ですから同じナルゲンボトルにお茶を入れたりスポーツドリンクをいれたり、BCAAを溶かしたりして12年使ってますが特に特定の臭いがついたりはしていません。

これも薬品をいれるボトルがもとになっているので素材の品質が高いんでしょうね。

8.乾物や粉の保存ができる。

ナルゲンボトルは液漏れしないぐらいがっちりフタをしめることができます。

ということは、逆に外部からの水や湿気の侵入もないということです。

ですので、キャンプに行くときに保存食やナッツ、乾物などをこのボトルにいれて持って行く人も多いそう。

ケースも頑丈で、何より軽いので取り回しが非常に楽なんですよね。

※キッチンで使う粉物の保管はこちらのOXOのポップコンテナがオススメです。

ナルゲンボトルのラインナップ

1.5Lトライタン

とにかく大きいのが欲しかったらこの1.5Lです。

アウトドアショップなどの店頭でもあまり置いてるところを見かけない気がしますが、ネットなら買いやすいですね。

1.0Lトライタン

この記事でも写真を載せて紹介してきたサイズが1.0Lです。

持ち運びできるならこのサイズが一番安心感がありますね。

▼凍らせた時の結露が気になったり、保温したいならカバーもありますよ。

0.5Lトライタン

小ぶりで使い勝手がよいのが0.5Lサイズ。

500mlのペットボトルのような感覚で持ち運べます。

▼0.5L用のカバー

0.5L細口トライタン

飲み口が細いシリーズもあります。

飲料がドバッとでてこないので飲みやすいですが、中を洗いにくくなるのでお好みでどうぞ

ナルゲンOTF

飲み口が着いたモデルです。

ワンタッチオープンなので、スポーツ中にも使いやすくなっています。

ただ、このOTFモデルはキャップ部にシリコンのパッキンが使われており、年数がたつとパッキンの劣化が起こる可能性があります。

まとめ

たくさん書きましたが、要はただのプラスチックのボトルです。

ただ、頑丈でとても使いやすい。

その品質の高さとシンプルさで、とても幅広い用途に長期間使うことができますよ。

もし壊れたり(そんな気配ゼロ)、無くしたり(0.5lの小さいボトルを紛失経験あり)しても僕はまた同じナルゲンボトルを買います。

そのくらい良くできた製品です。

夏の熱中症対策に水筒をお探しの方も、冬場の湯たんぽをお探しの方も、オールシーズン使えますので良かったら試してみては?

カラーバリエーションも豊富なのでお好きな物を探してみてくださいね。

楽天カードを作ると実質タダでナルゲンボトルが手に入ります。

ここまで読んで、ナルゲンボトルちょっと欲しいなぁと思っているならお得に手に入れる方法を紹介します。

それは楽天カードを作ること。

実は楽天カードを作ると買い物に使える楽天ポイントを5,000円分もらうことができます。

そのポイントを使えば実質タダでナルゲンボトルを手に入れることができますよ。

楽天市場にはナルゲンボトルを売ってるお店も多いので色や種類も好きなように選べます。

楽天カードは入会金・年会費無料なので、後からカードを維持するためにかかるお金もないので安心してください。

楽天カードを楽天市場で使うと、ポイントが3倍(ゴールドかプレミアムなら5倍)になります。

それにスーパーセールの時なら6倍~10倍とすごいポイントになるので、生活用品なども実質10%引きで買い物できる計算に。

普段の生活にかかる費用にも1%のポイントがつくので、たとえば生活費をカードで支払って年間150万ほど使うとすると最低でも15,000円分はポイントで返ってきます。

現金だと払って終わりですから、この差は大きいと思いませんか?

貯まった楽天ポイントは、また買い物に使っても良いし、楽天証券で投資信託をポイントで買い付けることもできますしね。

入会金&年会費無料ですし、入会特典で最大5,000ポイントもらえますのでチェックしてみてくださいね。

【年会費無料】楽天カードのメリットについて詳しく解説

こんな記事も興味あるかも?

このブログでは他にも自分が使って良かったと思える道具を紹介しています。

良かったらあわせて読んでみてくださいね。









関連記事