バーベキューにはヘッドライトが最適だった!!ペツルのジプカをレビュー!!

夕方〜夜にバーベキューをするとき、困ることが1つあります。

それは暗くなると肉が焼けたかどうかよく見えなくなるということ。

▼日が暮れると全然見えない・・・。

周辺のあかりやライトでを用意しても肉だけはなかなか見えにくいので、ずっと何か良い方法はないものかと探していたんですが・・・

先日本格的に山遊びをしている方と出会ってバーベキューに役立ついい道具を教えてもらったんですよ。

それがヘッドライト

ヘッドライトを使えば火が通ったか手元で確認できるし、何より作業中両手が使えるのがいいんですよね。

その時その方にお借りして機能性に感動し、即座に注文してしまったバーベキューに最適なヘッドライトをご紹介します。

PETZL(ペツル)のヘッドライト ジプカ

バーベキューをしたり、手軽な使い方をするのに素晴らしい機能だったヘッドライトがこれ。

ペツルのジプカというヘッドライト。

いや〜やっぱり道具はその道に詳しい人に聞くべきだと改めて思いましたね。

▼実物を使わせてもらって、あまりの使い心地に感動したので即座にポチッと買ってしまいました。

ジプカはここがすごい。

教えてもらって1番感動したのがこのジプカの機構。

▼ヘッドライトといっても頭につけるバンドが見あたりません。

しかしこれをご覧下さい!!

▼この後ろの部分。

▼このロゴの部分を引っ張るとびゅーん!!と伸びるんです!! 手を離すとビュッと戻ります。

▼どのぐらい伸びるかは動画でどうぞ!

このライトには自動巻き取り機構がついているので、その紐を巻き取る力で頭はもちろん、腕やいろんな場所に手軽に固定できるんですよ!!

こどもでも簡単に取り付けできるので、荷物や自転車につけて安全灯として使う事も簡単です。

▼こどもは妖怪ウォッチ的につけたがります。めっちゃ喜ぶ。

▼重さも66g+電池の重さなので非常に軽いです。頭につけてもストレスになるような重さではありません。

普通のヘッドライトは固定バンドが帯状になっているので、ちょっとかさばると思うんですよ。

こういうやつですね。

もちろん走ったり動きの大きい活動にはこのようなしっかりホールドしてくれるものがいいでしょう。

しかし、バーベキューに使うとか軽くジョギングレベルならもっと手軽に使える方が使いやすいんですよね。

ジプカは本体が軽いので軽いジャンプぐらいではズレませんし、ホールド感にまったく問題はありません。

紐が細いので非常に取りまわしも楽で、暑くもありません。

▼いや〜この仕組み考えた人まじ天才だと思うわ…。

ジプカの明るさ

肝心の明るさについてもこのジプカは優れています。

小・中・大と3段階に光を調節できて、最大にするとかなりの光量があります。

▼小(5ルーメンで10m照射、240時間)。これはぼんやりと手元が見えるぐらい。豆電球レベルですね。

▼中(100ルーメンで40m照射、60時間)。かなり対象がはっきり見え、足もとを照らして歩くには充分な明るさです。

▼大(200ルーメンで60m照射、60時間)かなりはっきり見えます。周辺にも光が広がるのでかなり広範囲がしっかりと見えます。

これはペンギンまで2mぐらい離れている状態ですので、夜間の活動でこれぐらい見えるとかなり役に立ちますね。

手もふさがらない状態でこの明るさを確保できるので、歩くのはもちろん手元の作業にも十分な光量があります。

▼動画で明るさチェック。

▼真っ暗な部屋でiPhoneを使って撮った写真でもこれだけはっきり見えます。

ジプカは赤色ライトモードもあります。

通常の白い光で明るさマックスにすると周りの人は結構まぶしく感じるぐらいです。

ですので、周囲の人に配慮する時はボタンを長押しすると赤いランプにすることもできますよ。

▼テントの中でみんな寝ている時に、自分だけちょっと物を探す、なんてときなどに使える機能でしょうか。

ジプカのバッテリーについて

▼このジプカは単4乾電池3本が必要です。

リチウム電池は使用不可。

ニッケル水素充電池は使用可能(※エネループはOKってこと)。

エネループを持ってない方はamazonの安い単4電池20本入り576円なんかを使うとお徳かも。

専用バッテリーもあるよ。

▼ほとんどの方はアルカリ乾電池かエネループなどの充電池を使うと思いますが、このジプカには専用の充電式バッテリーも使用できます。

▼この専用バッテリーの良いところはUSB給電で充電できるというところ。

これは前に紹介したポータブルのソーラーチャージャーと組み合わせると最高ということですね。

ANKERのソーラーチャージャー21Wをレビュー!!太陽の力でスマホを充電!!

晴れていたらそれだけで電力が確保できるので、お金をかけずに繰り返し使えるようになるということです。

災害などで停電した際にも電池残量を気にせず使えるというのは非常に安心できるのではないでしょうか。

ペツルのジプカまとめ

外でバーベキューする時とか、犬の散歩やランニング、キャンプはもちろん災害時にも絶対役立つこのライト。

amazonでも素晴らしいレビューがついていたのであわせて読んでみてくださいね。

  • 小さく軽いので荷物にならない。
  • 取り付け簡単。
  • バッテリーを買えばUSBで充電できる。

という点でバーベキューにも超オススメで、手軽に使えるライトとして秀逸な一品でした。

仰々しいライトよりもサッと使えてコンパクト、しかもかなり明るいってのが最大の売りですね。

バーベキューする時の必須道具に仲間入りしました。

バーベキュー関連のこんな記事もどうぞ!

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!