フットバッグを2回またげ!!バラッジ(Barrage)のコツ。

一瞬で2回足を通す技バラッジ(Barrage)。

足を通す→足を通す→ストールする。で3addに分類される技です。

バラッジ(Barrage)の動画解説

ミラージュが発展して、またぐ足で2回通す技バラッジ(Barrage)。

素早い足の動きが必要ですが、頭の中で動きを分割して考えましょう。

動画の中で解説しているように、また足の1回目に通すところと、2回目に通すところを分割して考える方法はこのバラッジ(Barrage)に限らず同じ足で2回またぐ技には共通して言えるコツです。

膝を折るように足を引ききるところまでが①。そこからストールに入る動きが②というように2つに分割して考えましょう。

①の膝を折るところまでは素早く足を入れ替えてるためにトーストールの位置を低くしてあまり上下させないようにしましょう。クリッパーからはいる場合も同様です。

ストール時間を長めにして、ピュンっと早くフットバッグが上がってこないようにしましょう。その場に置いておくようなイメージで。

膝を引き切った状態で「すね」の前あたりにフットバッグがあれば理想的ですね。

その後②のフットバッグをとりにいくストールの動きに入ります。

この時あまり2回目にまたぐことは意識しなくてもいいかと思います。

最終的に足を回す時軸足になっている方の足でストールするので、足を引ききった①の状態から軸足を地面から外してストールに入る感じだと早く入れます。

軸足を外すことで空中にあるまたいだ足が地面に向かって着地します。

またぐ足が完全に2回目をまたぎ終わってからストールに入ろうとすると間に合いません。

この、動きの途中で軸足を外してストールにむかう感覚がわかると格段に技が間に合うようになります。

フットバッグのあげる位置が低すぎるとまたぎ方が浅くなるので注意してください。

またぐ足はつま先を下にむける意識で通しましょう。

技が出来ないときはこの解説も合わせて読んで見て下さいね。

[初心者向]フットバッグの技が出来ない時に気をつけるべき2つのポイント

2016.06.03

フットバッグについてもっと知りたい人は・・・

フットバッグに関する技術的な情報を解説集としてまとめてあります。

体のケアやトレーニング方法なども含め、フットバッグに関する情報はフットバッグのコツ解説集のページをご覧ください。

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!