クリッパー上達の道、スワール(Swirl)解説。

3ADD

クリッパーがある程度できるようになったら、早めにこのスワール(Swirl)にも挑戦してみてください。

スポンサーリンク

スワール(Swirl)解説動画

  • このスワール(Swirl)は他のトーで始まるミラージュレッグオーバーにくらべて難易度が高く感じるので後回しになりがちですが、個人的にはクリッパーがある程度できるようになったら早めに練習に組み込んで行く事をおすすめします。
  • クリッパーした足をまわすことができない場合はクリッパーの記事に書いてある中級者向けのフラッパーの練習を先にやってみましょう。
  • 膝下を動かす感覚がわかってきたら、ただ「膝を折る」という動きから少し前後の動きをたしてきれいにまわるようにしてください。
  • 最初はとれなくてもいいので、繰り返し動かしてしっかり膝下を動かす感覚を身につけることが重要です。
  • 回転させる足の膝の位置があまり動かないように気をつけて下さい。
  • 軸足はしっかり足の指を使って体を支えるようにしてください。バランスパッドなどを使って軸足の感覚を鋭くするのも大事な練習です。
  • 最初の技に入る前のクリッパーが雑になると精度が下がります。しっかりストールすることを意識して、それからバッグをあげましょう。
  • このスワールの練習をすることで、クリッパーの上達にとても良い影響があります。膝下を動かす感覚が上昇するのでステッピングセットなどクリッパーの精度が要求される動き全体の質が向上します。
  • 回すときの足首の形はまたぐ足の記事で書いてあるとおり足首を伸ばしてまわしましょう。

いろんな技や必要なトレーニングなども解説しておりますので、フットバッグのコツ解説集もあわせてごらんください。









自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事