フットバッグのコツ バタフライ(Butterfly)

ミラージュやレッグオーバー、クリッパーなどの2addの技がある程度できるようになると、次は3addの技ですね。

3addの技の中でもとっつきやすく、最初に覚えることになる技のひとつバタフライ(Butterfly)。

多用することになりますので、しっかり安定させたい技ですね。

スポンサーリンク

バタフライ(Butterfly)のコツ

  • ある程度クリッパーができないとバタフライは難しいです。まずはクリッパーをしっかり練習しましょう。
  • 動画でも説明してあるようにまたぐ(dex)足を早く地面につけることが重要ですが、またぐ足を意識して着地するのではなく、軸足をはずした結果またぐ足が地面に勝手に着地する、という感覚の方が「りきみ」が少なくなると思います。
  • ストールする足はあまり上下に動かすことを意識せず、フットバッグの落下地点に先に用意しておきましょう。
  • 低い位置でストールする足を用意できるといいですね。

注目してほしいところは、バタフライのあとバッグをあげるときに重心が浮き上がってないところです。

最初はフットバッグをストールしたと同時に、フットバッグを上にあげるために体が浮き上がってしまうと思います。

クリッパーと同じように膝下を折るようにしてフットバッグをもちあげるようにしてください。

膝下だけでフットバッグのコントロールができると、動画の最後にやっている歩くようにインフィニティ(infinity)ができるようになります。

バタフライを使ったドリル

ワール(whirl)とバタフライ(butterfly)

2010年に撮った動画です。
上に書いたコツがまだまだ身についていないころですので少し重心が浮いてる感じがしますが、ワール(whirl)とバタフライをつなげて左右でループさせるとこんな感じです。

ダッキングクリッパー(ducking clipper)とバタフライ(butterfly)

ダッキング(ducking)のコツはこちらから。

この2つのドリルに限らず、両足ともできるようにいろんなわざを組み合わせてみましょう。

フットバッグのコツ基本技にして最終到達点クリッパー(clipper)

2015.11.12

フットバッグのコツ 基本技インサイドストール(Inside stall)を動画で解説。

2015.11.11

▼この記事にほ〜っと思ったらシェア!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!