ごま油の至宝!!京都・西川油店!人と違う京都土産をお探しの方はこれがオススメ!

本山のお仕事で京都興正寺へ参ることがたびたびあるのですが、京都駅からちょうどお寺までの道の途中にある名店を紹介。

ほんとは教えたくない・・・・、けど教え・・・ん〜、教えちゃう。

京都・西川油店

西川油店さんは、天保6年(1835)年創業の油屋さん。

創業から大正8年までは製造・卸・小売業を営んでいましたが、現在は製造はやめて卸と小売だけになっているそうです。

店の入り口には油カスの量り売りがあります。

▼小学校で習って以来、1度も使わなかったデシリットルはここで油カスを買うときに使います。

店内に入ると正面に商品が並んでいます。

▼菜種油にごま油、ラー油や亜麻仁油やオリーブオイルも。

店内には昔種子を圧搾して油を絞っていた頃の古い道具が展示されています。

こういう道具が残っているところは国内他にはほとんどないらしく、間近に見られるのは珍しいそうです。

額の中にはたくさんの油の種類が。

▼昭和初期の取り扱い品目らしいのですが、菜種油、大豆油、椿油、山茶花油…昔はいろんな油を扱っていたんですね。

▼蒸した菜種を包んでいた筵(むしろ)や瓶詰めの王冠を打ち込む道具。

▼いろんなサイズの升がたくさん。

▼油をつかったカーバイトランプなど油に関する古道具がたくさん。

▼この天秤でごま油をかついで売り歩いていたそうです。

西川油店でしか買えない油

菜種油

菜種油はクセがなくサラッとした口当たり。

▼澄んだ味でほかのものの味を邪魔しない油だと思います。

ごま油

今日紹介したいのはこのゴマ油!

スーパーに売ってるゴマ油より少し値段は高いのですが、味といい香りといい段違い!

なんというのでしょう、濃厚なゴマの香りの中に甘い広がりがあります。

▼きんぴらゴボウなんかをこのゴマ油に変えるだけで途端に料亭の味。風味が全然違います。豚汁に少し垂らして食べるのも最高にうまいのです。

西川油店は京都駅から歩いていけます。

人と違った京都お土産をお探しの方にはぴったりのお店。歩いたら7分ぐらいでしょうか。

「形だけのお土産」というより本当に良いものだから買って帰りたくなる、そんな油です。

何本も買ったら持って帰るの大変ですけど・・・。

そして、ここで油を買ったあとはぜひ本山興正寺へもお参りくださいね。

ここから歩いて1分北に向かうとホットケーキで有名なヒイヅルcafeや、七条通りを西に5分ほど向かうと絶品チャーシューのらーめんゆうもあります。

他にも京都市内で観光だったらGEAR(ギア)もおすすめ!国籍問わず、老若男女たのしめますよ!!

お店の情報

西川油店

住所:京都府京都市下京区油小路通七条下ル油小路町286google mapで開く
電話:075-343-0733

車で行きたいという人は駐車場予約サイトakippa(あきっぱ)周辺の駐車場を予約していくと快適ですよ!

▼ツイートやシェアもよろしくどうぞ。


はじめてこのブログに訪れた方はまずはこの記事から!



このブログに初めて訪れた方はまずはこの記事からどうぞ!

過去の記事の中から人気のあったものや、役に立つ物をまとめております。

このブログの歩き方がわかるまとめ記事です!





このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!