「ヒイヅルcafe」 深煎コーヒーと銅板で焼くホットケーキが自慢!!京都駅から徒歩7分

主要駅の近くってどうしても大手チェーンのお店が多くなるのですが、ちょっと歩いて散策するとオリジナルなお店があるものです。

京都駅から徒歩約7分、本山興正寺からも歩いて2分の場所に素敵なカフェがあります。

ヒイヅルcafe

ヒイズルじゃないですよ、ヒイ「ヅ」ルcafe。

烏丸通りから七条通りを西へ進んでいくと堀川通りより1本東、油小路通りとの角にお店があります。

ちなみにこの油小路を南に1分いくと絶品ごま油の西川油店があり、堀川通りを超えて西に5分ほど歩くと絶品チャーシューのらーめんゆうがあります。

▼外観もかわいらしいお店です。
henmomacbook2010-15

ヒイヅルcafeの店内

木のあたたかみを感じる空間でアンティークな木のイスが並びます。

▼カウンターが5席。
henmomacbook2010-2

▼壁側はソファ席になっていて、テーブル席は5組10席ほど。
henmomacbook2010

▼お店に入るとすぐ横に焙煎機が。ウンベラータやモンステラに囲まれてます。
henmomacbook2010-6

この焙煎機で焼き上げた自家焙煎のコーヒーが自慢。

全体的に深煎りに仕上げたコーヒーが多いですね。

▼京都駅周辺のガイドマップの中に京都観光では超オススメのGEAR(ギア)のパンフレットも!
henmomacbook2010-4

ヒイヅルcafeのメニュー

コーヒーは1カップ450円。2杯目は100円引きです。

▼注文してからドリップでいれてくれます。henmomacbook2010-7

  • ヒイヅルブレンド
  • コロンビアディオッサ(深煎)
  • ガテマラ・エルバジェ(深煎)
  • ブラジル・カイセッタ農園(深煎)
  • フレンチ・ブレンド(最深煎)
  • タンザニア・カラツ農園(中深煎)
  • エチオピア・イルガチェフ(中深煎)
  • アイスコーヒー

どのコーヒーも豆・粉で買って帰ることもできます。

▼100gあたり600円でエチオピア・イルガチェフだけ100gあたり700円。お土産に豆で買って帰りました。
henmoblog-7130

▼エスプレッソ系のメニューもいろいろ。未就学児用のキッズドリンクもあってお子さん連れでも入りやすくなってます。
henmomacbook2010-8

▼スコーンとコーヒー。

@hanbunrisuが投稿した写真

フードメニューのスコーンは200円とお得な金額ですが、単品では注文できません。

ドリンクとセットで注文してくださいね。

▼ケーキ類はドリンクとセットにすると100円引き。
henmomacbook2010-9

▼シフォンケーキ。
henmomacbook2010-10

▼ナッツクッキーも。
henmomacbook2010-11

▼コーヒーやナッツクッキーはテイクアウトもできます。
henmomacbook2010-12

ヒイヅルcafeの銅板で焼くホットケーキ

このヒイヅルcafeの名物メニューがこのふっくらとしたホットケーキ!

▼熱周りのよい銅のプレートで焼き分厚くふっくら焼き上げられています。
henmomacbook2010-13

実物がこちら!!

・・・と写真をお見せしたかったのですが、今回時間の都合で食べられませんでしたので、ホットケーキを食べた方のInstagramを引用しておきます。

@shooes24が投稿した写真

以前食べた時もしっとりふっくらで、家でやくホットケーキとはやっぱ違うな〜と思った覚えがあります。

また食べた時にがんばってこれよりおいしそうな写真を撮って追記したいと思います。

ヒイヅルcafeまとめ

七条通り沿いながら、あまり観光客がわんさか通る場所でもないので比較的混雑少なく入れるお店です。

朝9時30分開店で、遅めの朝食からカフェタイムまで落ち着いてゆったり過ごせます。

ご主人も穏やかなお人柄で、いろいろ話も聞かせていただけました。

イベントに出店したりしてお店が臨時休業のこともありますので、下記のお店のブログで営業日を確認してくださいね。

お店の情報

ヒイヅルcafe

henmomacbook2010-14

住所:京都市下京区米屋町172google mapで開く
営業時間:9:30~18:30(18:00ラストオーダー)
定休日:お店のブログで要確認

車でくる人は駐車場予約アプリakippa(あきっぱ)で車を駐める場所を予約しておくと快適です。

京都水族館のまわりには結構駐められる場所がありますよ!

SNSで紹介してくださると、とても励みになります!!

このブログを書いている人

真宗興正派善照寺というお寺の住職をつとめながら、一方ではフットバッグというスポーツで4年連続日本一を継続中。

真面目なお寺の仕事からステージでのパフォーマンスまで、幅広い活動を通して学んだことをわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

気になった方は詳しいプロフィールへどうぞ!