スモッグ(Smog)のコツ。フットバッグを3回またぎます。

4ADD

フリースタイルフットバッグの技の中で、足を3回通す技となるとどれも難易度がある程度高くなるのですが、その中では比較的簡単で取り組みやすいスモッグ(Smog)を解説します。

ピクシーセット+ダブルレッグオーバーという3dex(3回またぎ)の技です。

スモッグ(Smog)の動画解説

ピクシーセット

まずはピクシーセットをしっかり練習しましょう。

3回またぐための時間を作るとなると、ピクシーセットの精度とスピードが要求されます。

最初のトーストールでバッグをとめたら、上にあげるというよりはそのまま地面に足がむかう感覚です。

ピクシーセットが終わった段階で重心が浮いていると、ダブルレッグオーバーに入る踏切が遅くなります。

スピードをあげようとして重心が浮かないように注意しながら、セットの練習をしましょう。

ダブルレッグオーバー

2回足が通すのですが、意識的には2回通す足の両方とも意識するのではなく、最後のレッグオーバーの方に重点があるような感じです。

ダブルレッグオーバーの練習方法解説の動画も見て、精度をあげてください。

手で投げてはじめるダブルレッグオーバーが間に合うようになっても、ピクシーセットのあとにはいると間に合わないかもしれません。

そんなときはピクシーセットと同じ足でただのレッグオーバーを練習しましょう。

マゼランを同じ足でする、ピクシーssレッグオーバーですね。

この時普通のピクシーレッグオーバーとはちょっと体の使い方を。

ピクシーセットが終わって足をついた直後に、その足を軸足に踏み切ってレッグオーバーをする感覚を練習してみてください。

セット後にその足で踏み切る感覚がわかったらダブルレッグオーバーに変えてスモッグ(Smog)を完成させてください。

両足とも空中にある状態があるので、高くジャンプしているように感じるかもしれませんが、重心はそんなに浮いてはいません。

高くジャンプしすぎないように気をつけて練習しましょう。

ピクシーセットのあとドリフターに入るスモークと平行して練習するといいと思います。

フットバッグについてもっと知りたい人は・・・

フットバッグに関する技術的な情報を解説集としてまとめてあります。

体のケアやトレーニング方法なども含め、フットバッグに関する情報はフットバッグのコツ解説集のページをご覧ください。









自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事